ニュース

チェリビダッケとミュンヘン・フィルによる「亡き児をしのぶ歌」と「死と変容」が正規盤として初登場

セルジュ・チェリビダッケ(Sergiu Celibidache)   2017/12/21 13:34掲載
はてなブックマークに追加
 1912年ルーマニアに生まれ、ミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団の首席指揮者を17年間務めた指揮者のセルジュ・チェリビダッケ(Sergiu Celibidache)とミュンヘン・フィルによる名演奏を収めた『マーラー: 亡き児をしのぶ歌、R.シュトラウス: 交響詩「死と変容」』(WPCS-28125 2,800円 + 税)が、ミュンヘン・フィルの自主レーベル“Munchner Philharmoniker”(販売: ワーナー・クラシックス)より12月27日(水)にリリースされます。正規マスターでは初登場となり、UHQCD仕様は日本盤のみの発売となります。

 1979年の首席指揮者就任から17年間にわたり、指揮者とオーケストラ双方に世界的な名声を得さしめたチェリビダッケとミュンヘン・フィル。コンビとして日本には1986年、90年、92年、93年と4回の来日公演を果たし、今なお高く評価されています。

 本アルバムに収められているのは、1983年6月30日に録音されたマーラーの「亡き児をしのぶ歌」と、1979年2月17日に録音されたR.シュトラウスの交響詩「死と変容」。いずれもミュンヘン レジデンツ・ヘルクレスザールでの演奏です。「亡き児をしのぶ歌」では、当時の人気メゾ、ブリギッテ・ファスベンダー(Brigitte Fasbaender)がソリストに迎えられています。

■2017年12月27日(水)発売
マーラー: 亡き児をしのぶ歌、R.シュトラウス: 交響詩「死と変容」
WPCS-28125 2,800円 + 税

[収録曲]
01. マーラー: 亡き児をしのぶ歌(全5曲 + 拍手)
02. R.シュトラウス: 交響詩「死と変容」op.24(終演後拍手)

[演奏]
セルジュ・チェリビダッケ指揮ミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団 / ブリギッテ・ファスベンダー(01: Ms)

[録音]
1983年6月30日(01)、1979年2月17日(02) ミュンヘン レジデンツ・ヘルクレスザール
オール・ジャンル 最新ニュース
 
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 屈強でしなやかな東京のヒップホップ――KANDYTOWNのビートメイカー、MIKIがファースト・ソロ・アルバム『137』を発表[インタビュー] より肉体的なものへ――神奈川・逗子を拠点とするHalf Mile Beach Clubが初の単独作を発表
[インタビュー] “続編”ではなく“新作”を作ろう きゃりーぱみゅぱみゅ「きみのみかた」[インタビュー] “俺の不幸で踊ってくれ!”――沖縄出身のラッパー、唾奇が最新作『道-TAO-』をリリース
[特集] [LIVE Report] まっすぐな気持ちを届けてくれる藤田麻衣子の歌[インタビュー] 自分というジャンルをちゃんと作りたい “シンガー・ソングライター”Nao Kawamura初のフル・アルバム『Kvarda』
[インタビュー] 「アワ・マン・イン・トーキョー〜バラッド・オブ・シン・ミヤタ」、宮田 信の仕事とは?[特集] ヘルベルト・フォン・カラヤン生誕110年記念! 数々の名盤が“理想の音”に迫る高音質で登場
[インタビュー] いい歌をたくさん歌って、レコーディングして残したい――フォルテ・ディ・クアトロのセカンド・アルバム『アヴェ・マリア〜CLASSICA』[インタビュー] 決め手は興奮が蘇ってくるかどうか――THOUSAND EYESが放つ“最高傑作”『DAY OF SALVATION』
[インタビュー] “ヤバさ”はこれだ――BES&ISSUGIの自信が浮かび上がる『VIRIDIAN SHOOT』[インタビュー] 小曽根 真 既存の概念を打ち壊すのではなく、共存するイメージで―― ニューヨーク・フィルハーモニックと共演した『ビヨンド・ボーダーズ』
新譜情報
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015