ニュース

冨田 勲が日本コロムビアに遺したキャリア初期音源集発売 アートワークは宇川直宏

冨田勲   2018/04/25 13:54掲載
はてなブックマークに追加
冨田 勲が日本コロムビアに遺したキャリア初期音源集発売 アートワークは宇川直宏
 2016年5月5日に逝去した作曲家 / シンセサイザー・アーティスト、冨田 勲。冨田がキャリア初期の約20年間にわたり日本コロムビアに遺した貴重な音源を集めたアルバム『MISSING LINK of TOMITA 冨田勲 日本コロムビア初期作品集 1953〜1974』(COCQ-85418 3,000円 + 税)が5月23日(水)に発売されます。

 1974年にシンセサイザーによるアルバム『月の光』を発表、日本人として初めて〈グラミー賞〉にノミネートされて以降、世界的な名声を獲得した冨田の最初のキャリアは、日本コロムビアの専属作曲家としてのスタートでした。本作はそのスタートから、シンセサイザー・アーティストとして名を馳せるまでの約20年の知られざる作品群を集めたもので、レコード・デビュー盤となった子どものための童謡や、70年代に手がけた貴重なマイルストーンとも言える創作ダンス音楽までをも収録。冨田の創作の原点を解き明かすアルバムとなっています。

 収録曲のなかでも、1974年制作の「愛《コムポジション―習作》」は、冨田がモーグ・シンセサイザーを使用して制作した最初期の“幻の作品”であり、この頃にはすでに冨田がシンセサイザーを創意あふれるかたちで操っていることがわかる貴重なドキュメントとなっています。

 アートワーク・デザインは、冨田の晩年の作品のアートワークを多く手がけてきた宇川直宏。宇川は今回のアートワークについて「冨田 勲は偉大だ!!! 偉大すぎる!!!! なぜなら半世紀以上の長きにわたり、ありとあらゆる家電を振動させ、我々の鼓膜に音楽を届けてくれたからだ!!!!!!!! TOMITAの歴史は、リスニング環境そのものの歴史と比例する!!!! 蓄音機の発明!そして真空管ポータブルからトランジスタへのラジオの進化!そして敗戦から8年に開始されたTV放送!また高度経済成長期にお茶の間の中心に座った家具調ステレオの時代から、コンポーネントの歴史!ウォークマン!バイノーラル、ドルビーステレオ!ヴァイナルからCDへ!アナログ放送からデジタルへ、5.1ch…..データファイル、ハイレゾ、ブルートゥース、IoT x オーディオまで、それら全ての時代でTOMITAの音楽は人々に興奮を与えてきたのだ!!!!!! 今回その黎明期の作品がご開帳されるという!!!!!!! “MISSING LINK of TOMITA”!!!!! つまりこれは太陽系12惑星誕生以前の膨張し始めた冨田宇宙….天の川銀河の超新星なのだ!!!!!!」とコメントを寄せています。

■2018年5月23日(水)発売
MISSING LINK of TOMITA 冨田勲 日本コロムビア初期作品集 1953〜1974
COCQ-85418 3,000円 + 税

