ニュース

センテンストのギタリスト、Miika Tenkulaが死去

センテンスト(Sentenced)   2009/02/23 15:24掲載
MyCDJ お気に入りリストに「」を追加/削除する はてなブックマークに追加
 2005年のアルバム『The Funeral Album』を最後に、惜しまれつつ解散したフィンランドのドラマティック・メタル・バンド、SENTENCED(センテンスト)。そのギタリストにして初代ヴォーカリスト、Miika Tenkulaが2月19日、自宅にて死亡していたことが明らかに。享年34。死因は明らかにされていませんが、Miikaは生前、重度のアルコール依存症であったことが知られています。

 SENTENCEDは1989年、フィンランドはオウルにて結成、デスメタル・バンドとしてスタート。徐々にオーセンティックなヘヴィメタル、ロックンロール、ゴシックといったテイストを吸収し、オリジナリティを獲得。同時代に登場したAMORPHIS(アモルフィス)とともに、90年代のフィンランドを代表するバンドへと成長、後続に多大な影響を及ぼしました。イエテボリ(スウェーデン)を中心に広がった、いわゆる“メロディック・デスメタル”とは一味違う、愁いを帯びた楽曲で人気を博しましたが、2005年に解散。解散後、Ville Laihiala(vo)はPOISONBLACK(ポイズンブラック)で、Sami Lopakka(g)、Sami Kukkohovi(b)はKYPCKで活躍中。

 90年代のメタル・シーンを彩った才能溢れるギタリストの死、残念でなりません。心よりお悔やみ申し上げます。
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 便利で何でも手に入る時代だからこそ必要なこと――須永辰緒が導くジャズ最前線[インタビュー] ふっと飛び込んでくるワンフレーズ “現場の音楽”HIT『Be!!』
[インタビュー] 深くて豊かな音楽を目指した“名盤” 石橋 凌『may Burn!』[インタビュー] 私は変わり続ける。それは“出会い”を意味しているから――コリーヌ・ベイリー・レイ
[インタビュー] 美しさと暴力性、Ramzaの“手”に触れる『pessim』[インタビュー] 自分の存在を“やり続けること”で知らせる――ISSUGI×MASS-HOLE
[インタビュー] 今のラフィンノーズは超おもしろい――“50代のラフィンロール”を体現した新作『50’s ROLL』[インタビュー] ヒップホップとしてかっこよくいられたら――C.O.S.A.『Girl Queen』
[インタビュー] 自分の中にある伝統と革新―― 島 裕介が新世代ミュージシャンを率いて『Silent Jazz Case 3』を発表[インタビュー] たまには母ちゃんにみたらし団子を買ってかったりしぃや!――SHINGO★西成が3年をかけて辿り着いた『ここから・・・いまから』
[インタビュー] “大人ってカッコいい”と思えるような歌 ISEKI×中田裕二『AOR FLAVA』[インタビュー] 研ぎ澄まされた4人のアンサンブル――ライヴ・ベスト・アルバム『echoes』をリリースしたbohemianvoodoo
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015