ニュース

ロン・セクスミスの新ユニット“Sexsmith & Kerr”、デビュー!

ロン・セクスミス(Ron Sexsmith)   2005/08/04掲載(Last Update:08/03/31 17:57)
はてなブックマークに追加
 元・郵便局員という異色の経歴を持ち、一躍新世代のシンガー・ソングライターとしてエリオット・スミスなどとともに注目された、カナダ生まれのシンガー・ソングライター、ロン・セクスミス。その彼が新たにカナダのロック・バンド、Rheostaticsの元ドラマーである、ドン・カー(Don Kerr)とともに“Sexsmith & Kerr”なるユニットを結成! そのユニットのデビュー作となる『Destination Unknown』がリリースされます!

 もともとドン・カーはロン・セクスミスのツアー・ドラマとしても活躍しており、来日時にも一緒のステージに立ったこともあるので、ファンにはお馴染みの人物。アルバムでは、ロン・セクスミスがすべての曲を書いているそうで、“前向きモード”へと転じて放たれた、2002年発表のソロ作『コブルストーン・ランウェイ』(写真)にも通じる作風となっている模様です。アルバムには、マンドリンがフィーチャーされた「Listen」、カントリー風の「Reacquainted」、ドリーミーな「Chasing Forever」など全13曲を収録予定。リリースはUSにて9月6日を予定しています。

『Destination Unknown』
01. Listen
02. One Less Shadow
03. Lemonade Stand
04. Reaquainted
05. Chasing Forever
06. Counting On Time
07. Only Me
08. You’ve Been Waiting
09. Raindrops In My Coffee
10. I’ve Been Away
11. Diana Sweets
12. Your Guess Is As Good As Mine
13. Tree Lined Street
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] アイドルやめた――“渋谷系ガールズロックユニット”に転身したCANDY GO!GO!のリアル[インタビュー] KANDYTOWNの新たな方向性も感じさせるソロ・アルバム、MUD『Make U Dirty』
[インタビュー] 音楽にとどまらない、発想としての面白さ――ジェフ・パーカーがゆっくり語る『The New Breed』[インタビュー] 良い意味で遠回りをしてきた――20周年を前に、韻シストが開けた次への扉
[インタビュー] 過去を否定せず、未来を大切にする 渡瀬マキが語る“Fresh”なLINDBERG[インタビュー] トロピカルハウスを取り入れても、最後は自分たちの曲になる ココロオークションの自信と革新性
[インタビュー] ファースト・キスは1回しかないのがいい メンバーの“リアル”を大声で歌うロック・バンド、The MANJI[インタビュー] “熱さ”が戻ってきた――ユニットとしての自覚が芽生えた“今のChu-Z”
[インタビュー] 便利で何でも手に入る時代だからこそ必要なこと――須永辰緒が導くジャズ最前線[インタビュー] ふっと飛び込んでくるワンフレーズ “現場の音楽”HIT『Be!!』
[インタビュー] 深くて豊かな音楽を目指した“名盤” 石橋 凌『may Burn!』[インタビュー] 私は変わり続ける。それは“出会い”を意味しているから――コリーヌ・ベイリー・レイ
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015