ニュース

センテンストのギタリスト、Miika Tenkulaが死去

センテンスト(Sentenced)   2009/02/23 15:24掲載
はてなブックマークに追加
 2005年のアルバム『The Funeral Album』を最後に、惜しまれつつ解散したフィンランドのドラマティック・メタル・バンド、SENTENCED(センテンスト)。そのギタリストにして初代ヴォーカリスト、Miika Tenkulaが2月19日、自宅にて死亡していたことが明らかに。享年34。死因は明らかにされていませんが、Miikaは生前、重度のアルコール依存症であったことが知られています。

 SENTENCEDは1989年、フィンランドはオウルにて結成、デスメタル・バンドとしてスタート。徐々にオーセンティックなヘヴィメタル、ロックンロール、ゴシックといったテイストを吸収し、オリジナリティを獲得。同時代に登場したAMORPHIS(アモルフィス)とともに、90年代のフィンランドを代表するバンドへと成長、後続に多大な影響を及ぼしました。イエテボリ(スウェーデン)を中心に広がった、いわゆる“メロディック・デスメタル”とは一味違う、愁いを帯びた楽曲で人気を博しましたが、2005年に解散。解散後、Ville Laihiala(vo)はPOISONBLACK(ポイズンブラック)で、Sami Lopakka(g)、Sami Kukkohovi(b)はKYPCKで活躍中。

 90年代のメタル・シーンを彩った才能溢れるギタリストの死、残念でなりません。心よりお悔やみ申し上げます。
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] とにかく一緒に制作するのが楽しい――“馴染んだ”PUSHIM×韻シスト『TO THE NEXT』[インタビュー] 一緒に挑戦していきたい――すべてを出すことができるアンサンブル“MIZUTANI×TAIRIKU”
[インタビュー] “雑食主義”のフィメール・ラッパー、HITが放つファースト・アルバム『THE HIT』![インタビュー] 一音一音の美しさを目指して――本田珠也がICTUS Trioを始動
[インタビュー] ジャズ・シンガーとして新たな一歩を踏み出したMoon『Kiss Me』[インタビュー] ソムリエのように、ピアノ音楽の楽しさを伝える――大井 健が初の映像作品『Piano Love The Movie』を発表
[インタビュー] 自分たちも知らない、さらなる可能性を求めて――DaizyStripper「4GET ME NOT」[インタビュー] スペシャルインタビュー 坂本慎太郎
[インタビュー] 飼い慣らされない女たち――キノコホテル創業10周年 マリアンヌ東雲が2017年を振り返る[インタビュー] 静的でありながら“不穏の予感”それでいて“快楽そのもの” ギリシャラブ・天川悠雅が目指す、理想の音楽
[インタビュー] 西恵利香、2018年へ “いつでもそこで歌ってる人でありたい”[インタビュー] サクソフォン奏者として、新たにバッハの音楽に息を吹き込む――上野耕平が挑むJ.S.バッハの無伴奏作品集
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015