ニュース

『リトル・ダンサー』のスティーヴン・ダルドリー監督最新作、『トラッシュ!-この街が輝く日まで-』公開

スティーヴン・ダルドリー   2014/10/31 15:24掲載
はてなブックマークに追加
『リトル・ダンサー』のスティーヴン・ダルドリー監督最新作、『トラッシュ!-この街が輝く日まで-』公開
 『リトル・ダンサー』や『めぐりあう時間たち』などで知られるスティーヴン・ダルドリー監督の最新作、『トラッシュ!-この街が輝く日まで-』(原題: TRASH)が来年1月9日(金)に公開。予告編が公開されました。

 ――ブラジル、リオデジャネイロの郊外。ゴミを拾って生活している3人の少年は、ある日、ゴミ山の中でひとつのサイフを拾う。そのサイフには世界を震撼させる重大な秘密が隠されていた。警察はサイフの大捜索を開始し、街は大混乱に陥ってしまう。しかし少年たちは自らの信じる“正しい道”を選ぶため、サイフに隠された謎を解き明かす決心をする。執拗に追跡してくる警察の手をすり抜け、少年たちは知恵を働かせ、ひとつの真実に近づいていく。彼らが命をかけて追い求めた真実はやがて、この街全体の希望に輝いていく――。

 脚本は、『ラブ・アクチュアリー』、『アバウト・タイム〜愛おしい時間について〜』などで監督としてもお馴染みのリチャード・カーティスが担当しており、イギリスを代表する2大フィルムメーカーが初タッグ。これまでの互いの作品にはなかった、手に汗握る、先の読めないスリリングなストーリーという新たな境地に挑んでいます。

 真実を求め、スクリーンの中で躍動する生命力に溢れた3人の少年を演じたのは、オーディションで選ばれた無名の少年たち。また、肉親からも世間からも見放された子どもたちを優しく導くアメリカ人神父役に名優マーティン・シーン、母親のように彼らを見守る若き女性オリビアを『ドラゴン・タトゥーの女』でアカデミー賞主演女優賞にノミネートされたルーニー・マーラが演じるなど豪華キャストが脇を固め、人間味溢れる存在感で物語に引き込んでいきます。

 三池崇史監督・福士蒼汰主演『神さまの言うとおり』が出品された〈第9回ローマ国際映画祭〉コンペティション部門のひとつ、ガラ部門で見事受賞を果たした『トラッシュ!-この街が輝く日まで-』、ぜひ劇場でご覧ください。


(C)Universal Pictures

『トラッシュ!-この街が輝く日まで-』
2015年1月9日(金)TOHOシネマズ みゆき座ほか全国ロードショー!
配給: 東宝東和
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 「でもしょうがないんだよね」と言ってほしい。言ってあげたい――ヒグチアイの“らしさ”が詰まった『日々凛々』[インタビュー] ある意味ニセモノ──半田健人が構築した“メタ・フォーク”アルバム『生活』
[インタビュー] 人を思って、願う気持ちが愛情――YU-A、3年振りの新作『OFF』[インタビュー] やらせたらスゴい──不良のメンタリティとストイックな姿勢を併せ持つラッパー・デュオ、GAZZA CROOKS
[インタビュー] 音楽を作り、演奏する――“覇道を往く”陰陽座の決意表明[インタビュー] GFRIEND 巷で噂のK-POPグループ、日本本格上陸
[インタビュー] シャープだけど薄くない、ただただカッコイイことだけをやりたいグループ――Cracks Brothers[インタビュー] 歌声で彩りを――“ヴォーカル”グループとして新たな道を切り拓くCOLOR CREATION
[インタビュー] パーティは終わった――2018年、STRUGGLE FOR PRIDEが贈る憎しみの音楽[インタビュー] もう変わる必要はないし、これをずっとやっていけばいい “時代を逆走する”小林太郎の決意と信念
[インタビュー] 原動力は愛、すべてのものへの愛――般若『話半分』[インタビュー] 限りあるこの日々を追い続けよう――伝説のアイドル、セイントフォー再始動
新譜情報
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015