ニュース

スガダイロー、ソロ・ピアノ作品『季節はただ流れて行く』をライヴ会場限定でリリース

スガダイロー   2018/03/20 12:17掲載
はてなブックマークに追加
スガダイロー、ソロ・ピアノ作品『季節はただ流れて行く』をライヴ会場限定でリリース
 日本の音楽シーンに旋風を巻き起こし続けるジャズ・ピアニスト、スガダイローが新作ピアノ・ソロ・アルバム『季節はただ流れて行く』(VSP-0017 3,000円 + 税)を3月19日(月)よりライヴ会場とベルベットサン・ネットストアにて限定発売を開始。一般発売は7月に予定されています。

 本作品は、スガが“暦”をテーマに毎月1曲ずつ1年を費やして作曲した楽曲で構成。これまでのスリリングで破壊的ともいえる演奏スタイルを一新するような静謐で美しい旋律による13曲を収録しています。演奏には1987年製造のスタインウェイ・フルコンサート・ピアノが用いられ、音響にもこだわった録音で、スガの新境地ともいえる内容となっています。さらに、本作のフルスコアが掲載された全51ページのスガ初となる譜面集「季節はただ流れて行く」(VELVETSUN PRODUCTS刊、2,500円 + 税)も同時発売。

 また、3月30日(金)愛知・名古屋 STORE IN FACTORYを皮切りにリリース・ツアーも開催。6月15日(金)に東京・五反田文化センター 音楽ホールで開催されるピアノ・ソロ・コンサートでは、新作録音と同じ環境での演奏となります。



■2018年3月19日(月)発売
スガダイロー
『季節はただ流れて行く』

VSP-0017 3,000円 + 税
ライヴ会場・通販限定

[収録曲]
01. 花残月 April
02. 皐月 May
03. 季夏 June
04. 七夕月 July
05. 葉月 August
06. 晩秋 September
〜休憩 intermission〜
07. 神無月 October
08. 仲冬 November
09. 春待月 December
10. 正月 January
11. 如月 February
12. 花見月 March
13. 海は見ていた With the sea

[演奏]スガダイロー(p)


■2018年3月19日(月)発売
スガダイロー
「季節はただ流れて行く」

VELVETSUN PRODUCTS
2,500円 + 税

Dairo Suga Solo Piano Release Tour 2018 Spring

3月30日(金)愛知 名古屋 STORE IN FACTORY
4月 1日(日)大阪 梅田 Mr.Kelly's
4月 3日(火)福岡 ニューコンボ
4月 4日(水)佐賀 シネマテーク
4月 5日(木)熊本 Restaurant Bar CIB
4月 6日(金)福岡・久留米 トラノコカフェ
4月 7日(土)岡山 蔭凉寺
4月 8日(日)京都 Live Spot RAG
4月11日(水)群馬 桐生 Village
4月12日(木)長野 バックドロップ
4月14日(土)茨城 水戸 Jazz Room Cortez
4月15日(日)東京 新宿 PIT INN


Dairo Suga Solo Piano Release Concert

2018年6月15日(金)
東京 五反田文化センター 音楽ホール
開場 18:00 / 開演 19:00
前売り 4,000円 / 当日 4,500円
予約 ベルベットサン・ネットストア
velvetsun.ticket(at)gmail.com(担当: 中村)
オール・ジャンル 最新ニュース
 
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 屈強でしなやかな東京のヒップホップ――KANDYTOWNのビートメイカー、MIKIがファースト・ソロ・アルバム『137』を発表[インタビュー] より肉体的なものへ――神奈川・逗子を拠点とするHalf Mile Beach Clubが初の単独作を発表
[インタビュー] “続編”ではなく“新作”を作ろう きゃりーぱみゅぱみゅ「きみのみかた」[インタビュー] “俺の不幸で踊ってくれ!”――沖縄出身のラッパー、唾奇が最新作『道-TAO-』をリリース
[特集] [LIVE Report] まっすぐな気持ちを届けてくれる藤田麻衣子の歌[インタビュー] 自分というジャンルをちゃんと作りたい “シンガー・ソングライター”Nao Kawamura初のフル・アルバム『Kvarda』
[インタビュー] 「アワ・マン・イン・トーキョー〜バラッド・オブ・シン・ミヤタ」、宮田 信の仕事とは?[特集] ヘルベルト・フォン・カラヤン生誕110年記念! 数々の名盤が“理想の音”に迫る高音質で登場
[インタビュー] いい歌をたくさん歌って、レコーディングして残したい――フォルテ・ディ・クアトロのセカンド・アルバム『アヴェ・マリア〜CLASSICA』[インタビュー] 決め手は興奮が蘇ってくるかどうか――THOUSAND EYESが放つ“最高傑作”『DAY OF SALVATION』
[インタビュー] “ヤバさ”はこれだ――BES&ISSUGIの自信が浮かび上がる『VIRIDIAN SHOOT』[インタビュー] 小曽根 真 既存の概念を打ち壊すのではなく、共存するイメージで―― ニューヨーク・フィルハーモニックと共演した『ビヨンド・ボーダーズ』
新譜情報
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015