ニュース

UKジャズ・ファンク・バンド、ザ・ベイカー・ブラザーズが新作を携えて来日公演を開催

ザ・ベイカー・ブラザーズ(The Baker Brothers)   2017/01/06 13:57掲載
はてなブックマークに追加
 UKジャズ・ファンク・バンド、ザ・ベイカー・ブラザーズ(THE BAKER BROTHERS)がニュー・アルバム『ハイ・レズ』(PCD-24482 2,400円 + 税)を1月6日(金)にリリース。同作を携え、1月9日(月・祝)大阪・梅田 Billboard Live OSAKA、11日(水)東京・赤坂 Billboard Live TOKYOにて、“ファンキー・ディーヴァ”ヴァネッサ・フリーマンをフィーチャリング・ゲストに迎えた来日公演を開催します。

 2015年の来日ツアーも圧倒的なライヴで盛況となったベイカー・ブラザーズ。2003年のアルバム『テン・ペイシス』でデビューを飾って以降、アルバムを重ねる毎に本国のみならず日本でも支持層を確立。最新作ではマドンナジャスティン・ティンバーレイクらビッグ・スターとも共演してきたニューオーリンズ出身の実力派ソウル・シンガー、アカンサ・ラングを大々的にフィーチャー。ファンキー&グルーヴィーな音楽とポップセンスを融合させたアルバムをなっています。

 来日公演では、パワフルでタイトなリズム&ビート、エナジーとテクニックを兼ね揃えたホーン隊を特徴とするベイカー・ブラザーズのアンサンブルに、フリーマンのソウルフルな歌声が加わる熱いライヴ・パフォーマンスを披露してくれそうです。またBillboard JAPANのオフィシャル・サイトには、来日直前のインタビューやメンバーが選ぶプレイリストを掲載した特設ページが開設されています。



■2017年1月6日(金)発売
THE BAKER BROTHERS
High Rez

PCD-24482 2,400円 + 税

[収録曲]
01. The Tide is Turning
02. Goodbye My Angel
03. A Million Times Before
04. Knocking On Your Door
05. Love Like This
06. Back In The Game
07. Bring The Sun
08. Lay It On The Line
09. Things We've Done

ザ・ベイカー・ブラザーズ
featuring ヴァネッサ・フリーマン


2017年1月9日(月・祝)
大阪 梅田 Billboard Live OSAKA
1st 開場 15:30 / 開演 16:30
2nd 開場 18:30 / 開演 19:30


2017年1月11日(水)
東京 赤坂 Billboard Live TOKYO
1st 開場 17:30 / 開演 19:00
2nd 開場 20:45 / 開演 21:30


[メンバー]
クリス・ペドレイ(b, vo)
ジェフ・レイ(g, vo)
ポール・ヤング(sax, vo)
スコット・ベイリス(key, tp)
テッド・カラスコ(ds, vo)
ヴァネッサ・フリーマン(vo)

※お問い合わせ: ビルボードライブ
www.billboard-live.com
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 屈強でしなやかな東京のヒップホップ――KANDYTOWNのビートメイカー、MIKIがファースト・ソロ・アルバム『137』を発表[インタビュー] より肉体的なものへ――神奈川・逗子を拠点とするHalf Mile Beach Clubが初の単独作を発表
[インタビュー] “続編”ではなく“新作”を作ろう きゃりーぱみゅぱみゅ「きみのみかた」[インタビュー] “俺の不幸で踊ってくれ!”――沖縄出身のラッパー、唾奇が最新作『道-TAO-』をリリース
[特集] [LIVE Report] まっすぐな気持ちを届けてくれる藤田麻衣子の歌[インタビュー] 自分というジャンルをちゃんと作りたい “シンガー・ソングライター”Nao Kawamura初のフル・アルバム『Kvarda』
[インタビュー] 「アワ・マン・イン・トーキョー〜バラッド・オブ・シン・ミヤタ」、宮田 信の仕事とは?[特集] ヘルベルト・フォン・カラヤン生誕110年記念! 数々の名盤が“理想の音”に迫る高音質で登場
[インタビュー] いい歌をたくさん歌って、レコーディングして残したい――フォルテ・ディ・クアトロのセカンド・アルバム『アヴェ・マリア〜CLASSICA』[インタビュー] 決め手は興奮が蘇ってくるかどうか――THOUSAND EYESが放つ“最高傑作”『DAY OF SALVATION』
[インタビュー] “ヤバさ”はこれだ――BES&ISSUGIの自信が浮かび上がる『VIRIDIAN SHOOT』[インタビュー] 小曽根 真 既存の概念を打ち壊すのではなく、共存するイメージで―― ニューヨーク・フィルハーモニックと共演した『ビヨンド・ボーダーズ』
新譜情報
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015