ニュース

ミュージシャンにして、映像作家であり、プロ無職者こと高木壮太が贈るデビュー金言集が発売!

高木壮太   2012/02/17 17:24掲載
はてなブックマークに追加
ミュージシャンにして、映像作家であり、プロ無職者こと高木壮太が贈るデビュー金言集が発売!
 GREAT3BONNIE PINKYUKIEL-MALOから和田アキ子といったアーティストのサポートでもお馴染み、バンドLOVE ME TENDERのメンバーとして活躍するミュージシャンにして、2010年に初のトーキー作品『RAWLIFEとその時代』を完成させた映像作家であり、そしてプロ無職者でもある、高木壮太氏による金言集『プロ無職入門 高木壮太の活ける言葉』が3月2日に発売されます。

 本書は、高木氏がインターネット上に書きなぐった暴言と雑学を1冊にまとめたもの。Twitterでフォロワーを爆笑と激怒で炎上させた名ツイート400本、mixiでマイミクを感涙&覚醒させた妄想日記やコラムを150本、そして書き下ろしも収録。無職であり続け、くだらないことや不謹慎なことを哲学し、知識を蓄えて来た氏の、頭と心の中を垣間見ることができるかもしれないしできないかもしれない、貴重な作品となっています。


※3月2日発売
■『プロ無職入門 高木壮太の活ける言葉』
定価1,890円
ISBN:978-4-906700-16-5
オール・ジャンル 最新ニュース
 
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] アイドルやめた――“渋谷系ガールズロックユニット”に転身したCANDY GO!GO!のリアル[インタビュー] KANDYTOWNの新たな方向性も感じさせるソロ・アルバム、MUD『Make U Dirty』
[インタビュー] 音楽にとどまらない、発想としての面白さ――ジェフ・パーカーがゆっくり語る『The New Breed』[インタビュー] 良い意味で遠回りをしてきた――20周年を前に、韻シストが開けた次への扉
[インタビュー] 過去を否定せず、未来を大切にする 渡瀬マキが語る“Fresh”なLINDBERG[インタビュー] トロピカルハウスを取り入れても、最後は自分たちの曲になる ココロオークションの自信と革新性
[インタビュー] ファースト・キスは1回しかないのがいい メンバーの“リアル”を大声で歌うロック・バンド、The MANJI[インタビュー] “熱さ”が戻ってきた――ユニットとしての自覚が芽生えた“今のChu-Z”
[インタビュー] 便利で何でも手に入る時代だからこそ必要なこと――須永辰緒が導くジャズ最前線[インタビュー] ふっと飛び込んでくるワンフレーズ “現場の音楽”HIT『Be!!』
[インタビュー] 深くて豊かな音楽を目指した“名盤” 石橋 凌『may Burn!』[インタビュー] 私は変わり続ける。それは“出会い”を意味しているから――コリーヌ・ベイリー・レイ
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015