ニュース

センテンストのギタリスト、Miika Tenkulaが死去

センテンスト(Sentenced)   2009/02/23 15:24掲載
MyCDJ お気に入りリストに「」を追加/削除する はてなブックマークに追加
 2005年のアルバム『The Funeral Album』を最後に、惜しまれつつ解散したフィンランドのドラマティック・メタル・バンド、SENTENCED(センテンスト)。そのギタリストにして初代ヴォーカリスト、Miika Tenkulaが2月19日、自宅にて死亡していたことが明らかに。享年34。死因は明らかにされていませんが、Miikaは生前、重度のアルコール依存症であったことが知られています。

 SENTENCEDは1989年、フィンランドはオウルにて結成、デスメタル・バンドとしてスタート。徐々にオーセンティックなヘヴィメタル、ロックンロール、ゴシックといったテイストを吸収し、オリジナリティを獲得。同時代に登場したAMORPHIS(アモルフィス)とともに、90年代のフィンランドを代表するバンドへと成長、後続に多大な影響を及ぼしました。イエテボリ(スウェーデン)を中心に広がった、いわゆる“メロディック・デスメタル”とは一味違う、愁いを帯びた楽曲で人気を博しましたが、2005年に解散。解散後、Ville Laihiala(vo)はPOISONBLACK(ポイズンブラック)で、Sami Lopakka(g)、Sami Kukkohovi(b)はKYPCKで活躍中。

 90年代のメタル・シーンを彩った才能溢れるギタリストの死、残念でなりません。心よりお悔やみ申し上げます。
オール・ジャンル 最新ニュース
 
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 盛り上がる日本のアイリッシュ / ケルト音楽シーン[前編] インタビュー: 豊田耕三(O’Jizo)[インタビュー] 誰かの音楽と繋がることを恐れない――誰にも似ていないギタリスト、ヤコブ・ブロの謎に迫る
[インタビュー] フックアップしながら自分も“新鮮さ”をもらってる、その関係性こそがヒップホップ ISSUGI「7INC TREE」[インタビュー] “大人になった”LIFriendsが伝えるメッセージ「俺たちのララバイ」
[インタビュー] どんどん面倒臭い人間になって――グッドガールに別れを告げたテンテンコの目覚め[インタビュー] 虹のコンキスタドールがメジャー・デビュー! 赤組メンバーを徹底紹介
[インタビュー] やりたいのは“フェチじゃない”こと――ENDON『THROUGH THE MIRROR』に映るもの[インタビュー] 音楽に対してハングリーであるということ FEBB AS YOUNG MASON
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015