ニュース

シーナ&ロケッツ、鮎川 誠が選曲・監修を務めたアルファレコード・ベスト発売

シーナ&ロケッツ   2017/12/22 14:38掲載
はてなブックマークに追加
シーナ&ロケッツ、鮎川 誠が選曲・監修を務めたアルファレコード・ベスト発売
 シングル「涙のハイウェイ」でのデビューから2018年で40周年を迎えるシーナ&ロケッツの、ベスト・アルバム『ゴールデン☆ベスト シーナ&ロケッツ EARLY ROKKETS 40 + 1』(MHCL-30493〜4 3,000円 + 税)が2018年2月28日(水)に発売されます。本作は、メンバーの鮎川 誠が選曲と監修を手掛け、ソロも含むアルファレコード時代の音源から厳選された40曲に最新のリマスタリングを施し、高品質“Blu-spec CD2”仕様のCD2枚組へと収録。さらにはボーナストラックとして、1981年に録音された代表曲「レモンティー」のライヴ音源が収められています。

 3月2日(金)には、シーナ&ロケッツをテーマにした実写ドラマ「You May Dream」が九州・沖縄地方のNHK総合で放送されます。出演は石橋静河福山翔大徳永玲子佐田正樹バッドボーイズ)、松重 豊ほか。

■2018年2月28日(水)発売
シーナ&ロケッツ
ゴールデン☆ベスト シーナ&ロケッツ EARLY ROKKETS 40 + 1

2CD MHCL-30493〜4 3,000円 + 税

[Disc 1]
01. YOU MAY DREAM
02. ベイビー・メイビー
03. オマエガホシイ
04. YOU REALLY GOT ME
05. レイジー・クレイジー・ブルース
06. ホット・ライン
07. マイ・ボーイフレンド
08. プロポーズ
09. キス・ミー・クイック
10. グッド・ラック
11. BATMAN THEME
12. ミックス・ザット・マン
13. ワンナイト・スタンド
14. サティスファクション
15. クレイジー・クール・キャット
16. ハートに火をつけて
17. たいくつな世界
18. STIFF LIPS
19. スネークマン
20. センチメンタル・フール
21. レモンティー(1981年・絵画館前LIVE音源 / BONUS TRACK)

[Disc 2]
01. レモンティー
02. ピンナップ・ベイビー・ブルース
03. 恋のムーンライトダンス
04. クライ クライ クライ
05. RADIO JUNK
06. スージーQ
07. 浮かびのピーチガール
08. ボン・トン・ルーレ(シーナ)
09. ビューティフル(シーナ)
10. コワレモノ(シーナ)
11. JUKEBOXER(鮎川 誠)
12. DEAD GUITAR(鮎川 誠)
13. ブーン ブーン(鮎川 誠)
14. アイ ラブ ユー(鮎川 誠)
15. ワイ ワイ ワイ(シーナ)
16. ヘルプ・ミー(シーナ)
17. シャネルの5番のオン・ザ・ロック(シーナ)
18. ビールス カプセル(鮎川 誠)
19. 恋のダンス天国
20. オールド・ファッションド・ラブソング
オール・ジャンル 最新ニュース
 
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 屈強でしなやかな東京のヒップホップ――KANDYTOWNのビートメイカー、MIKIがファースト・ソロ・アルバム『137』を発表[インタビュー] より肉体的なものへ――神奈川・逗子を拠点とするHalf Mile Beach Clubが初の単独作を発表
[インタビュー] “続編”ではなく“新作”を作ろう きゃりーぱみゅぱみゅ「きみのみかた」[インタビュー] “俺の不幸で踊ってくれ!”――沖縄出身のラッパー、唾奇が最新作『道-TAO-』をリリース
[特集] [LIVE Report] まっすぐな気持ちを届けてくれる藤田麻衣子の歌[インタビュー] 自分というジャンルをちゃんと作りたい “シンガー・ソングライター”Nao Kawamura初のフル・アルバム『Kvarda』
[インタビュー] 「アワ・マン・イン・トーキョー〜バラッド・オブ・シン・ミヤタ」、宮田 信の仕事とは?[特集] ヘルベルト・フォン・カラヤン生誕110年記念! 数々の名盤が“理想の音”に迫る高音質で登場
[インタビュー] いい歌をたくさん歌って、レコーディングして残したい――フォルテ・ディ・クアトロのセカンド・アルバム『アヴェ・マリア〜CLASSICA』[インタビュー] 決め手は興奮が蘇ってくるかどうか――THOUSAND EYESが放つ“最高傑作”『DAY OF SALVATION』
[インタビュー] “ヤバさ”はこれだ――BES&ISSUGIの自信が浮かび上がる『VIRIDIAN SHOOT』[インタビュー] 小曽根 真 既存の概念を打ち壊すのではなく、共存するイメージで―― ニューヨーク・フィルハーモニックと共演した『ビヨンド・ボーダーズ』
新譜情報
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015