ニュース

UKジャズ・ファンク・バンド、ザ・ベイカー・ブラザーズが新作を携えて来日公演を開催

ザ・ベイカー・ブラザーズ(The Baker Brothers)   2017/01/06 13:57掲載
はてなブックマークに追加
 UKジャズ・ファンク・バンド、ザ・ベイカー・ブラザーズ(THE BAKER BROTHERS)がニュー・アルバム『ハイ・レズ』(PCD-24482 2,400円 + 税)を1月6日(金)にリリース。同作を携え、1月9日(月・祝)大阪・梅田 Billboard Live OSAKA、11日(水)東京・赤坂 Billboard Live TOKYOにて、“ファンキー・ディーヴァ”ヴァネッサ・フリーマンをフィーチャリング・ゲストに迎えた来日公演を開催します。

 2015年の来日ツアーも圧倒的なライヴで盛況となったベイカー・ブラザーズ。2003年のアルバム『テン・ペイシス』でデビューを飾って以降、アルバムを重ねる毎に本国のみならず日本でも支持層を確立。最新作ではマドンナジャスティン・ティンバーレイクらビッグ・スターとも共演してきたニューオーリンズ出身の実力派ソウル・シンガー、アカンサ・ラングを大々的にフィーチャー。ファンキー&グルーヴィーな音楽とポップセンスを融合させたアルバムをなっています。

 来日公演では、パワフルでタイトなリズム&ビート、エナジーとテクニックを兼ね揃えたホーン隊を特徴とするベイカー・ブラザーズのアンサンブルに、フリーマンのソウルフルな歌声が加わる熱いライヴ・パフォーマンスを披露してくれそうです。またBillboard JAPANのオフィシャル・サイトには、来日直前のインタビューやメンバーが選ぶプレイリストを掲載した特設ページが開設されています。



■2017年1月6日(金)発売
THE BAKER BROTHERS
High Rez

PCD-24482 2,400円 + 税

[収録曲]
01. The Tide is Turning
02. Goodbye My Angel
03. A Million Times Before
04. Knocking On Your Door
05. Love Like This
06. Back In The Game
07. Bring The Sun
08. Lay It On The Line
09. Things We've Done

ザ・ベイカー・ブラザーズ
featuring ヴァネッサ・フリーマン


2017年1月9日(月・祝)
大阪 梅田 Billboard Live OSAKA
1st 開場 15:30 / 開演 16:30
2nd 開場 18:30 / 開演 19:30


2017年1月11日(水)
東京 赤坂 Billboard Live TOKYO
1st 開場 17:30 / 開演 19:00
2nd 開場 20:45 / 開演 21:30


[メンバー]
クリス・ペドレイ(b, vo)
ジェフ・レイ(g, vo)
ポール・ヤング(sax, vo)
スコット・ベイリス(key, tp)
テッド・カラスコ(ds, vo)
ヴァネッサ・フリーマン(vo)

※お問い合わせ: ビルボードライブ
www.billboard-live.com
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] とにかく一緒に制作するのが楽しい――“馴染んだ”PUSHIM×韻シスト『TO THE NEXT』[インタビュー] 一緒に挑戦していきたい――すべてを出すことができるアンサンブル“MIZUTANI×TAIRIKU”
[インタビュー] “雑食主義”のフィメール・ラッパー、HITが放つファースト・アルバム『THE HIT』![インタビュー] 一音一音の美しさを目指して――本田珠也がICTUS Trioを始動
[インタビュー] ジャズ・シンガーとして新たな一歩を踏み出したMoon『Kiss Me』[インタビュー] ソムリエのように、ピアノ音楽の楽しさを伝える――大井 健が初の映像作品『Piano Love The Movie』を発表
[インタビュー] 自分たちも知らない、さらなる可能性を求めて――DaizyStripper「4GET ME NOT」[インタビュー] スペシャルインタビュー 坂本慎太郎
[インタビュー] 飼い慣らされない女たち――キノコホテル創業10周年 マリアンヌ東雲が2017年を振り返る[インタビュー] 静的でありながら“不穏の予感”それでいて“快楽そのもの” ギリシャラブ・天川悠雅が目指す、理想の音楽
[インタビュー] 西恵利香、2018年へ “いつでもそこで歌ってる人でありたい”[インタビュー] サクソフォン奏者として、新たにバッハの音楽に息を吹き込む――上野耕平が挑むJ.S.バッハの無伴奏作品集
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015