ニュース

ギターポップ・バンド“スパゲッティ・バビューン!”2ndアルバム発売!

spaghetti vabune!   2006/06/20掲載(Last Update:08/03/31 17:57)
はてなブックマークに追加
 “これがギターポップだ!!”と高らかに宣言する神戸発のギターポップ・バンド、スパゲッティ・バビューン! 約3年ぶりのアルバムとなる『GUITAR POP GRAND PRIX!』が7月12日、ついにリリース。前作同様、Plus-Tech Squeeze Boxのハヤシベトモノリをミックス・エンジニアに迎え入れた今回のアルバムでは、キラキラ感溢れるお得意の青春疾走ギターポップに加え、4つ打ちで踊れるダンス・チューンや男気溢れる轟音ナンバーも披露。ギターポップ・クレイジーやUKフリーク、オルタナ愛好家も大満足な、さわやかだけれどガツンとしたアルバムに仕上がっています。

 また同日には、廃盤のため入手困難になっていた1stアルバムが『summer vacation, sunset vehicle –plus-』として再リリース決定。novaFaseのリミックスを含む4曲をボーナス・トラックとして加え、アートワークも全面リニューアル。買いそびれていた人はもちろん、すでに持っている人も買う気にさせてくれる1枚になっています。
バンドのオフィシャル・サイトでは、楽曲解説やアウトテイクが聴ける、アルバム発売記念のポッドキャストも期間限定で配信中。そして夏には東京、名古屋、大阪の3ヵ所にてアルバムのレコ発ライヴを敢行。こちらも見逃せないメンツが揃ってますよ。

●Spaghetti Vabune! 『GUITAR POP GRAND PRIX!』
(BBCD-013 税込価格¥2,310 )
1. this is guitar pop!!
2. tiger
3. prime plumstar
4. cp
5. race U.K.
6. explosion
7. lesson2 – intermission
8. wendy
9. TYO
10. view
11. Que
12. Katie

スパゲッティ・バビューン! レコ発ライヴ
【日程】7/16(SUN)
【会場】名古屋 新栄 CLUB ROCK‘N’ROLL
【出演】
●Spaghetti Vabune!
●煙突リヴァーブ
●レッサーホース
●kotris
●averoa
●hospital bed

“GUITAR POP GRAND PRIX!! 〜シャングリラ・カップ〜”
【日程】7/22(SAT)
【会場】梅田Shangri-La
【出演】
●Spaghetti Vabune!
●capsule
●Eel
●polyABC
【DJ】 グルーヴあんちゃん (novaFase)

“GUITAR POP GRAND PRIX!! 〜ネスト・カップ〜”
【日程】8/6(SUN)
【会場】渋谷O-nest
【出演】
●Spaghetti Vabune!
●エイプリルズ
●HAIRSALON
●Trans alphabet
and more
【DJ】 sekine (boy meets girl/Klub shibuya-K)
オール・ジャンル 最新ニュース
 
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ノリとヴァイブスだけで作った音楽を“ヒップホップ”としてパッケージ化する GRADIS NICE & YOUNG MAS(Febb)[インタビュー] 密接な関係性ありきの音楽 MIKUMARI×OWL BEATS『FINEMALT NO.7』
[インタビュー] (想像以上に)挙動不審!? 廣瀬真理子が総勢22人の“ドリアンな奴ら”を率いてアルバムをリリース[インタビュー] 「知らない土地で出会う風景や人から音楽が生まれる」 ――ピアニスト、ジェイコブ・コーラーが描くシネマティックな世界
[インタビュー] 上原ひろみが驚異のハープ奏者エドマール・カスタネーダとのデュオ・プロジェクトを始動[インタビュー] “いいっすよ”から17年――サイプレス上野とロベルト吉野、ミニ・アルバム『大海賊』でメジャー・デビュー
[インタビュー] “今この時”を、考える――中村雅俊が「どこへ時が流れても / まだ僕にできることがあるだろう」に込めた同世代へのメッセージ[インタビュー] “何があっても”楽しく生きるんだという覚悟 真心ブラザーズ『FLOW ON THE CLOUD』
[インタビュー] サクソフォン四重奏を知らないかたにも素晴らしさを伝えたい――The Rev Saxophone Quartetが追求する伝統とオリジナリティ[インタビュー] ヒグチアイが目指す歌は、おしゃれじゃないけど“大切にしてきたもの”
[インタビュー] 若いリスナーにも良い音楽を届けたい――MASATOとMinnesotahが語る『KANDYTOWN LIFE presents “Land of 1000 Classics”』[インタビュー] Less Than TV25周年 大石規湖監督が記録した“ある家族”の日常、ドキュメンタリー映画「MOTHER FUCKER」
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015