ニュース

サラ・オレイン、初の映画主題歌を収録した『Cinema Music』をリリース

サラ・オレイン(Sarah Alainn)   2017/09/12 13:12掲載
はてなブックマークに追加
 3オクターブを越える“1 / fゆらぎ”成分を含む癒しの歌声とヴァイオリン演奏で人気上昇中のオーストラリア出身の歌姫、サラ・オレイン(Sarah Alainn)が、12月2日(土)全国公開の映画「ムーミン谷とウィンターワンダーランド」で自身初となる映画主題歌を担当することが決定。その主題歌を収録したアルバム『Cinema Music』(UCCY-1084 3,000円 + 税)を10月11日(水)にリリース。さらに11月5日(日)に迎えるデビュー5周年を記念し、みずから厳選した8曲から成る初のベスト・アルバム『Eternalist』を、11月15日(水)に自身初となるアナログ盤(UCJY-9001 5,000円 + 税)で限定発売。

 Eテレ『おとなの基礎英語』に2年連続でレギュラー出演するなど、活動の幅を広げているオレイン。主題歌を担当する「ムーミン谷とウィンターワンダーランド」は、全世界に熱狂的なファンを持つキャラクター“ムーミン”のパペット・アニメ・シリーズ第3作目です。オレインは日本語歌詞で主題歌「ウィンターワンダーランド」、さらに同楽曲の英語ヴァージョン「Bring The Snow」を歌唱しており、「Bring The Snow」は英語圏で公開される同映画の主題歌として使用されることも決定。2つの言語のヴァージョンを1アーティストが担当する珍しいパターンとなっています。

 オレインは「私は毎週古い作品から最近のものまで観るくらい映画が大好きで、夢はいつか映画を作ることです。また、小さい時からムーミンの大ファンだったので、映画という形でムーミンの物語に関われたなんて夢のようです。今回もっともびっくりして嬉しかったことは、主題歌を英語と日本語の両方を歌わせていただけたことです。日本と海外同時に初の映画の主題歌が流れるなんて、とても幸せで光栄です」とコメント。さらに「私はオーストラリアで育ったので、雪が降るクリスマスへの憧れがあります。〈ウィンターワンダーランド〉もまさにムーミン谷のみんながホワイトクリスマスを楽しみにしているので、その思いが重なり、自分の中の子供の気持ちをそのまま明るく歌で表現できました。私は一人っ子でペットもいなく、ずっとヴァイオリンの練習をしていたため友達も少なく、そんな孤独な私を支えてくれたのがムーミンでした。可愛さだけでなく、どこかダークでミステリアスな北欧の香りに惹かれました。ムーミン谷には色々な変わったキャラクターが出てくるので、“人と違うのは個性なんだ”という大切なメッセージを教えてくれたのはムーミンでした」とムーミンへの思いを語っています。

 「ウィンターワンダーランド」を収録したアルバム『Cinema Music』は、ピーボ・ブライソンとのデュエットが実現した「美女と野獣」や、大ヒット作『ラ・ラ・ランド』『君の名は。』といった、名作映画の楽曲も数多く収録。アルバムの発売後には、映画音楽を歌うコンサートも東京、名古屋、大阪で決定しており、その後も全国各地で開催を予定しています。

拡大表示拡大表示


■2017年10月11日(水)発売
サラ・オレイン
Cinema Music

UCCY-1084 3,000円 + 税

[収録曲]
01. オン・マイ・オウン(映画『レ・ミゼラブル』より)
02. ウィンターワンダーランド(映画『ムーミン谷とウィンターワンダーランド』主題歌)
03. 美女と野獣(映画『美女と野獣』より)duet with ピーボ・ブライソン
04. 白い恋人たち(映画『白い恋人たち』より)
05. シネマ・パラディーゾ(映画『ニュー・シネマ・パラダイス』より)
06. 君をのせて(映画『天空の城ラピュタ』より)(English - Japanese ver.)
07. ラ・ラ・ランド Medley(映画『ラ・ラ・ランド』より)
08. ついに自由に(映画『グラディエーター』より)
09. ポル・ウナ・カベサ(映画『セント・オブ・ウーマン / 夢の香り』より)Instrumental
10. なんでもないや(映画『君の名は。』より)(English - Japanese ver.)
11. 007 Medley(映画『007』シリーズより)
12. レット・イット・ゴー(映画『アナと雪の女王』より)
13. Shadows Of Time(軍艦島 世界遺産登録推進映画テーマ曲)
14. オールウェイズ・ラヴ・ユー(映画『ボディガード』より)

[演奏]
サラ・オレイン(vo, vn) / 松村秀明、橘 直貴(03)指揮東京室内管弦楽団


■2017年11月15日(水)発売
サラ・オレイン
『Eternalist』

12inch vinyl UCJY-9001 5,000円 + 税
完全限定

[収録曲]
01. Beyond The Sky (『ゼノブレイド』エンディング・テーマ)
02. 比べられない
03. 君をのせて(映画 『天空の城ラピュタ』より English - Japanese Version.)
04. The Final Time Traveler(『タイムトラベラーズ』エンディング・テーマ English Version)
05. Dream As One(三菱商事 障がい者スポーツ応援テーマソング)
06. Animus
07. Hallelujah
08. タイム・トゥ・セイ・グッバイ


ムーミン谷とウィンターワンダーランド
www.bluenote.co.jp/jp/artists/jacob-collier
12月2日(土)より全国ロードショー
監督: ヤコブ・ブロンスキ / イーラ・カーペラン
原題: MOOMINS and the WINTER WONDERLAND

配給: 東映株式会社
©Filmkompaniet / Animoon
Moomin Characters™
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 上原ひろみが驚異のハープ奏者エドマール・カスタネーダとのデュオ・プロジェクトを始動[インタビュー] “いいっすよ”から17年――サイプレス上野とロベルト吉野、ミニ・アルバム『大海賊』でメジャー・デビュー
[インタビュー] “今この時”を、考える――中村雅俊が「どこへ時が流れても / まだ僕にできることがあるだろう」に込めた同世代へのメッセージ[インタビュー] “何があっても”楽しく生きるんだという覚悟 真心ブラザーズ『FLOW ON THE CLOUD』
[インタビュー] サクソフォン四重奏を知らないかたにも素晴らしさを伝えたい――The Rev Saxophone Quartetが追求する伝統とオリジナリティ[インタビュー] ヒグチアイが目指す歌は、おしゃれじゃないけど“大切にしてきたもの”
[インタビュー] 若いリスナーにも良い音楽を届けたい――MASATOとMinnesotahが語る『KANDYTOWN LIFE presents “Land of 1000 Classics”』[インタビュー] Less Than TV25周年 大石規湖監督が記録した“ある家族”の日常、ドキュメンタリー映画「MOTHER FUCKER」
[インタビュー] ISEKIが追求する“自分らしさ”とは J-POPカヴァー集第2弾『AOR FLAVA -sweet blue-』[インタビュー] アイドルやめた――“渋谷系ガールズロックユニット”に転身したCANDY GO!GO!のリアル
[インタビュー] KANDYTOWNの新たな方向性も感じさせるソロ・アルバム、MUD『Make U Dirty』[インタビュー] 音楽にとどまらない、発想としての面白さ――ジェフ・パーカーがゆっくり語る『The New Breed』
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015