ニュース

寺門ジモンの絶対に食べて欲しいガツ飯、BeeTVで配信!

寺門ジモン   2012/09/07 15:48掲載
はてなブックマークに追加
寺門ジモンの絶対に食べて欲しいガツ飯、BeeTVで配信!
 9月1日(土)よりDocomoの動画配信サービス「BeeTV」にて、ダチョウ倶楽部寺門ジモンが薦める最強“ガツ飯”(手軽な値段で美味しく、お腹いっぱいになる料理の総称!)を紹介する番組『寺門ジモンの絶対に食べて欲しいガツ飯』が配信開始! これを記念し、肉料理の名店「ミート矢澤」を会場に、番組の大ヒット目指すガツ飯トーク&松阪牛試食会が行なわれました。

 颯爽と会場へ現れた寺門は「みんな、今日はよく集まってくれた! ガツ飯の魅力をたっぷり紹介するぞ!」と宣言、そこへ独自のルートで手に入れた兵庫県産の高級松阪牛のヒレ肉4kgが登場。松阪市のブランド大使である寺門だからこそ手に入れられた食材に、思わずどよめきが!

 寺門は、ブランド大使の名刺を配りつつ「松坂牛は全てがメス牛なんです」「肉は切れば味が落ちるので、アウトドアなどの時はまとまっている肉を買って下さい」と、博識ぶりをレコメンドしつつ、調理を開始(ここでも、本わさびや油、伊勢醤油、ガラス塩などを寺門自身が用意)。しっかりと『寺門ジモンの絶対に食べて欲しいガツ飯』の番組紹介もしながら、「自分の知っているガツ飯をしっかりと映像におさめたかった」とガツ飯についての熱意を語る。

寺門ジモン

寺門ジモン

 肉が焼きあがり「罰ゲームくらいにわさびをかけないと美味しくない」とわさびを大量にかけ、伊勢醤油と合わせ、寺門が振舞ったヒレ肉。会場中が絶賛の嵐に! 寺門は「ガツ飯は広がり続けるし、俺のガツ飯は12話なんかで収まる訳ないんだから、まだまだ続けていくさ!」と早くも番組続編に向けての意気込みも飛び出す! 最後は「お肉サイコー! ぜひ番組を観て僕のトークのウザさにニヤっとして頂ければ」と、言葉を寄せています。

※「BeeTV」にて配信中
■『寺門ジモンの絶対に食べてほしいガツ飯』

http://beetv.jp/pg/10000413/
毎週木曜日更新・全12話(1話:約10分)
出演:寺門ジモン
製作・著作:BeeTV

(C)BeeTV
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 一緒に挑戦していきたい――すべてを出すことができるアンサンブル“MIZUTANI×TAIRIKU”[インタビュー] “雑食主義”のフィメール・ラッパー、HITが放つファースト・アルバム『THE HIT』!
[インタビュー] 一音一音の美しさを目指して――本田珠也がICTUS Trioを始動[インタビュー] ジャズ・シンガーとして新たな一歩を踏み出したMoon『Kiss Me』
[インタビュー] ソムリエのように、ピアノ音楽の楽しさを伝える――大井 健が初の映像作品『Piano Love The Movie』を発表[インタビュー] 自分たちも知らない、さらなる可能性を求めて――DaizyStripper「4GET ME NOT」
[インタビュー] スペシャルインタビュー 坂本慎太郎[インタビュー] 飼い慣らされない女たち――キノコホテル創業10周年 マリアンヌ東雲が2017年を振り返る
[インタビュー] 静的でありながら“不穏の予感”それでいて“快楽そのもの” ギリシャラブ・天川悠雅が目指す、理想の音楽[インタビュー] 西恵利香、2018年へ “いつでもそこで歌ってる人でありたい”
[インタビュー] サクソフォン奏者として、新たにバッハの音楽に息を吹き込む――上野耕平が挑むJ.S.バッハの無伴奏作品集[インタビュー] ビッグバンドは一生もの!――守屋純子がジャズ100周年を祝う「The 100th Anniversary of Jazz: Legends of Yesterday and Today」
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015