ニュース

テンテンコがEP『きけんなあなた』から坂本慎太郎作詞・作曲「なんとなくあぶない」のMVを公開

テンテンコ   2017/12/06 13:54掲載
はてなブックマークに追加
テンテンコがEP『きけんなあなた』から坂本慎太郎作詞・作曲「なんとなくあぶない」のMVを公開
 伊東篤宏とのデュオ作『ZVIZMO』が話題のテンテンコが、新作EP『きけんなあなた』をリリース。12月6日(水)からの配信開始に合わせ、YouTubeでは坂本慎太郎が作詞・作曲を務めた収録曲「なんとなくあぶない」のミュージック・ビデオが公開されています。

 『きけんなあなた』には「なんとなくあぶない」に加え、ソロ・デビュー曲「Good bye, Good girl.」以来のタッグとなったKosuke.T / SungY Parkプロデュースの「危険なハイウェイ」、足立大輔とオジマサイリ aka PKNY(CASIOトルコ温泉, neco眠る)のデュオ“EMERALD FOUR”による「SUKUSUKU」「アロエ・ベラ」、UKROMAKE CLUB)アレンジの榊原郁恵「ROBOT」カヴァー、PellyColoプロデュース曲「夜間飛行」の全6曲を収録。カヴァー・アートには沖 真秀の描き下ろし作品がフィーチャーされています。

 なお、12月中も数々のイベント出演を控えるテンテンコは、12月11日(月)に元water faiの呉山夕子 aka KOPYとの2マン・ショウ〈Woman's World クレちゃんとテンテンコの二人会〉、24日(日)にはワンマン〈テンテンコ ひとりぼっちのクリスマス〉をいずれも東京・恵比寿 BATICAにて開催します。



Woman's World
クレちゃんとテンテンコの二人会

2017年12月11日(月)
東京 恵比寿 BATICA
出演: KOPY / テンテンコ
開場 20:00 / 開演 20:30
当日 1,000円

テンテンコ
ひとりぼっちのクリスマス

2017年12月24日(日)
東京 恵比寿 BATICA
開場 12:00 / 開演 12:30
当日 1,500円(税込 / 別途2ドリンク代)
※プラ板先着30人プレゼント


■2017年12月6日(水)発売
テンテンコ
『きけんなあなた』

税込1,050円

[収録曲]
01. 危険なハイウェイ
prod. Kosuke.T, SungY Park
02. SUKUSUKU
prod. EMERALD FOUR
03. ROBOT
arr. UKR
04. アロエ・ベラ
prod. EMERALD FOUR
05. 夜間飛行
prod. PellyColo
06. なんとなくあぶない
作詞・作曲 坂本慎太郎

■2017年11月2日(木)発売
ZVIZMO
ZVIZMO

BSJ-015 2,000円 + 税

[収録曲]
01. DA DA LAND
02. koushicha Irarenai(feat. 鎮座DOPENESS)
03. ZVIZMO
04. From Dusk Till Dawn
05. Fu Ku Tsu No Ta Mi
06. error
07. Meltdown Mambo(Chotto dakeyo)
08. Jackalope party
09. The Loch Ness Monster
10. To-o-ku, Dope / Nagucchau(feat. K-BOMB)
11. Schizombie's food
12. Larugeus
オール・ジャンル 最新ニュース
 
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 屈強でしなやかな東京のヒップホップ――KANDYTOWNのビートメイカー、MIKIがファースト・ソロ・アルバム『137』を発表[インタビュー] より肉体的なものへ――神奈川・逗子を拠点とするHalf Mile Beach Clubが初の単独作を発表
[インタビュー] “続編”ではなく“新作”を作ろう きゃりーぱみゅぱみゅ「きみのみかた」[インタビュー] “俺の不幸で踊ってくれ!”――沖縄出身のラッパー、唾奇が最新作『道-TAO-』をリリース
[特集] [LIVE Report] まっすぐな気持ちを届けてくれる藤田麻衣子の歌[インタビュー] 自分というジャンルをちゃんと作りたい “シンガー・ソングライター”Nao Kawamura初のフル・アルバム『Kvarda』
[インタビュー] 「アワ・マン・イン・トーキョー〜バラッド・オブ・シン・ミヤタ」、宮田 信の仕事とは?[特集] ヘルベルト・フォン・カラヤン生誕110年記念! 数々の名盤が“理想の音”に迫る高音質で登場
[インタビュー] いい歌をたくさん歌って、レコーディングして残したい――フォルテ・ディ・クアトロのセカンド・アルバム『アヴェ・マリア〜CLASSICA』[インタビュー] 決め手は興奮が蘇ってくるかどうか――THOUSAND EYESが放つ“最高傑作”『DAY OF SALVATION』
[インタビュー] “ヤバさ”はこれだ――BES&ISSUGIの自信が浮かび上がる『VIRIDIAN SHOOT』[インタビュー] 小曽根 真 既存の概念を打ち壊すのではなく、共存するイメージで―― ニューヨーク・フィルハーモニックと共演した『ビヨンド・ボーダーズ』
新譜情報
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015