ニュース

「ダンシング・イン・ザ・ムーンライト」!UKバンド トップローダーのベスト・アルバムが発売

トップローダー(Toploader)   2009/02/16 14:58掲載
MyCDJ お気に入りリストに「」を追加/削除する はてなブックマークに追加
 ここ日本でもスマッシュ・ヒットとなった名曲「ダンシング・イン・ザ・ムーンライト」で知られる、UKバンドのトップローダー(Toploader/2003年解散)。アーシーでグルーヴィなソウル・フィーリングを持つバンドとして2000年代初めに注目を集めた彼らのベスト・アルバム『Dancing In The Moonlight: The Best Of』がリリースされます!

 アルバムは、英国だけに50万枚以上を売り上げたデビュー・アルバム『オンカズ・ビッグ・モカ』(2000年/写真)と、2ndにしてラスト・アルバムの『マジック・ホテル』(2002年)というバンドが残した2枚のオリジナル・アルバムを中心に、「ダンシング・イン・ザ・ムーンライト」のアコースティック・ヴァージョンなどもセレクトされた全15曲入り。発売は英国にて3月9日に予定されています。

 ソウルフルで男臭いヴォーカルのジョセフ・ウォッシュバーンを中心に、他のUKロック・バンドとは一線を画すファンキー・ロック・グルーヴを聴かせてくれた彼ら。その軌跡を本作で再確認してみては?


『Dancing In The Moonlight: The Best Of』
01. Dancing In The Moonlight
02. Time Of My Life
03. Let The People Know
04. Achilles Heel
05. Only For A While
06. Breathe
07. Have & To Hold
08. Hero Underground
09. Lady Let Me Shine
10. High Flying Bird
11. Just Hold On
12. Higher State
13. Cloud 9
14. Some Kind Of Wonderful
15. Dancing In The Moonlight (Acoustic Version)
オール・ジャンル 最新ニュース
 
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 盛り上がる日本のアイリッシュ / ケルト音楽シーン[前編] インタビュー: 豊田耕三(O’Jizo)[インタビュー] 誰かの音楽と繋がることを恐れない――誰にも似ていないギタリスト、ヤコブ・ブロの謎に迫る
[インタビュー] フックアップしながら自分も“新鮮さ”をもらってる、その関係性こそがヒップホップ ISSUGI「7INC TREE」[インタビュー] “大人になった”LIFriendsが伝えるメッセージ「俺たちのララバイ」
[インタビュー] どんどん面倒臭い人間になって――グッドガールに別れを告げたテンテンコの目覚め[インタビュー] 虹のコンキスタドールがメジャー・デビュー! 赤組メンバーを徹底紹介
[インタビュー] やりたいのは“フェチじゃない”こと――ENDON『THROUGH THE MIRROR』に映るもの[インタビュー] 音楽に対してハングリーであるということ FEBB AS YOUNG MASON
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015