ニュース

ヴェルヴェット・ティーン、2年ぶりの新作を発表

ザ・ヴェルヴェット・ティーン(The Velvet Teen)   2006/06/02掲載(Last Update:08/03/31 17:57)
MyCDJ お気に入りリストに「」を追加/削除する はてなブックマークに追加
 日本でも高い人気を誇る米3ピース・バンド、ヴェルヴェット・ティーンの通算3作目となるニュー・アルバム『カム・ラウド(Cum Laude)』(写真)が発売されます!

 2004年作『エリシウム』以来、約2年ぶりとなる本作では、新ドラマーとしてケイシー・デーツを迎え、また前作で導入したキーボードやプログラミングをより効果的に活用したアレンジを見せるなど、さらなるステップ・アップを目指した作品となっています。レコーディングは今年1月から3月にかけて行なわれ、すでに発売済みのシングル「GyzmKid」のほか全13曲の収録を予定。発売はUS盤は7月25日に、日本盤(VSO-0026 \2,079(税込))は6月28日にそれぞれ予定されており、日本盤のみボーナス・トラック3曲が追加収録される予定です。叙情感溢れるヴォーカルと繊細な静けさの中に込めた熱のあるギター・サウンドを、本作で再び味わってみましょう! 

●『カム・ラウド(Cum Laude)』
01. 333
02. Flicking Clint
03. Rhodekill
04. False Profits
05. Tokyoto
06. Noi Boi
07. Spin the Wink
08. Bloom
09. Building a Whale
10. In a Steadman Spray
11. Around the Roller Rink
12. Gyzmkid
13. No One Gets the Best of Me
14. Spin the Wink (Little Cat Mix)
15. False Profits (Cute Version)

*(13)〜(15)は日本盤ボーナス・トラック

シングル「GyzmKid EP」
1. GyzmKid
2. Spin the Wink (Little Cat remix)
3. False Profits (Cute version)
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ふっと飛び込んでくるワンフレーズ “現場の音楽”HIT『Be!!』[インタビュー] 深くて豊かな音楽を目指した“名盤” 石橋 凌『may Burn!』
[インタビュー] 私は変わり続ける。それは“出会い”を意味しているから――コリーヌ・ベイリー・レイ[インタビュー] 美しさと暴力性、Ramzaの“手”に触れる『pessim』
[インタビュー] 自分の存在を“やり続けること”で知らせる――ISSUGI×MASS-HOLE[インタビュー] ヒップホップとしてかっこよくいられたら――C.O.S.A.『Girl Queen』
[インタビュー] 今のラフィンノーズは超おもしろい――“50代のラフィンロール”を体現した新作『50’s ROLL』[インタビュー] 自分の中にある伝統と革新―― 島 裕介が新世代ミュージシャンを率いて『Silent Jazz Case 3』を発表
[インタビュー] たまには母ちゃんにみたらし団子を買ってかったりしぃや!――SHINGO★西成が3年をかけて辿り着いた『ここから・・・いまから』[インタビュー] “大人ってカッコいい”と思えるような歌 ISEKI×中田裕二『AOR FLAVA』
[インタビュー] 研ぎ澄まされた4人のアンサンブル――ライヴ・ベスト・アルバム『echoes』をリリースしたbohemianvoodoo[インタビュー] 児玉桃、マンフレート・アイヒャーとの出会いとドビュッシー&細川俊夫の音楽を語る
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015