ニュース

【その後のあの話〜ザ・キュアーの新作編】

ザ・キュアー(The Cure)   2004/05/06掲載(Last Update:08/03/31 17:57)
はてなブックマークに追加
 以前にお伝えしたように、スリップノットやリンプ・ビズキットを育てたロス・ロビンソンをプロデューサーに迎えたニュー・アルバムをリリースすることになった、奇才ロバート・スミス率いるUKバンド“ザ・キュアー”。“キュアー×ロス・ロビンソン”が生み出す音とは一体どんなものなのか、非常に予測不可能なものだけに興味を持っている方も多いのではないかと思いますが、そんな注目作品がついに日本盤化決定! 日本盤(UICF-1027\2,548(税込))は先行リリースとなる6月16日にリリースされる予定です。

 なお、以前にお伝えした際には、まだ未定であったアルバム・タイトルですが、なんと驚きのセルフ・タイトル『The Cure』となることが決定。長き歴史を経た彼らが今新たにセルフ・タイトルの作品をリリースするとは、いやはや楽しみ。なお、現在までのところで予定されている収録予定曲は下記のとおりです。

・Lost
・Truth Goodness and Beauty
・The End of the World
・I Don't Know What's Going On
・Taking Off
・Anniversary
・This Morning
・Us or Them
・The Promise

*以下、仮タイトル
・Labyrinths
・Before 3
・Precious Advise
・Jason #3
オール・ジャンル 最新ニュース
 
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] スペシャルインタビュー 坂本慎太郎[インタビュー] 飼い慣らされない女たち――キノコホテル創業10周年 マリアンヌ東雲が2017年を振り返る
[インタビュー] 静的でありながら“不穏の予感”それでいて“快楽そのもの” ギリシャラブ・天川悠雅が目指す、理想の音楽[インタビュー] 西恵利香、2018年へ “いつでもそこで歌ってる人でありたい”
[インタビュー] サクソフォン奏者として、新たにバッハの音楽に息を吹き込む――上野耕平が挑むJ.S.バッハの無伴奏作品集[インタビュー] ビッグバンドは一生もの!――守屋純子がジャズ100周年を祝う「The 100th Anniversary of Jazz: Legends of Yesterday and Today」
[インタビュー] 新しい風が吹いている――吉田ヨウヘイgroupが『ar』で目指したバンド・サウンド[インタビュー] 好きなことや大事にしていることを信じて人生を謳歌しよう ベッド・イン『TOKYO』
[インタビュー] 優しく奏でる篠笛で、安らぎにあふれた時間を――佐藤和哉が妹尾武と紡ぐ初のカヴァー・アルバム[インタビュー] 常に上だけ見ていたい ゆるふわギャング“NENE”初のソロ・アルバムを発表
[インタビュー] 歌声で本当の気持ちを伝えられれば一番いい 桐嶋ノドカ「言葉にしたくてできない言葉を」[インタビュー] 月と対峙してきた人々の想いや営みを、ヴァイオリンの響きで――川井郁子、7年ぶりのオリジナル・アルバム『LUNA』
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015