ニュース

ザ・ストゥージズ × ジム・ジャームッシュの映画『ギミー・デンジャー』のBlu-ray / DVDの発売が決定

ザ・ストゥージズ(The Stooges)   2018/02/08 13:35掲載
はてなブックマークに追加
ザ・ストゥージズ × ジム・ジャームッシュの映画『ギミー・デンジャー』のBlu-ray / DVDの発売が決定
 イギー・ポップ直々のオファーでジム・ジャームッシュが制作したザ・ストゥージズのドキュメンタリー映画『ギミー・デンジャー』が、Blu-ray(KIXF-547 4,800円 + 税)とDVD(KIBF-1570 3,800円 + 税)で3月28日(水)に発売。映像特典として約17分に及ぶライヴ映像やイギー・ポップの奇声などが収められるほか、日本語字幕に加えて英語字幕も併録。Blu-rayはオリジナルの5.1ch音声を非圧縮のリニアPCM、かつ通常の映画作品より収録レベルを上げた“爆音状態”で収録しています。

 ザ・ストゥージズは1967年のミシガン州でイギー・ポップ、ロンとスコットのアシュトン兄弟、デイヴ・アレクサンダーによって結成。プリミティヴかつ攻撃的なバンド・サウンド、サイケやフリー・ジャズなど様々な要素を取り入れた実験性とミニマルな音作りの融合、フロントマンの過激なステージングでそれまでのロックの概念を破壊する唯一無二のスタイルを生み出し、MC5と共にデトロイトのロック・シーンを牽引したものの、各種問題を孕んだバンドは74年に自然消滅。評論家からも“下品で退廃的”と叩かれて正当な評価を得ることはなく、世に残したアルバムはわずか3枚。しかし、ラモーンズダムドニルヴァーナレッド・ホット・チリ・ペッパーズホワイト・ストライプスといった後進がストゥージズからの影響を公言したことでパンク、オルタナティヴ・ロックの原点として再評価され、2010年にはロックの殿堂入りを果たしています。

 ジャームッシュは本作において、メンバーと本当に近しい関係者にのみ取材をする方法を選択。イギー・ポップを軸に、当事者たちが語るストゥージズの華々しくも混乱に満ちた歴史をまとめています。8年の歳月をかけた制作期間中、ロン・アシュトンスコット・アシュトン、スティーヴ・マッケイが相次いで逝去。その証言は映画の中に永遠に刻まれています。



■2018年3月28日(水)発売
『ギミー・デンジャー』
Blu-ray KIXF-547 4,800円 + 税
DVD KIBF-1570 3,800円 + 税
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] とにかく一緒に制作するのが楽しい――“馴染んだ”PUSHIM×韻シスト『TO THE NEXT』[インタビュー] 一緒に挑戦していきたい――すべてを出すことができるアンサンブル“MIZUTANI×TAIRIKU”
[インタビュー] “雑食主義”のフィメール・ラッパー、HITが放つファースト・アルバム『THE HIT』![インタビュー] 一音一音の美しさを目指して――本田珠也がICTUS Trioを始動
[インタビュー] ジャズ・シンガーとして新たな一歩を踏み出したMoon『Kiss Me』[インタビュー] ソムリエのように、ピアノ音楽の楽しさを伝える――大井 健が初の映像作品『Piano Love The Movie』を発表
[インタビュー] 自分たちも知らない、さらなる可能性を求めて――DaizyStripper「4GET ME NOT」[インタビュー] スペシャルインタビュー 坂本慎太郎
[インタビュー] 飼い慣らされない女たち――キノコホテル創業10周年 マリアンヌ東雲が2017年を振り返る[インタビュー] 静的でありながら“不穏の予感”それでいて“快楽そのもの” ギリシャラブ・天川悠雅が目指す、理想の音楽
[インタビュー] 西恵利香、2018年へ “いつでもそこで歌ってる人でありたい”[インタビュー] サクソフォン奏者として、新たにバッハの音楽に息を吹き込む――上野耕平が挑むJ.S.バッハの無伴奏作品集
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015