ニュース

チェリビダッケとミュンヘン・フィルによる「亡き児をしのぶ歌」と「死と変容」が正規盤として初登場

セルジュ・チェリビダッケ(Sergiu Celibidache)   2017/12/21 13:34掲載
はてなブックマークに追加
 1912年ルーマニアに生まれ、ミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団の首席指揮者を17年間務めた指揮者のセルジュ・チェリビダッケ(Sergiu Celibidache)とミュンヘン・フィルによる名演奏を収めた『マーラー: 亡き児をしのぶ歌、R.シュトラウス: 交響詩「死と変容」』(WPCS-28125 2,800円 + 税)が、ミュンヘン・フィルの自主レーベル“Munchner Philharmoniker”(販売: ワーナー・クラシックス)より12月27日(水)にリリースされます。正規マスターでは初登場となり、UHQCD仕様は日本盤のみの発売となります。

 1979年の首席指揮者就任から17年間にわたり、指揮者とオーケストラ双方に世界的な名声を得さしめたチェリビダッケとミュンヘン・フィル。コンビとして日本には1986年、90年、92年、93年と4回の来日公演を果たし、今なお高く評価されています。

 本アルバムに収められているのは、1983年6月30日に録音されたマーラーの「亡き児をしのぶ歌」と、1979年2月17日に録音されたR.シュトラウスの交響詩「死と変容」。いずれもミュンヘン レジデンツ・ヘルクレスザールでの演奏です。「亡き児をしのぶ歌」では、当時の人気メゾ、ブリギッテ・ファスベンダー(Brigitte Fasbaender)がソリストに迎えられています。

■2017年12月27日(水)発売
マーラー: 亡き児をしのぶ歌、R.シュトラウス: 交響詩「死と変容」
WPCS-28125 2,800円 + 税

[収録曲]
01. マーラー: 亡き児をしのぶ歌(全5曲 + 拍手)
02. R.シュトラウス: 交響詩「死と変容」op.24(終演後拍手)

[演奏]
セルジュ・チェリビダッケ指揮ミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団 / ブリギッテ・ファスベンダー(01: Ms)

[録音]
1983年6月30日(01)、1979年2月17日(02) ミュンヘン レジデンツ・ヘルクレスザール
オール・ジャンル 最新ニュース
 
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] スペシャルインタビュー 坂本慎太郎[インタビュー] 飼い慣らされない女たち――キノコホテル創業10周年 マリアンヌ東雲が2017年を振り返る
[インタビュー] 静的でありながら“不穏の予感”それでいて“快楽そのもの” ギリシャラブ・天川悠雅が目指す、理想の音楽[インタビュー] 西恵利香、2018年へ “いつでもそこで歌ってる人でありたい”
[インタビュー] サクソフォン奏者として、新たにバッハの音楽に息を吹き込む――上野耕平が挑むJ.S.バッハの無伴奏作品集[インタビュー] ビッグバンドは一生もの!――守屋純子がジャズ100周年を祝う「The 100th Anniversary of Jazz: Legends of Yesterday and Today」
[インタビュー] 新しい風が吹いている――吉田ヨウヘイgroupが『ar』で目指したバンド・サウンド[インタビュー] 好きなことや大事にしていることを信じて人生を謳歌しよう ベッド・イン『TOKYO』
[インタビュー] 優しく奏でる篠笛で、安らぎにあふれた時間を――佐藤和哉が妹尾武と紡ぐ初のカヴァー・アルバム[インタビュー] 常に上だけ見ていたい ゆるふわギャング“NENE”初のソロ・アルバムを発表
[インタビュー] 歌声で本当の気持ちを伝えられれば一番いい 桐嶋ノドカ「言葉にしたくてできない言葉を」[インタビュー] 月と対峙してきた人々の想いや営みを、ヴァイオリンの響きで――川井郁子、7年ぶりのオリジナル・アルバム『LUNA』
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015