ニュース

ゼイ・マイト・ビー・ジャイアンツ、最新作とライヴ作品の日本発売が決定

ゼイ・マイト・ビー・ジャイアンツ(THEY MIGHT BE GIANTS)   2008/04/28 15:48掲載
はてなブックマークに追加
 センス・オブ・ユーモアに溢れるUSバンド、ゼイ・マイト・ビー・ジャイアンツの最新オリジナル・アルバム『ジ・エルス』(写真)が日本でも発売に。日本盤(IQCB-1002 税込2,520円)は6月4日発売で、日本盤のみのボーナス・トラック追加も計画されています。

 海外盤は昨年夏に発売されていた本作は、ビースティ・ボーイズローリング・ストーンズBECKらを手掛けたダスト・ブラザーズをプロデューサーの一人として参加した話題作。いかにも彼ららしい、鋭角的でひねりの効いたポップさが味わえる仕上がりとなっています。

 また日本では同日にライヴ・アルバム『ヴェニュー・ソングス(Venue Songs)』(IQCB-1003 税込2,100円)もリリースされる予定。2004年のツアーの模様を収めた作品で、CDとDVDをセットにした作品として発売されます。新作ともども、彼らの醍醐味の一つであるライヴ・パフォーマンスもお楽しみください!
続報
ゼイ・マイト・ビー・ジャイアンツの作品群、日本発売日変更
お伝えした作品2タイトルとも、6月18日発売に延期されました。
[ 2008/06/03掲載 ]


『ジ・エルス』(IQCB-1002 税込2,520円)
01. I'm Impressed
02. Take Out the Trash
03. Upside Down Frown
04. Climbing the Walls
05. Careful What You Pack
06. The Cap'm
07. With The Dark
08. The Shadow Government
09. Bee of the Bird of the Moth
10. Withered Hope
11. Contrecoup
12. Feign Amnesia
13. The Mesopotamians

+日本盤ボーナス・トラック

●『ヴェニュー・ソングス(Venue Songs)』(IQCB-1003 税込2,100円)
≪CD収録曲≫
01. Brooklyn
02. Charlottesville
03. Omaha
04. Houston
05. Glasgow
06. Vancouver
07. Asbury Park
08. Albany
09. Leeds
10. Anaheim
11. New Orleans
12. Columbia
13. Santa Cruz
14. Minneapolis
15. Pittsburgh
16. Tucson
17. San Francisco
18. Memphis
19. Charleston
20. Dallas
21. Hollywood
22. Atlanta
23. Farmingdale
24. New Haven
25. London
26. Raleigh
27. Towson
28. St.Louis
29. Philadelphia
30. Austin
31. Asheville
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ノリとヴァイブスだけで作った音楽を“ヒップホップ”としてパッケージ化する GRADIS NICE & YOUNG MAS(Febb)[インタビュー] 密接な関係性ありきの音楽 MIKUMARI×OWL BEATS『FINEMALT NO.7』
[インタビュー] (想像以上に)挙動不審!? 廣瀬真理子が総勢22人の“ドリアンな奴ら”を率いてアルバムをリリース[インタビュー] 「知らない土地で出会う風景や人から音楽が生まれる」 ――ピアニスト、ジェイコブ・コーラーが描くシネマティックな世界
[インタビュー] 上原ひろみが驚異のハープ奏者エドマール・カスタネーダとのデュオ・プロジェクトを始動[インタビュー] “いいっすよ”から17年――サイプレス上野とロベルト吉野、ミニ・アルバム『大海賊』でメジャー・デビュー
[インタビュー] “今この時”を、考える――中村雅俊が「どこへ時が流れても / まだ僕にできることがあるだろう」に込めた同世代へのメッセージ[インタビュー] “何があっても”楽しく生きるんだという覚悟 真心ブラザーズ『FLOW ON THE CLOUD』
[インタビュー] サクソフォン四重奏を知らないかたにも素晴らしさを伝えたい――The Rev Saxophone Quartetが追求する伝統とオリジナリティ[インタビュー] ヒグチアイが目指す歌は、おしゃれじゃないけど“大切にしてきたもの”
[インタビュー] 若いリスナーにも良い音楽を届けたい――MASATOとMinnesotahが語る『KANDYTOWN LIFE presents “Land of 1000 Classics”』[インタビュー] Less Than TV25周年 大石規湖監督が記録した“ある家族”の日常、ドキュメンタリー映画「MOTHER FUCKER」
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015