ニュース

沖縄出身シンガー・ソングライター“Suzu”、2014年メジャー・デビューが決定

Suzu(Ncube Entertainment)   2013/12/03 18:28掲載
はてなブックマークに追加
沖縄出身シンガー・ソングライター“Suzu”、2014年メジャー・デビューが決定
 沖縄出身、19歳のシンガー・ソングライター“Suzu(すず)”が12月2日、東京では初となるワンマン・ライヴ〈Suzu‘step by step’The 1st step in Tokyo〉を渋谷 eggmanにて開催。公演中、2014年2月12日(水)にミニ・アルバム『step by step』をリリースし、メジャー・デビューを果たすことが発表されました。

 昨年11月に自主リリースした1stシングル「うそつき」がFM沖縄の12月度パワープッシュ楽曲に選出され、ローカルチャート1位を獲得。今年春からは、日本のアーティストに多数楽曲を提供、過去5年間に関わった楽曲のトータル・セールスが2,000万枚を誇るスウェーデンのヒットメイカー、エリック・リボムをプロデューサーに迎え、共同での楽曲制作をスタート。Suzuの稀有なメロディセンスとエリック・リボムによるエッジィなサウンドの融合が、すでに注目を集めています。

 ライヴ当日は、ステージに登場すると「今日はSuzuのライブに来てくれてありがとうございます!」と挨拶。「うそつき」「別れみち」といった代表曲のほか、未発表曲を含む計11曲を披露。伸びやかなパフォーマンスで会場を魅了しました。メジャー・デビューについて「これからも全力で頑張って行くので、Suzuをよろしくお願いします!」と意気込みを語り、10月よりテレビ東京系アニメ「マイリトルポニー〜トモダチは魔法〜」エンディングテーマとしてオンエア中のメジャー・デビュー作収録曲「step by step」も披露しました。

 また、メジャー・デビューに先駆け、『step by step』収録曲「Open that door」の英詞ヴァージョン「WE GOT THAT SOMETHING」が、アイスランド、スウェーデン、デンマーク、ノルウェー、フィンランドの北欧5ヵ国にてiTunesでの配信が開始されています。こちらの楽曲は、バックストリート・ボーイズインシンクブリトニー・スピアーズボン・ジョヴィセリーヌ・ディオンケイティ・ペリーなどに楽曲を提供し、そのトータル・セールスは1億5000万枚を超えるというスウェーデン生まれのコンテンポラリー・ソングライター、アンドレアス・カールソンがSuzuのメロディに英語詞をつけたもの。

 さらに、2014年1月からは「FM横浜」(84.7MHz)にてレギュラー番組を持つことも決定。『step by step』には未収録の新曲「you can do it!」がテレビ東京系「探検ドリランド-1000年の真宝-」のエンディングテーマとなることも決定しています。

 「夢は、世界中の人にSuzuの歌を聴いてもらうこと」と語るSuzu。「そのために日本語でも英語でも歌詞を書いて歌うシンガーソングライターになりたいんです。世界中に歌いに行きたいなって思ってる」と意気込む彼女の今後に要注目です。

クリックすると大きな画像が表示されますクリックすると大きな画像が表示されます


■2014年2月12日(水)発売
Suzu
『step by step』

通常盤 UPCH-1966 税込1,500円
沖縄限定盤 PROJ-1010 税込1,500円(1月29日先行発売)

[収録曲]
01. step by step
02. Open that door
03. キミとボク
04. アクアマリン
05. 別れみち
06. うそつき - 2014re-mix ver. *
07. 告白 *
* 沖縄限定盤のみ収録
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 上原ひろみが驚異のハープ奏者エドマール・カスタネーダとのデュオ・プロジェクトを始動[インタビュー] “いいっすよ”から17年――サイプレス上野とロベルト吉野、ミニ・アルバム『大海賊』でメジャー・デビュー
[インタビュー] “今この時”を、考える――中村雅俊が「どこへ時が流れても / まだ僕にできることがあるだろう」に込めた同世代へのメッセージ[インタビュー] “何があっても”楽しく生きるんだという覚悟 真心ブラザーズ『FLOW ON THE CLOUD』
[インタビュー] サクソフォン四重奏を知らないかたにも素晴らしさを伝えたい――The Rev Saxophone Quartetが追求する伝統とオリジナリティ[インタビュー] ヒグチアイが目指す歌は、おしゃれじゃないけど“大切にしてきたもの”
[インタビュー] 若いリスナーにも良い音楽を届けたい――MASATOとMinnesotahが語る『KANDYTOWN LIFE presents “Land of 1000 Classics”』[インタビュー] Less Than TV25周年 大石規湖監督が記録した“ある家族”の日常、ドキュメンタリー映画「MOTHER FUCKER」
[インタビュー] ISEKIが追求する“自分らしさ”とは J-POPカヴァー集第2弾『AOR FLAVA -sweet blue-』[インタビュー] アイドルやめた――“渋谷系ガールズロックユニット”に転身したCANDY GO!GO!のリアル
[インタビュー] KANDYTOWNの新たな方向性も感じさせるソロ・アルバム、MUD『Make U Dirty』[インタビュー] 音楽にとどまらない、発想としての面白さ――ジェフ・パーカーがゆっくり語る『The New Breed』
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015