ニュース

ヴェルヴェット・ティーン、2年ぶりの新作を発表

ザ・ヴェルヴェット・ティーン(The Velvet Teen)   2006/06/02掲載(Last Update:08/03/31 17:57)
はてなブックマークに追加
 日本でも高い人気を誇る米3ピース・バンド、ヴェルヴェット・ティーンの通算3作目となるニュー・アルバム『カム・ラウド(Cum Laude)』(写真)が発売されます!

 2004年作『エリシウム』以来、約2年ぶりとなる本作では、新ドラマーとしてケイシー・デーツを迎え、また前作で導入したキーボードやプログラミングをより効果的に活用したアレンジを見せるなど、さらなるステップ・アップを目指した作品となっています。レコーディングは今年1月から3月にかけて行なわれ、すでに発売済みのシングル「GyzmKid」のほか全13曲の収録を予定。発売はUS盤は7月25日に、日本盤(VSO-0026 \2,079(税込))は6月28日にそれぞれ予定されており、日本盤のみボーナス・トラック3曲が追加収録される予定です。叙情感溢れるヴォーカルと繊細な静けさの中に込めた熱のあるギター・サウンドを、本作で再び味わってみましょう! 

●『カム・ラウド(Cum Laude)』
01. 333
02. Flicking Clint
03. Rhodekill
04. False Profits
05. Tokyoto
06. Noi Boi
07. Spin the Wink
08. Bloom
09. Building a Whale
10. In a Steadman Spray
11. Around the Roller Rink
12. Gyzmkid
13. No One Gets the Best of Me
14. Spin the Wink (Little Cat Mix)
15. False Profits (Cute Version)

*(13)〜(15)は日本盤ボーナス・トラック

シングル「GyzmKid EP」
1. GyzmKid
2. Spin the Wink (Little Cat remix)
3. False Profits (Cute version)
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 密接な関係性ありきの音楽 MIKUMARI×OWL BEATS『FINEMALT NO.7』[インタビュー] (想像以上に)挙動不審!? 廣瀬真理子が総勢22人の“ドリアンな奴ら”を率いてアルバムをリリース
[インタビュー] 「知らない土地で出会う風景や人から音楽が生まれる」 ――ピアニスト、ジェイコブ・コーラーが描くシネマティックな世界[インタビュー] 上原ひろみが驚異のハープ奏者エドマール・カスタネーダとのデュオ・プロジェクトを始動
[インタビュー] “いいっすよ”から17年――サイプレス上野とロベルト吉野、ミニ・アルバム『大海賊』でメジャー・デビュー[インタビュー] “今この時”を、考える――中村雅俊が「どこへ時が流れても / まだ僕にできることがあるだろう」に込めた同世代へのメッセージ
[インタビュー] “何があっても”楽しく生きるんだという覚悟 真心ブラザーズ『FLOW ON THE CLOUD』[インタビュー] サクソフォン四重奏を知らないかたにも素晴らしさを伝えたい――The Rev Saxophone Quartetが追求する伝統とオリジナリティ
[インタビュー] ヒグチアイが目指す歌は、おしゃれじゃないけど“大切にしてきたもの”[インタビュー] 若いリスナーにも良い音楽を届けたい――MASATOとMinnesotahが語る『KANDYTOWN LIFE presents “Land of 1000 Classics”』
[インタビュー] Less Than TV25周年 大石規湖監督が記録した“ある家族”の日常、ドキュメンタリー映画「MOTHER FUCKER」[インタビュー] ISEKIが追求する“自分らしさ”とは J-POPカヴァー集第2弾『AOR FLAVA -sweet blue-』
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015