ニュース

ポンド、テーム・インパラのケヴィンをプロデューサーに迎えた新作を発表

ポンド(POND)   2017/02/14 15:03掲載
MyCDJ お気に入りリストに「」を追加/削除する はてなブックマークに追加
ポンド、テーム・インパラのケヴィンをプロデューサーに迎えた新作を発表
 元テーム・インパラのニック・オールブルックがフロントに立つオーストラリアのサイケデリック・ロック・バンド、ポンド(POND)が、通算7枚目のアルバム『ザ・ウェザー』(TRCP-211 2,200円 + 税)を5月3日(水)にリリース。発売に先駆け、収録曲「Sweep Me Off My Feet」が公開されています。

 アルバムは、オールブルックの元バンド・メイトであるケヴィン・パーカー(テーム・インパラ)をプロデューサーとして迎え、西オーストラリアのパース郊外フリーマントルにあるパーカーのスタジオでレコーディング。オールブルックが「スタジオは本当にビーチの近くだったんだ。だから2016年初頭から3週間は毎日スタジオに入って曲作りをしたり、録音をしたりあらかたやった後、海に泳ぎに行くんだよね。そして海から戻ってまた作業を再開したりしたんだ」と振り返るレコーディングについて、プロデューサーのパーカーは「いろんな要素をまとめあげるというよりも、そういったものを取り除いてよりシンプルにこのアルバムを作ったんだ」と語っています。



■2017年5月3日(水)発売
POND
The Weather

TRCP-211 2,200円 + 税

[収録曲]
01. 30,000 Megatons
02. Sweep Me Off My Feet
03. Paint Me Silver
04. Colder Than Ice
05. Edge Of The World Pt. 1
06. A/B
07. Zen Automaton
08. All I Want For Xmas(Is A Tascam 388)
09. Edge of the World Pt. 2
10. The Weather
※ボーナス・トラック2曲収録予定
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ふっと飛び込んでくるワンフレーズ “現場の音楽”HIT『Be!!』[インタビュー] 深くて豊かな音楽を目指した“名盤” 石橋 凌『may Burn!』
[インタビュー] 私は変わり続ける。それは“出会い”を意味しているから――コリーヌ・ベイリー・レイ[インタビュー] 美しさと暴力性、Ramzaの“手”に触れる『pessim』
[インタビュー] 自分の存在を“やり続けること”で知らせる――ISSUGI×MASS-HOLE[インタビュー] ヒップホップとしてかっこよくいられたら――C.O.S.A.『Girl Queen』
[インタビュー] 今のラフィンノーズは超おもしろい――“50代のラフィンロール”を体現した新作『50’s ROLL』[インタビュー] 自分の中にある伝統と革新―― 島 裕介が新世代ミュージシャンを率いて『Silent Jazz Case 3』を発表
[インタビュー] たまには母ちゃんにみたらし団子を買ってかったりしぃや!――SHINGO★西成が3年をかけて辿り着いた『ここから・・・いまから』[インタビュー] “大人ってカッコいい”と思えるような歌 ISEKI×中田裕二『AOR FLAVA』
[インタビュー] 研ぎ澄まされた4人のアンサンブル――ライヴ・ベスト・アルバム『echoes』をリリースしたbohemianvoodoo[インタビュー] 児玉桃、マンフレート・アイヒャーとの出会いとドビュッシー&細川俊夫の音楽を語る
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015