ニュース

サイモン・フィリップス、新春のBLUE NOTE TOKYOに2公演連続出演  櫻井哲夫と初共演も

サイモン・フィリップス(Simon Phillips)   2017/12/26 13:04掲載
はてなブックマークに追加
サイモン・フィリップス、新春のBLUE NOTE TOKYOに2公演連続出演  櫻井哲夫と初共演も
 世界最高峰のスーパー・ドラマー、サイモン・フィリップス(Simon Phillips)が新春の東京・南青山 BLUE NOTE TOKYOで行なわれる2公演に登場。2018年1月4日(木)、ベーシスト櫻井哲夫が新年を祝うスペシャル・セッション〈櫻井哲夫 New Year Session featuring Shiho宮川純菰口雄矢 with special guest サイモン・フィリップス〉にゲスト出演し、櫻井との初共演を果たします。また、1月5日(金)から7日(日)までの3日間、自身のユニット“プロトコル”を率いて〈サイモン・フィリップス“プロトコル IV”featuring グレッグ・ハウ、アーネスト・ティブス&オトマロ・ルイーズ〉を開催。

 今年9月に2年ぶりの新作『プロトコルIV』を発表したフィリップス。英ロンドンに生まれ、3歳からドラム演奏を開始。ジェフ・ベックミック・ジャガーらをサポートし、近年は上原ひろみ ザ・トリオ・プロジェクトのメンバーとしても活躍しています。ソロ・アーティストとしても1989年の『プロトコル』以来、数々の力作を発表。今回の公演にはロック・ファンにも絶大な人気を誇るギター奏者グレッグ・ハウ、元ジョン・マクラフリン・バンドのキーボード奏者、オトマロ・ルイーズらが参加。座席の予約はBLUE NOTE TOKYOのオフィシャル・サイトをご覧ください。

櫻井哲夫 New Year Session
featuring Shiho、宮川純、菰口雄矢
with special guest サイモン・フィリップス

www.bluenote.co.jp/jp/artists/tetsuo-sakurai

2018年1月4日(木)
東京 南青山 BLUE NOTE TOKYO
1st 開場 16:00 / 開演 17:00
2nd 開場 19:00 / 開演 20:00

[メンバー]
櫻井哲夫(b)
Shiho(vo)
宮川 純(key)
菰口雄矢(g)
Special Guest: サイモン・フィリップス(ds)

チャージ 7,500円(税込 / 飲食代別)

サイモン・フィリップス “プロトコル IV”
featuring グレッグ・ハウ、アーネスト・ティブス&オトマロ・ルイーズ

www.bluenote.co.jp/jp/artists/simon-phillips

2018年1月5日(金)・6日(土)・7日(日)
東京 南青山 BLUE NOTE TOKYO
5日 1st 開場 17:30 / 開演 18:30
5日 2nd 開場 20:20 / 開演 21:00
6日・7日 1st 開場 16:00 / 開演 17:00
6日・7日 2nd 開場 19:00 / 開演 20:00

[メンバー]
サイモン・フィリップス(ds)
グレッグ・ハウ(g)
アーネスト・ティブス(b)
オトマロ・ルイーズ(key)

チャージ 8,500円(税込 / 飲食代別)
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 静的でありながら“不穏の予感”それでいて“快楽そのもの” ギリシャラブ・天川悠雅が目指す、理想の音楽[インタビュー] 西恵利香、2018年へ “いつでもそこで歌ってる人でありたい”
[インタビュー] サクソフォン奏者として、新たにバッハの音楽に息を吹き込む――上野耕平が挑むJ.S.バッハの無伴奏作品集[インタビュー] ビッグバンドは一生もの!――守屋純子がジャズ100周年を祝う「The 100th Anniversary of Jazz: Legends of Yesterday and Today」
[インタビュー] 新しい風が吹いている――吉田ヨウヘイgroupが『ar』で目指したバンド・サウンド[インタビュー] 好きなことや大事にしていることを信じて人生を謳歌しよう ベッド・イン『TOKYO』
[インタビュー] 優しく奏でる篠笛で、安らぎにあふれた時間を――佐藤和哉が妹尾武と紡ぐ初のカヴァー・アルバム[インタビュー] 常に上だけ見ていたい ゆるふわギャング“NENE”初のソロ・アルバムを発表
[インタビュー] 歌声で本当の気持ちを伝えられれば一番いい 桐嶋ノドカ「言葉にしたくてできない言葉を」[インタビュー] 月と対峙してきた人々の想いや営みを、ヴァイオリンの響きで――川井郁子、7年ぶりのオリジナル・アルバム『LUNA』
[インタビュー] たぶん、生きる場所を作ってる――バンドマンという名の生活者、Yellow Studsの軌跡と未来[インタビュー] キャッチーさとストレンジなフィーリングを併せ持つビートメイカー、その名はdoooo
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015