ニュース

SEX VIRGIN KILLER、初のフル・アルバム『VAZINISM』をリリース 東名阪ツアーも決定

SEX VIRGIN KILLER   2017/01/27 17:11掲載
はてなブックマークに追加
SEX VIRGIN KILLER、初のフル・アルバム『VAZINISM』をリリース 東名阪ツアーも決定
 あまりにもエクスタシーなヴィジュアル、ハードコアパンクとポジティヴパンクがクロスオーヴァーした1980〜90年代の日本を参照しながらも進化を続けるサウンドはもとより、カテゴリを超越した活動範囲でも注目を浴びてきたヴィジュアルショック・アウトフィット、SEX VIRGIN KILLERが、いよいよ初のフル・アルバム『VAZINISM(ヴァジニズム))』(lilii-002 2,400円 + 税)をリリース。3月8日(水)の発売が決定しています。

 前作にあたるEP連作『crimson red ep / 』に引き続き、プロデュースはBorisのAtsuoが担当。流血ブリザードのユダ&ミリー・バイソン、MEANINGのHayayo&Kawaguchi、NECRONOMIDOLの瑳里、BorisのTakeshiといった盟友たちに加え、SEX VIRGIN KILLERにとってヒーローと言うべき存在であるASYLUMのGazelle、GASTUNK / MOSQUITO SPIRALBAKIもゲスト参加。ハンドメイド雑貨ブランド「みどろや」の“ばあばら”、スカルをモチーフにした陶器作品で知られ、昨年はSuGSHUDDUP』のアートワークを手がけて話題となった“髑髏作家”丸岡和吾など、異業種からの参戦にも注目です。カヴァー・アートには「ERECT Magazine」のアートディレクターとしても活躍する河村康輔、マスタリング・エンジニアにはPEACE MUSIC・中村宗一郎を起用。

 収録曲はSODOM「Rock Out」のカヴァーを含む全13曲。「I・BA・RA」「Zero(0)」「Virgin Killer」「悪魔の歌 -Devil Song-」からアンセム「SEX or DIE」まで、SEX VIRGIN KILLERの魅力を一挙に堪能できる集大成的充実作となっています。

 なお、発売後には東名阪のリリース・ツアーを開催することも決定。3月10日(金)東京・下北沢 SHELTER、11日(土)愛知・名古屋 Red Dragon、4月2日(日)大阪・心斎橋 KING COBRA SQUATの3公演が発表されています。詳しくはオフィシャル・サイトにてご確認ください。

拡大表示


■2017年3月8日(水)発売
SEX VIRGIN KILLER
『VAZINISM』

lilii-002 2,400円 + 税

[収録曲]
01. Dead End Breaker
02. I・BA・RA
03. Under The Hopeless World
04. Zero
05. Overkill
06. In Blue Eyes
07. 悪魔の歌 -Devil Song-
08. カリソメノイズ
09. Virgin Killer
10. Night Walker
11. Rock Out
12. サヨナラ 幻の君へ
13. SEX or DIE

SEX VIRGIN KILLER
VAZINISM TOUR 2017

2017年3月10日(金)東京 下北沢 SHELTER
2017年3月11日(土)愛知 名古屋 Red Dragon
2017年4月2日(日)大阪 心斎橋 KING COBRA SQUAT
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 上原ひろみが驚異のハープ奏者エドマール・カスタネーダとのデュオ・プロジェクトを始動[インタビュー] “いいっすよ”から17年――サイプレス上野とロベルト吉野、ミニ・アルバム『大海賊』でメジャー・デビュー
[インタビュー] “今この時”を、考える――中村雅俊が「どこへ時が流れても / まだ僕にできることがあるだろう」に込めた同世代へのメッセージ[インタビュー] “何があっても”楽しく生きるんだという覚悟 真心ブラザーズ『FLOW ON THE CLOUD』
[インタビュー] サクソフォン四重奏を知らないかたにも素晴らしさを伝えたい――The Rev Saxophone Quartetが追求する伝統とオリジナリティ[インタビュー] ヒグチアイが目指す歌は、おしゃれじゃないけど“大切にしてきたもの”
[インタビュー] 若いリスナーにも良い音楽を届けたい――MASATOとMinnesotahが語る『KANDYTOWN LIFE presents “Land of 1000 Classics”』[インタビュー] Less Than TV25周年 大石規湖監督が記録した“ある家族”の日常、ドキュメンタリー映画「MOTHER FUCKER」
[インタビュー] ISEKIが追求する“自分らしさ”とは J-POPカヴァー集第2弾『AOR FLAVA -sweet blue-』[インタビュー] アイドルやめた――“渋谷系ガールズロックユニット”に転身したCANDY GO!GO!のリアル
[インタビュー] KANDYTOWNの新たな方向性も感じさせるソロ・アルバム、MUD『Make U Dirty』[インタビュー] 音楽にとどまらない、発想としての面白さ――ジェフ・パーカーがゆっくり語る『The New Breed』
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015