ニュース

ゼイ・マイト・ビー・ジャイアンツ、最新作はダスト・ブラザーズ・プロデュース!

ゼイ・マイト・ビー・ジャイアンツ(THEY MIGHT BE GIANTS)   2007/04/04掲載(Last Update:08/03/31 17:57)
MyCDJ お気に入りリストに「」を追加/削除する はてなブックマークに追加
ゼイ・マイト・ビー・ジャイアンツ、最新作はダスト・ブラザーズ・プロデュース!
 ユーモラスで、ちょっぴりシリアスなNYブルックリン出身の2人組、ゼイ・マイト・ビー・ジャイアンツのニュー・アルバムがいよいよ完成! 『The Else』と題され、7月に米国発売されます。

 オリジナル新作の発表は2004年作『The Spine』(写真)以来、約3年ぶり。前作に続いての登場となるPat Dillettのほか、ビースティ・ボーイズローリング・ストーンズBECKハンソンらを手がけた大御所のダスト・ブラザーズをプロデューサーとして起用。ドラム・ループが特徴の「Withered Hope」「Upside Down Frown」など全13曲の収録が予定されており、Billboard.comによれば自身のレーベルIdlewildより7月10日に米国発売される予定です。

 なお、彼らは本作のほか、新しいキッズ・アルバム(CD+DVD作品)も制作中で今年中にはリリースされる模様です。彼らにとってキッズ・アルバムは恒例で、2002年に『No!』、2005年に『Here Come The ABCs』をすでに発表して好評を得ています。新作共々こちらもファンならお忘れなく!
続報
ゼイ・マイト・ビー・ジャイアンツ最新作、収録曲判明
不明であった収録曲が判明!再掲載いたしました。
[ 2007/05/07掲載 ]


『The Else』
01. I'm Impressed
02. Take Out The Trash
03. Upside Down Frown
04. Climbing The Walls
05. Careful What You Pack
06. The Cap'n
07. With The Dark
08. The Shadow Government
09. Bee Of The Bird Of The Moth
10. Withered Hope
11. Contrecoup
12. Feign Amnesia
13. The Mesopotamians
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 便利で何でも手に入る時代だからこそ必要なこと――須永辰緒が導くジャズ最前線[インタビュー] ふっと飛び込んでくるワンフレーズ “現場の音楽”HIT『Be!!』
[インタビュー] 深くて豊かな音楽を目指した“名盤” 石橋 凌『may Burn!』[インタビュー] 私は変わり続ける。それは“出会い”を意味しているから――コリーヌ・ベイリー・レイ
[インタビュー] 美しさと暴力性、Ramzaの“手”に触れる『pessim』[インタビュー] 自分の存在を“やり続けること”で知らせる――ISSUGI×MASS-HOLE
[インタビュー] 今のラフィンノーズは超おもしろい――“50代のラフィンロール”を体現した新作『50’s ROLL』[インタビュー] ヒップホップとしてかっこよくいられたら――C.O.S.A.『Girl Queen』
[インタビュー] 自分の中にある伝統と革新―― 島 裕介が新世代ミュージシャンを率いて『Silent Jazz Case 3』を発表[インタビュー] たまには母ちゃんにみたらし団子を買ってかったりしぃや!――SHINGO★西成が3年をかけて辿り着いた『ここから・・・いまから』
[インタビュー] “大人ってカッコいい”と思えるような歌 ISEKI×中田裕二『AOR FLAVA』[インタビュー] 研ぎ澄まされた4人のアンサンブル――ライヴ・ベスト・アルバム『echoes』をリリースしたbohemianvoodoo
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015