ニュース

ポンド、テーム・インパラのケヴィンをプロデューサーに迎えた新作を発表

ポンド(POND)   2017/02/14 15:03掲載
はてなブックマークに追加
ポンド、テーム・インパラのケヴィンをプロデューサーに迎えた新作を発表
 元テーム・インパラのニック・オールブルックがフロントに立つオーストラリアのサイケデリック・ロック・バンド、ポンド(POND)が、通算7枚目のアルバム『ザ・ウェザー』(TRCP-211 2,200円 + 税)を5月3日(水)にリリース。発売に先駆け、収録曲「Sweep Me Off My Feet」が公開されています。

 アルバムは、オールブルックの元バンド・メイトであるケヴィン・パーカー(テーム・インパラ)をプロデューサーとして迎え、西オーストラリアのパース郊外フリーマントルにあるパーカーのスタジオでレコーディング。オールブルックが「スタジオは本当にビーチの近くだったんだ。だから2016年初頭から3週間は毎日スタジオに入って曲作りをしたり、録音をしたりあらかたやった後、海に泳ぎに行くんだよね。そして海から戻ってまた作業を再開したりしたんだ」と振り返るレコーディングについて、プロデューサーのパーカーは「いろんな要素をまとめあげるというよりも、そういったものを取り除いてよりシンプルにこのアルバムを作ったんだ」と語っています。



■2017年5月3日(水)発売
POND
The Weather

TRCP-211 2,200円 + 税

[収録曲]
01. 30,000 Megatons
02. Sweep Me Off My Feet
03. Paint Me Silver
04. Colder Than Ice
05. Edge Of The World Pt. 1
06. A/B
07. Zen Automaton
08. All I Want For Xmas(Is A Tascam 388)
09. Edge of the World Pt. 2
10. The Weather
※ボーナス・トラック2曲収録予定
オール・ジャンル 最新ニュース
 
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 屈強でしなやかな東京のヒップホップ――KANDYTOWNのビートメイカー、MIKIがファースト・ソロ・アルバム『137』を発表[インタビュー] より肉体的なものへ――神奈川・逗子を拠点とするHalf Mile Beach Clubが初の単独作を発表
[インタビュー] “続編”ではなく“新作”を作ろう きゃりーぱみゅぱみゅ「きみのみかた」[インタビュー] “俺の不幸で踊ってくれ!”――沖縄出身のラッパー、唾奇が最新作『道-TAO-』をリリース
[特集] [LIVE Report] まっすぐな気持ちを届けてくれる藤田麻衣子の歌[インタビュー] 自分というジャンルをちゃんと作りたい “シンガー・ソングライター”Nao Kawamura初のフル・アルバム『Kvarda』
[インタビュー] 「アワ・マン・イン・トーキョー〜バラッド・オブ・シン・ミヤタ」、宮田 信の仕事とは?[特集] ヘルベルト・フォン・カラヤン生誕110年記念! 数々の名盤が“理想の音”に迫る高音質で登場
[インタビュー] いい歌をたくさん歌って、レコーディングして残したい――フォルテ・ディ・クアトロのセカンド・アルバム『アヴェ・マリア〜CLASSICA』[インタビュー] 決め手は興奮が蘇ってくるかどうか――THOUSAND EYESが放つ“最高傑作”『DAY OF SALVATION』
[インタビュー] “ヤバさ”はこれだ――BES&ISSUGIの自信が浮かび上がる『VIRIDIAN SHOOT』[インタビュー] 小曽根 真 既存の概念を打ち壊すのではなく、共存するイメージで―― ニューヨーク・フィルハーモニックと共演した『ビヨンド・ボーダーズ』
新譜情報
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015