ニュース

スチャダラパー、4月の野音公演で会場限定CD『スチャダラパー・シングス』&冊子「余談」を発売

スチャダラパー   2018/03/19 11:20掲載
はてなブックマークに追加
スチャダラパー、4月の野音公演で会場限定CD『スチャダラパー・シングス』&冊子「余談」を発売
 スチャダラパーが、例年春の恒例となっている東京・日比谷野外大音楽堂でのライヴを今年は〈スチャダラパー・シングス〉と題して4月8日(日)に開催。このイベントに合わせ、イベント・ポスターを模した新アーティスト写真が公開されています。

 毎年新作音源やスチャダラパー責任編集の冊子「余談」など、グッズの販売も楽しみのひとつとなっている同イベント。今回もライヴ会場限定CDおよび「余談」の販売が決定しています。

 会場限定販売CDのタイトルは『スチャダラパー・シングス』。全て初収録となる最新音源の詰まった4曲入りのCDには、タイトル曲「スチャダラパー・シングス」をはじめ、2016年にみうらじゅん&SHINCO名義で発表された「君のSince」を2018年版にアップデートした「君のSince 2018」、neco眠るが昨年発表したアルバム『Typical』に収録されているロボ宙との参加楽曲「ひねくれたいの」を再構築した「やっぱりひねくれたいの」を収録。加えて、卒業 / 入学シーズンにぴったりの書き下ろし楽曲「春マゲドン」も収められています。

 「余談」は、還暦を迎えたみうらじゅん、“日本が誇るお祭り男”宮川大輔よゐこ有野晋哉Boseのゲーム対談など、今回も豪華な内容です。

拡大表示拡大表示


スチャダラパー・シングス

2018年4月8日(日)
東京 日比谷野外大音楽堂
開場 15:30 / 開演 16:30
前売 6,500円(税込 / 全席指定)
ぴあ / ローソン / e+

※4歳以上チケット必要、3歳以下膝上鑑賞可。ただし、座席が必要な場合はチケット必要。
※雨天決行・荒天中止

※お問い合わせ: HOT STUFF 03-5720-9999
www.red-hot.ne.jp

[メロディフェアモバイル会員様・新規入会者様にはスチャダラパー エポキシシールをプレゼント!]
4月8日(日)日比谷野外大音楽堂公演のモバイルブースにて、メロディフェアモバイル既存会員様、及びその場で新規ご入会いただいた方へモバイル会員限定“スチャダラパー エポキシシール”をプレゼント!
※シールサイズ:5mm×5mm、厚み1mm
[注意事項]
・日比谷野外大音楽堂公演のチケットをお持ちの方のみ対象となります。
・開場後から受取可能となります。
・シールは1会員様1枚のみとなります。
・シールはなくなり次第終了となります。予めご了承ください。
mfmobile.jp (スマホ / ガラケーからアクセスしてください)
オール・ジャンル 最新ニュース
 
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 屈強でしなやかな東京のヒップホップ――KANDYTOWNのビートメイカー、MIKIがファースト・ソロ・アルバム『137』を発表[インタビュー] より肉体的なものへ――神奈川・逗子を拠点とするHalf Mile Beach Clubが初の単独作を発表
[インタビュー] “続編”ではなく“新作”を作ろう きゃりーぱみゅぱみゅ「きみのみかた」[インタビュー] “俺の不幸で踊ってくれ!”――沖縄出身のラッパー、唾奇が最新作『道-TAO-』をリリース
[特集] [LIVE Report] まっすぐな気持ちを届けてくれる藤田麻衣子の歌[インタビュー] 自分というジャンルをちゃんと作りたい “シンガー・ソングライター”Nao Kawamura初のフル・アルバム『Kvarda』
[インタビュー] 「アワ・マン・イン・トーキョー〜バラッド・オブ・シン・ミヤタ」、宮田 信の仕事とは?[特集] ヘルベルト・フォン・カラヤン生誕110年記念! 数々の名盤が“理想の音”に迫る高音質で登場
[インタビュー] いい歌をたくさん歌って、レコーディングして残したい――フォルテ・ディ・クアトロのセカンド・アルバム『アヴェ・マリア〜CLASSICA』[インタビュー] 決め手は興奮が蘇ってくるかどうか――THOUSAND EYESが放つ“最高傑作”『DAY OF SALVATION』
[インタビュー] “ヤバさ”はこれだ――BES&ISSUGIの自信が浮かび上がる『VIRIDIAN SHOOT』[インタビュー] 小曽根 真 既存の概念を打ち壊すのではなく、共存するイメージで―― ニューヨーク・フィルハーモニックと共演した『ビヨンド・ボーダーズ』
新譜情報
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015