ニュース

ポンド、テーム・インパラのケヴィンをプロデューサーに迎えた新作を発表

ポンド(POND)   2017/02/14 15:03掲載
MyCDJ お気に入りリストに「」を追加/削除する はてなブックマークに追加
ポンド、テーム・インパラのケヴィンをプロデューサーに迎えた新作を発表
 元テーム・インパラのニック・オールブルックがフロントに立つオーストラリアのサイケデリック・ロック・バンド、ポンド(POND)が、通算7枚目のアルバム『ザ・ウェザー』(TRCP-211 2,200円 + 税)を5月3日(水)にリリース。発売に先駆け、収録曲「Sweep Me Off My Feet」が公開されています。

 アルバムは、オールブルックの元バンド・メイトであるケヴィン・パーカー(テーム・インパラ)をプロデューサーとして迎え、西オーストラリアのパース郊外フリーマントルにあるパーカーのスタジオでレコーディング。オールブルックが「スタジオは本当にビーチの近くだったんだ。だから2016年初頭から3週間は毎日スタジオに入って曲作りをしたり、録音をしたりあらかたやった後、海に泳ぎに行くんだよね。そして海から戻ってまた作業を再開したりしたんだ」と振り返るレコーディングについて、プロデューサーのパーカーは「いろんな要素をまとめあげるというよりも、そういったものを取り除いてよりシンプルにこのアルバムを作ったんだ」と語っています。



■2017年5月3日(水)発売
POND
The Weather

TRCP-211 2,200円 + 税

[収録曲]
01. 30,000 Megatons
02. Sweep Me Off My Feet
03. Paint Me Silver
04. Colder Than Ice
05. Edge Of The World Pt. 1
06. A/B
07. Zen Automaton
08. All I Want For Xmas(Is A Tascam 388)
09. Edge of the World Pt. 2
10. The Weather
※ボーナス・トラック2曲収録予定
オール・ジャンル 最新ニュース
 
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 政府は飢えを武器にして人々を統制している――ケン・ローチ監督が語る「わたしは、ダニエル・ブレイク」[特集] ジェイソン・モランに死角なし――「スガダイローとJASON MORANと東京と京都」
[インタビュー] わたし自身が大好きな曲ばかり――寺下真理子『ロマンス』は様々な形の“愛”に因んだ作品[インタビュー] クラシックの名曲を鼻歌のように――渋さ知らズが世界最古のアシッド・ミュージックに挑んだ『渋樹』
[インタビュー] すでに“魂”は失われてしまった――チュス・グティエレス監督自身が語る「サクロモンテの丘〜ロマの洞窟フラメンコ」[インタビュー] なんかいいのできた! どう? “Diggy-MO’ならでは”と“いい曲”の理想的なバランス『BEWITCHED』
[インタビュー] “呼吸”こそ歌――双子ソプラノ・デュオ、山田姉妹が歌う昭和の名曲たち[インタビュー] こいつガチだ――覚悟を決めたCANDY GO!GO!の自信作『IDOROCK』
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015