ニュース

クワイエット・ライオットのケヴィン・ダブロウが急死

クワイエット・ライオット(Quiet Riot)   2007/11/27掲載(Last Update:08/03/31 17:57)
MyCDJ お気に入りリストに「」を追加/削除する はてなブックマークに追加
 80年代のLAメタル・シーンで活躍したクワイエット・ライオットのシンガー、ケヴィン・ダブロウが、11月25日に米ラスベガスの自宅で死亡しているのが発見されました。52歳でした。死因は現在のところ発表されていません。

 ダブロウは75年に結成されたクワイエット・ライオットのオリジナル・メンバー。ランディ・ローズらとともに制作した初期2作は日本のみでのリリースに終わったものの、83年発表の『メタル・ヘルス〜ランディ・ローズに捧ぐ〜』(写真)からスレイドのカヴァー「カモン・フィール・ザ・ノイズ」が大ヒット。アルバムも全米1位を記録し、その名を轟かせました。当時、ダブロウのビッグ・マウスが注目されたこともあります。

 その後は人気が下降線を辿り、90年代以降は解散と再結成を繰り返すことに。2005年の復活後は地道に活動を続け、2006年には5年ぶりとなるスタジオ・アルバム『リハブ』がリリースされています。その『リハブ』は、ダブロウの死の以前から日本盤(GQCP-10012 税込\2,500・2008年1月23日発売)となることが決まっており、はからずも追悼する形になってしまいました。自らの公式HPに追悼の言葉を綴っているバンド・メイトのフランキー・バネリをはじめ、ルディ・サーゾ、元ウォレントのビリー・モリスら、ダブロウと関わりのあった面々が哀悼の意を表しています。
オール・ジャンル 最新ニュース
 
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] フックアップしながら自分も“新鮮さ”をもらってる、その関係性こそがヒップホップ ISSUGI「7INC TREE」[インタビュー] “大人になった”LIFriendsが伝えるメッセージ「俺たちのララバイ」
[インタビュー] どんどん面倒臭い人間になって――グッドガールに別れを告げたテンテンコの目覚め[インタビュー] 虹のコンキスタドールがメジャー・デビュー! 赤組メンバーを徹底紹介
[インタビュー] やりたいのは“フェチじゃない”こと――ENDON『THROUGH THE MIRROR』に映るもの[インタビュー] 音楽に対してハングリーであるということ FEBB AS YOUNG MASON
[インタビュー] トロピカル・ミュージックの世界をあらゆる深度で探求する――ウィル・ホランド(クァンティック)がオンダトロピカ『Baile Bucanero』で目指したもの[インタビュー] どこかで“つながっている”3人 ゆるふわギャングが描く、未来の自分たち
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015