ニュース

ザ・ストゥージズ × ジム・ジャームッシュの映画『ギミー・デンジャー』のBlu-ray / DVDの発売が決定

ザ・ストゥージズ(The Stooges)   2018/02/08 13:35掲載
はてなブックマークに追加
ザ・ストゥージズ × ジム・ジャームッシュの映画『ギミー・デンジャー』のBlu-ray / DVDの発売が決定
 イギー・ポップ直々のオファーでジム・ジャームッシュが制作したザ・ストゥージズのドキュメンタリー映画『ギミー・デンジャー』が、Blu-ray(KIXF-547 4,800円 + 税)とDVD(KIBF-1570 3,800円 + 税)で3月28日(水)に発売。映像特典として約17分に及ぶライヴ映像やイギー・ポップの奇声などが収められるほか、日本語字幕に加えて英語字幕も併録。Blu-rayはオリジナルの5.1ch音声を非圧縮のリニアPCM、かつ通常の映画作品より収録レベルを上げた“爆音状態”で収録しています。

 ザ・ストゥージズは1967年のミシガン州でイギー・ポップ、ロンとスコットのアシュトン兄弟、デイヴ・アレクサンダーによって結成。プリミティヴかつ攻撃的なバンド・サウンド、サイケやフリー・ジャズなど様々な要素を取り入れた実験性とミニマルな音作りの融合、フロントマンの過激なステージングでそれまでのロックの概念を破壊する唯一無二のスタイルを生み出し、MC5と共にデトロイトのロック・シーンを牽引したものの、各種問題を孕んだバンドは74年に自然消滅。評論家からも“下品で退廃的”と叩かれて正当な評価を得ることはなく、世に残したアルバムはわずか3枚。しかし、ラモーンズダムドニルヴァーナレッド・ホット・チリ・ペッパーズホワイト・ストライプスといった後進がストゥージズからの影響を公言したことでパンク、オルタナティヴ・ロックの原点として再評価され、2010年にはロックの殿堂入りを果たしています。

 ジャームッシュは本作において、メンバーと本当に近しい関係者にのみ取材をする方法を選択。イギー・ポップを軸に、当事者たちが語るストゥージズの華々しくも混乱に満ちた歴史をまとめています。8年の歳月をかけた制作期間中、ロン・アシュトンスコット・アシュトン、スティーヴ・マッケイが相次いで逝去。その証言は映画の中に永遠に刻まれています。



■2018年3月28日(水)発売
『ギミー・デンジャー』
Blu-ray KIXF-547 4,800円 + 税
DVD KIBF-1570 3,800円 + 税
オール・ジャンル 最新ニュース
 
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 原動力は愛、すべてのものへの愛――般若『話半分』[インタビュー] 限りあるこの日々を追い続けよう――伝説のアイドル、セイントフォー再始動
[インタビュー] “生き様が音楽に現れる。だからこそどう生きるかが重要”――デビュー30周年を迎えた寺井尚子[インタビュー] “シンガー・ソングライターとして”前に進むための一歩、山森大輔『銀のピストル』
[インタビュー] 踊Foot Worksみたいなヤツ、いなくない? 自由奔放な音楽の魅力が詰まった『odd foot works』[インタビュー] 屈強でしなやかな東京のヒップホップ――KANDYTOWNのビートメイカー、MIKIがファースト・ソロ・アルバム『137』を発表
[インタビュー] より肉体的なものへ――神奈川・逗子を拠点とするHalf Mile Beach Clubが初の単独作を発表[インタビュー] “続編”ではなく“新作”を作ろう きゃりーぱみゅぱみゅ「きみのみかた」
[インタビュー] “俺の不幸で踊ってくれ!”――沖縄出身のラッパー、唾奇が最新作『道-TAO-』をリリース[特集] [LIVE Report] まっすぐな気持ちを届けてくれる藤田麻衣子の歌
[インタビュー] 自分というジャンルをちゃんと作りたい “シンガー・ソングライター”Nao Kawamura初のフル・アルバム『Kvarda』[インタビュー] 「アワ・マン・イン・トーキョー〜バラッド・オブ・シン・ミヤタ」、宮田 信の仕事とは?
新譜情報
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015