[収録曲]
冨田勲:
01. 愉快な町の風船や
安田祥子 ひばり児童合唱団 コロムビアオーケストラ(1953年3月 C-169)
02. おいでよピーターパン
土屋道典 ゆりかご会 コロムビアオーケストラ(1953年10月 C-203)
03. ブルースカイ
コロムビアオーケストラ(1954年6月 AK-328)
04. 舞踊音楽劇「みにくいあひるの子」(一)あひるたちのうた
土屋道典 ひばり児童合唱団 コロムビア女声合唱団 コロムビアオーケストラ(1954年11月 C-280)
05. 舞踊音楽劇「みにくいあひるの子」(二)白鳥のうた、みんなのうた
安田祥子 土屋道典 ひばり児童合唱団 コロムビア女声合唱団 コロムビアオーケストラ(1954年11月 C-280)
06. 旅を行く
コロムビアオーケストラ(1955年6月 AK-393)
07. 海底の幻想
コロムビアオーケストラ(1955年7月 AK-402 リズムと身振り遊び・リズム運動レコード 第三集)
08. 春の幻想
コロムビアオーケストラ(1956年6月 AK-530 リズムと身振り遊び・リズム運動レコード 第四集)
09. 花の一生
コロムビアオーケストラ(1959年8月 AK-620 中学校ダンスレコード 第一集)
10. 海のファンタジー
コロムビアオーケストラ(1960年4月 C-571)
11. 夢の旅行
コロムビアオーケストラ(1961年7月 BK-46 小学校リズム遊び・リズム運動 第3集)
12. うたのえほん / NHK『うたのえほん』主題歌
スリー・グレイセス コロムビアオーケストラ(1961年11月 SC-60)
13. 二つの橋 / NHK『二つの橋』主題歌
森サカエ コロムビア合唱団 コロムビアオーケストラ(1962年10月 SA-980)
14. 十羽の烏 / 劇『そして誰もいなくなった』主題歌
デューク・エイセス コロムビアオーケストラ (1963年5月 SAS-24)
15. ほたる
冨田勲指揮杉並児童合唱団 コロムビア管弦楽団(1965年2月 ELS-1 教出の音楽鑑賞レコード 小学校用 第1学年)
16. お月さまの見た話
真理ヨシコ コロムビア女声合唱団 コロムビアオーケストラ(1965年9月 KKS-15 こわれたおもちゃ―武鹿悦子作品集―)
17. 春 春 春がきたよ
東京放送児童合唱団 コロムビアオーケストラ(1966年5月 KM-159 教出《標準音楽》教材レコード たのしい小学生の歌)
18. 大雨の町
新室内楽協会 (1970年8月 K-137 小学校ダンス)
19. 変化する自然
新室内楽協会 (1970年8月 K-138 小学校ダンス)
20. トッピンポウとピンピクリン
斉藤昌子 新室内楽協会(1971年10月 KKS-4027 NHKテレビ・うたのえほん第12集)
21. 愛 《コムポジション―習作》
モーグ・シンセサイザーとコロムビアオーケストラ(1974年1月 BKK-109〜110 中学・高校・大学及び一般のための創作ダンス =ダンスイメージと創作過程=)

※(初出年月、商品番号)
オール・ジャンル 最新ニュース
 
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] パーティは終わった――2018年、STRUGGLE FOR PRIDEが贈る憎しみの音楽[インタビュー] 歌声で彩りを――“ヴォーカル”グループとして新たな道を切り拓くCOLOR CREATION
[インタビュー] もう変わる必要はないし、これをずっとやっていけばいい “時代を逆走する”小林太郎の決意と信念[インタビュー] 原動力は愛、すべてのものへの愛――般若『話半分』
[インタビュー] 限りあるこの日々を追い続けよう――伝説のアイドル、セイントフォー再始動[インタビュー] “生き様が音楽に現れる。だからこそどう生きるかが重要”――デビュー30周年を迎えた寺井尚子
[インタビュー] “シンガー・ソングライターとして”前に進むための一歩、山森大輔『銀のピストル』[インタビュー] 踊Foot Worksみたいなヤツ、いなくない? 自由奔放な音楽の魅力が詰まった『odd foot works』
[インタビュー] 屈強でしなやかな東京のヒップホップ――KANDYTOWNのビートメイカー、MIKIがファースト・ソロ・アルバム『137』を発表[インタビュー] より肉体的なものへ――神奈川・逗子を拠点とするHalf Mile Beach Clubが初の単独作を発表
[インタビュー] “続編”ではなく“新作”を作ろう きゃりーぱみゅぱみゅ「きみのみかた」[インタビュー] “俺の不幸で踊ってくれ!”――沖縄出身のラッパー、唾奇が最新作『道-TAO-』をリリース
新譜情報
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015