ニュース

セミヨン・ビシュコフ&ウィーン・フィル、フランツ・シュミットの交響曲第2番をリリース

セミヨン・ビシュコフ(Semyon Bychkov)   2017/04/21 13:56掲載
はてなブックマークに追加
 セミヨン・ビシュコフ(Semyon Bychkov)&ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団が、『フランツ・シュミット: 交響曲第2番&R.シュトラウス:炉端のまどろみ』(SICC-30428 2,600円 + 税)を4月26日(水)にリリース。フランツ・シュミットの交響曲第2番の国内盤は、1990年に発売されたネーメ・ヤルヴィ(Neeme Järvi)&シカゴ交響楽団による録音(英シャンドス)以来、26年ぶりの登場です。

 オーストリアの作曲家フランツ・シュミット(1874〜1939年)は、シェーンベルクと同年生まれながら、ブルックナーブラームスの伝統を受け継ぐ重厚な後期ロマン派的な作風で知られています。マーラー時代のウィーン国立歌劇場およびウィーン・フィルのチェリストを務め、1927年からはウィーン音楽アカデミー院長に就任し、オーストリア音楽界に多大な足跡を残しました。

 1911年 / 13年に書かれた交響曲第2番は、8本のホルンや打楽器を含む巨大編成で知られる大作。3つの楽章がモットー主題で結びつけられ、ナイーヴな抒情性・和声の繊細な変化が美しく、さらに変奏曲形式の第2楽章にはスケルツォとトリオが内包されるという個性的な構成です。

 初演の1年後にフェリックス・ヴァインガルトナー(Felix Weingartner)の指揮で取り上げて以来、作曲者自身のほか、ハンス・クナッパーツブッシュ(Hans Knappertsbusch)、ディミトリ・ミトロプーロス(Dimitris Mitropoulos)、エーリヒ・ラインスドルフ(Erich Leinsdorf)といった当代一流の名匠とともにこの曲を演奏してきたウィーン・フィル。ビシュコフとは2014年5月にこの曲を定期演奏会で演奏し、さらに2015年9月にも定期演奏会のほかヨーロッパ・ツアーで集中的に取り上げ、絶賛を博しました。その際に、ムジークフェラインで組まれたセッションで収録されたのが本アルバムです。

■2017年4月26日(水)発売
フランツ・シュミット: 交響曲第2番&R.シュトラウス:炉端のまどろみ
SICC-30428 2,600円 + 税

[収録曲]
01. フランツ・シュミット: 交響曲第2番変ホ長調
(1864-1949)
02. R.シュトラウス: 炉端のまどろみ(歌劇『インテルメッツォ』op.72より)

[演奏]
セミヨン・ビシュコフ指揮ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団

[録音]
2015年9月1日〜4日 ウィーン ムジークフェラインザール
オール・ジャンル 最新ニュース
 
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 屈強でしなやかな東京のヒップホップ――KANDYTOWNのビートメイカー、MIKIがファースト・ソロ・アルバム『137』を発表[インタビュー] より肉体的なものへ――神奈川・逗子を拠点とするHalf Mile Beach Clubが初の単独作を発表
[インタビュー] “続編”ではなく“新作”を作ろう きゃりーぱみゅぱみゅ「きみのみかた」[インタビュー] “俺の不幸で踊ってくれ!”――沖縄出身のラッパー、唾奇が最新作『道-TAO-』をリリース
[特集] [LIVE Report] まっすぐな気持ちを届けてくれる藤田麻衣子の歌[インタビュー] 自分というジャンルをちゃんと作りたい “シンガー・ソングライター”Nao Kawamura初のフル・アルバム『Kvarda』
[インタビュー] 「アワ・マン・イン・トーキョー〜バラッド・オブ・シン・ミヤタ」、宮田 信の仕事とは?[特集] ヘルベルト・フォン・カラヤン生誕110年記念! 数々の名盤が“理想の音”に迫る高音質で登場
[インタビュー] いい歌をたくさん歌って、レコーディングして残したい――フォルテ・ディ・クアトロのセカンド・アルバム『アヴェ・マリア〜CLASSICA』[インタビュー] 決め手は興奮が蘇ってくるかどうか――THOUSAND EYESが放つ“最高傑作”『DAY OF SALVATION』
[インタビュー] “ヤバさ”はこれだ――BES&ISSUGIの自信が浮かび上がる『VIRIDIAN SHOOT』[インタビュー] 小曽根 真 既存の概念を打ち壊すのではなく、共存するイメージで―― ニューヨーク・フィルハーモニックと共演した『ビヨンド・ボーダーズ』
新譜情報
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015