ニュース

ポンド、テーム・インパラのケヴィンをプロデューサーに迎えた新作を発表

ポンド(POND)   2017/02/14 15:03掲載
はてなブックマークに追加
ポンド、テーム・インパラのケヴィンをプロデューサーに迎えた新作を発表
 元テーム・インパラのニック・オールブルックがフロントに立つオーストラリアのサイケデリック・ロック・バンド、ポンド(POND)が、通算7枚目のアルバム『ザ・ウェザー』(TRCP-211 2,200円 + 税)を5月3日(水)にリリース。発売に先駆け、収録曲「Sweep Me Off My Feet」が公開されています。

 アルバムは、オールブルックの元バンド・メイトであるケヴィン・パーカー(テーム・インパラ)をプロデューサーとして迎え、西オーストラリアのパース郊外フリーマントルにあるパーカーのスタジオでレコーディング。オールブルックが「スタジオは本当にビーチの近くだったんだ。だから2016年初頭から3週間は毎日スタジオに入って曲作りをしたり、録音をしたりあらかたやった後、海に泳ぎに行くんだよね。そして海から戻ってまた作業を再開したりしたんだ」と振り返るレコーディングについて、プロデューサーのパーカーは「いろんな要素をまとめあげるというよりも、そういったものを取り除いてよりシンプルにこのアルバムを作ったんだ」と語っています。



■2017年5月3日(水)発売
POND
The Weather

TRCP-211 2,200円 + 税

[収録曲]
01. 30,000 Megatons
02. Sweep Me Off My Feet
03. Paint Me Silver
04. Colder Than Ice
05. Edge Of The World Pt. 1
06. A/B
07. Zen Automaton
08. All I Want For Xmas(Is A Tascam 388)
09. Edge of the World Pt. 2
10. The Weather
※ボーナス・トラック2曲収録予定
オール・ジャンル 最新ニュース
 
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] “いいっすよ”から17年――サイプレス上野とロベルト吉野、ミニ・アルバム『大海賊』でメジャー・デビュー[インタビュー] “今この時”を、考える――中村雅俊が「どこへ時が流れても / まだ僕にできることがあるだろう」に込めた同世代へのメッセージ
[インタビュー] “何があっても”楽しく生きるんだという覚悟 真心ブラザーズ『FLOW ON THE CLOUD』[インタビュー] サクソフォン四重奏を知らないかたにも素晴らしさを伝えたい――The Rev Saxophone Quartetが追求する伝統とオリジナリティ
[インタビュー] ヒグチアイが目指す歌は、おしゃれじゃないけど“大切にしてきたもの”[インタビュー] 若いリスナーにも良い音楽を届けたい――MASATOとMinnesotahが語る『KANDYTOWN LIFE presents “Land of 1000 Classics”』
[インタビュー] Less Than TV25周年 大石規湖監督が記録した“ある家族”の日常、ドキュメンタリー映画「MOTHER FUCKER」[インタビュー] ISEKIが追求する“自分らしさ”とは J-POPカヴァー集第2弾『AOR FLAVA -sweet blue-』
[インタビュー] アイドルやめた――“渋谷系ガールズロックユニット”に転身したCANDY GO!GO!のリアル[インタビュー] KANDYTOWNの新たな方向性も感じさせるソロ・アルバム、MUD『Make U Dirty』
[インタビュー] 音楽にとどまらない、発想としての面白さ――ジェフ・パーカーがゆっくり語る『The New Breed』[インタビュー] トロピカルハウスを取り入れても、最後は自分たちの曲になる ココロオークションの自信と革新性
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015