ニュース

Special Favorite Music、「スタンドバイミー」のMVを公開

Special Favorite Music   2017/10/13 13:02掲載
はてなブックマークに追加
 8月2日にリリースしたニュー・アルバム『Royal Blue』が話題の、関西を中心に活動する大所帯ポップス・バンド、Special Favorite Musicが、同アルバムから「スタンドバイミー」のミュージック・ビデオを公開。映像のディレクションは、ミツメYkiki BeatLUCKY TAPESなど数々のMVを手がける関山雄太が担当。

 また、三浦太郎(フレンズ)、ファンファン(くるり)、福富優樹(Homecomings)、モリシー(Awesome City Club)、山崎二郎(BARFOUT!)による、Special Favorite Musicについてのコメントがオフィシャル・サイトにて公開されています。

 『Royal Blue』のリリース・ツアーは、先日大盛況のうちに終了した東京・新代田 FEVERで行われた初のワンマン公演に続いて、10月27日(金)愛知・名古屋 CLUB UPSET、10月30日(月)大阪・心斎橋 Music Club JANUSにて開催されます。両日ともにワンマン公演となります。

拡大表示

スカンジナビア半島から、90年代アメリカンポップス経由で2017年に届いた、最高のポップミュージック!センスましましのみんなに嫉妬しかない、全名曲の素晴らしい作品!
僕の推しはStand By Me!!

――三浦太郎(フレンズ)

鼓笛隊の生演奏で社交ダンス踊りたくなる感じだ。てんで踊れなくてもやってみたくなる感じだ。ハッピーで艶やかな音のかけらたち!に、浄化してもらっちゃった。音色がたくさんあって聴いてておもろい。そこのあなたもぜひ、ご一聴ください。
――ファンファン(くるり)

このアルバムを聞きながら街中を歩いていると、
何故だか涙腺が緩んでくる。街の灯りが滲んでとても綺麗だ。
涙溢れるような美しいメロディが沢山詰まっている。
ソングライターのkumeちゃんは僕の親友なんだ。
親友が素晴らしい作品をドロップして嬉しいな。

――モリシー(Awesome City Club)

special favorite musicはコードの魔法を知っている、とても貴重なバンドのひとつ。絶対に。
――福富優樹(Homecomings)

1stシングル「Ceremony」があまりに素晴らくて、既に今年最も聴いてる曲になってるので、この2ndアルバム・リリースが嬉し過ぎ!
オープニングからこの多幸感、ワクワク感は何?って感じ。ライヴで観て確認したのは、新世代シティ・ポップとして捉えらえがちだけど、今のヒップホップ、R&Bのリズム感がビートにあるってこと。そこに、ヴァイオリン、サックスなどの管楽器メンバー含めて奏でるアンサンブルが乗ると、オリジナリティ溢れるサウンドになるのだ。

――山崎二郎(BARFOUT!)

■2017年8月2日(水)発売
Special Favorite Music
Royal Blue

PCD-83000 2,300円 + 税

[収録曲]
01. Royal Memories
02. スタンドバイミー
03. Ceremony
04. Secret Keys
05. Goodnight
06. Highlights
07. EVER
08. The Entertainment

Special Favorite Music
『Royal Blue』リリース・ツアー

2017年9月9日(土)富山 HOTORI x ほとり座
2017年9月17日(日)香川 高松 TOONICE
2017年9月17日(日)香川 高松 STUDIO UNDERSEA(アフターパーティー)
2017年9月30日(土)広島 スマトラタイガー
2017年10月1日(日)福岡 Kieth Flack
2017年10月6日(金)東京 新代田 FEVER
2017年10月27日(金)愛知 名古屋 CLUB UPSET
2017年10月30日(月)大阪 心斎橋 Music Club JANUS
オール・ジャンル 最新ニュース
 
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ノリとヴァイブスだけで作った音楽を“ヒップホップ”としてパッケージ化する GRADIS NICE & YOUNG MAS(Febb)[インタビュー] 密接な関係性ありきの音楽 MIKUMARI×OWL BEATS『FINEMALT NO.7』
[インタビュー] (想像以上に)挙動不審!? 廣瀬真理子が総勢22人の“ドリアンな奴ら”を率いてアルバムをリリース[インタビュー] 「知らない土地で出会う風景や人から音楽が生まれる」 ――ピアニスト、ジェイコブ・コーラーが描くシネマティックな世界
[インタビュー] 上原ひろみが驚異のハープ奏者エドマール・カスタネーダとのデュオ・プロジェクトを始動[インタビュー] “いいっすよ”から17年――サイプレス上野とロベルト吉野、ミニ・アルバム『大海賊』でメジャー・デビュー
[インタビュー] “今この時”を、考える――中村雅俊が「どこへ時が流れても / まだ僕にできることがあるだろう」に込めた同世代へのメッセージ[インタビュー] “何があっても”楽しく生きるんだという覚悟 真心ブラザーズ『FLOW ON THE CLOUD』
[インタビュー] サクソフォン四重奏を知らないかたにも素晴らしさを伝えたい――The Rev Saxophone Quartetが追求する伝統とオリジナリティ[インタビュー] ヒグチアイが目指す歌は、おしゃれじゃないけど“大切にしてきたもの”
[インタビュー] 若いリスナーにも良い音楽を届けたい――MASATOとMinnesotahが語る『KANDYTOWN LIFE presents “Land of 1000 Classics”』[インタビュー] Less Than TV25周年 大石規湖監督が記録した“ある家族”の日常、ドキュメンタリー映画「MOTHER FUCKER」
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015