ニュース

SEX VIRGIN KILLER、初のフル・アルバム『VAZINISM』をリリース 東名阪ツアーも決定

SEX VIRGIN KILLER   2017/01/27 17:11掲載
MyCDJ お気に入りリストに「」を追加/削除する はてなブックマークに追加
SEX VIRGIN KILLER、初のフル・アルバム『VAZINISM』をリリース 東名阪ツアーも決定
 あまりにもエクスタシーなヴィジュアル、ハードコアパンクとポジティヴパンクがクロスオーヴァーした1980〜90年代の日本を参照しながらも進化を続けるサウンドはもとより、カテゴリを超越した活動範囲でも注目を浴びてきたヴィジュアルショック・アウトフィット、SEX VIRGIN KILLERが、いよいよ初のフル・アルバム『VAZINISM(ヴァジニズム))』(lilii-002 2,400円 + 税)をリリース。3月8日(水)の発売が決定しています。

 前作にあたるEP連作『crimson red ep / 』に引き続き、プロデュースはBorisのAtsuoが担当。流血ブリザードのユダ&ミリー・バイソン、MEANINGのHayayo&Kawaguchi、NECRONOMIDOLの瑳里、BorisのTakeshiといった盟友たちに加え、SEX VIRGIN KILLERにとってヒーローと言うべき存在であるASYLUMのGazelle、GASTUNK / MOSQUITO SPIRALBAKIもゲスト参加。ハンドメイド雑貨ブランド「みどろや」の“ばあばら”、スカルをモチーフにした陶器作品で知られ、昨年はSuGSHUDDUP』のアートワークを手がけて話題となった“髑髏作家”丸岡和吾など、異業種からの参戦にも注目です。カヴァー・アートには「ERECT Magazine」のアートディレクターとしても活躍する河村康輔、マスタリング・エンジニアにはPEACE MUSIC・中村宗一郎を起用。

 収録曲はSODOM「Rock Out」のカヴァーを含む全13曲。「I・BA・RA」「Zero(0)」「Virgin Killer」「悪魔の歌 -Devil Song-」からアンセム「SEX or DIE」まで、SEX VIRGIN KILLERの魅力を一挙に堪能できる集大成的充実作となっています。

 なお、発売後には東名阪のリリース・ツアーを開催することも決定。3月10日(金)東京・下北沢 SHELTER、11日(土)愛知・名古屋 Red Dragon、4月2日(日)大阪・心斎橋 KING COBRA SQUATの3公演が発表されています。詳しくはオフィシャル・サイトにてご確認ください。

拡大表示


■2017年3月8日(水)発売
SEX VIRGIN KILLER
『VAZINISM』

lilii-002 2,400円 + 税

[収録曲]
01. Dead End Breaker
02. I・BA・RA
03. Under The Hopeless World
04. Zero
05. Overkill
06. In Blue Eyes
07. 悪魔の歌 -Devil Song-
08. カリソメノイズ
09. Virgin Killer
10. Night Walker
11. Rock Out
12. サヨナラ 幻の君へ
13. SEX or DIE

SEX VIRGIN KILLER
VAZINISM TOUR 2017

2017年3月10日(金)東京 下北沢 SHELTER
2017年3月11日(土)愛知 名古屋 Red Dragon
2017年4月2日(日)大阪 心斎橋 KING COBRA SQUAT
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ふっと飛び込んでくるワンフレーズ “現場の音楽”HIT『Be!!』[インタビュー] 深くて豊かな音楽を目指した“名盤” 石橋 凌『may Burn!』
[インタビュー] 私は変わり続ける。それは“出会い”を意味しているから――コリーヌ・ベイリー・レイ[インタビュー] 美しさと暴力性、Ramzaの“手”に触れる『pessim』
[インタビュー] 自分の存在を“やり続けること”で知らせる――ISSUGI×MASS-HOLE[インタビュー] ヒップホップとしてかっこよくいられたら――C.O.S.A.『Girl Queen』
[インタビュー] 今のラフィンノーズは超おもしろい――“50代のラフィンロール”を体現した新作『50’s ROLL』[インタビュー] 自分の中にある伝統と革新―― 島 裕介が新世代ミュージシャンを率いて『Silent Jazz Case 3』を発表
[インタビュー] たまには母ちゃんにみたらし団子を買ってかったりしぃや!――SHINGO★西成が3年をかけて辿り着いた『ここから・・・いまから』[インタビュー] “大人ってカッコいい”と思えるような歌 ISEKI×中田裕二『AOR FLAVA』
[インタビュー] 研ぎ澄まされた4人のアンサンブル――ライヴ・ベスト・アルバム『echoes』をリリースしたbohemianvoodoo[インタビュー] 児玉桃、マンフレート・アイヒャーとの出会いとドビュッシー&細川俊夫の音楽を語る
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015