ニュース

スピッツ、ツアーで新曲「つぐみ」を披露!

スピッツ   2010/06/23 14:09掲載
MyCDJ お気に入りリストに「」を追加/削除する はてなブックマークに追加
スピッツ、ツアーで新曲「つぐみ」を披露!
 6月23日にニュー・シングル「つぐみ」をリリースするスピッツが、6月22日に全国ツアー<SPITZ JAMBOREE TOUR 2010>の神奈川公演を開催。「つぐみ」をはじめとした豪華なセットリストで会場を盛り上げました!

 この日、会場である神奈川県民ホールに集まった2,500人ものファンへ向けて、スピッツが披露したのはリリース前の新曲からデビュー時の楽曲など、新旧織り交ぜた23曲の名曲ばかり。

 特にファンの注目を集めたのは、6月23日にシングルとしてリリースされる「つぐみ」、そして一緒に収録される「花の写真」「恋する凡人」、発売は決まってないが、ゆうちょ銀行のCMとして話題を呼んでいる「ビギナー」、ライヴでしか披露されていない楽曲(タイトルは未定)という、5つの新曲。

 そのほかにも代表曲「チェリー」や名曲「ヒバリのこころ」などを披露し、アップ・テンポなものから、しっとりと落ち着いたナンバーまで、幅広い楽曲陣に観客はみな手を振り、時にはゆっくりと体を揺らしながら聴き入り、一体となった会場は一足先に真夏を迎えたかと思うほどの熱気と、感動に包まれました!

 ライヴの途中では草野正宗(vo)が「ブルーライトヨコハマ」を弾き語るというサプライズ(!)や、メンバーのそれぞれの横浜エピソード、「実は新曲<つぐみ>のビデオクリップは横浜で撮影していた」など秘蔵のトークも。

 間もなく結成23周年を迎えるスピッツ。「みんなの声援のおかげで長くバンドを続けれられて幸せ、年を取ってもずっとバンドを続けていきたい」と語り、最後には「ジメジメを吹き飛ばす熱いパワーをもらったぜ!」とファンに感謝の気持ちを伝え、ステージを締めくくりました。

 新曲「つぐみ」は、4月からツアーで披露され話題を呼んでいたスピッツの王道とも言えるポップさと力強さに満ちたロック・ナンバー。このシングルには「つぐみ」の今ツアーでのライブテイクも収録され、異なる魅力が楽しめる意欲作となっています。さらに、ツアー後にはニュー・アルバムのリリースも! スピッツの最新情報については、ユニバーサルミュージックのフリー・メルマガでチェックを!
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ふっと飛び込んでくるワンフレーズ “現場の音楽”HIT『Be!!』[インタビュー] 深くて豊かな音楽を目指した“名盤” 石橋 凌『may Burn!』
[インタビュー] 私は変わり続ける。それは“出会い”を意味しているから――コリーヌ・ベイリー・レイ[インタビュー] 美しさと暴力性、Ramzaの“手”に触れる『pessim』
[インタビュー] 自分の存在を“やり続けること”で知らせる――ISSUGI×MASS-HOLE[インタビュー] ヒップホップとしてかっこよくいられたら――C.O.S.A.『Girl Queen』
[インタビュー] 今のラフィンノーズは超おもしろい――“50代のラフィンロール”を体現した新作『50’s ROLL』[インタビュー] 自分の中にある伝統と革新―― 島 裕介が新世代ミュージシャンを率いて『Silent Jazz Case 3』を発表
[インタビュー] たまには母ちゃんにみたらし団子を買ってかったりしぃや!――SHINGO★西成が3年をかけて辿り着いた『ここから・・・いまから』[インタビュー] “大人ってカッコいい”と思えるような歌 ISEKI×中田裕二『AOR FLAVA』
[インタビュー] 研ぎ澄まされた4人のアンサンブル――ライヴ・ベスト・アルバム『echoes』をリリースしたbohemianvoodoo[インタビュー] 児玉桃、マンフレート・アイヒャーとの出会いとドビュッシー&細川俊夫の音楽を語る
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015