ニュース

日本のアイリッシュ音楽シーンを牽引する豊田耕三が初のソロ・アルバムを発表

豊田耕三   2018/03/06 12:32掲載
はてなブックマークに追加
日本のアイリッシュ音楽シーンを牽引する豊田耕三が初のソロ・アルバムを発表
 O'JizoToyota Ceili Bandのメンバーとしても知られ、現在の日本におけるアイリッシュ音楽シーンを牽引するアイリッシュ・フルート&ティン・ホイッスル奏者・豊田耕三が、初のソロ・アルバム『Internal Circulation -呼吸の巴-』(TOICS-0001 2,500円 + 税)を3月11日(日)にリリース。同作の発売を記念して、4月8日(日)には〈豊田 耕三1stソロアルバム『Internal Circulation -呼吸の巴-』発売記念ライヴ〉も東京・江東 ティアラこうとうにて開催決定。

 昨年10月から11月にかけて、米ポートランドでレコーディングしたというこのアルバムは、収録曲のほとんどをアイルランド伝統音楽の新旧のレパートリーから選曲。楽器は豊田のフルートと久保慧祐が弾くギターだけというシンプルな編成で、アイリッシュ・フルートは通常のD管ではなく、全編を通してE flat管。多重録音のハーモニーにはB flat管が使用されています。

 アイリッシュ音楽の反復を東洋思想の円環発想と結びつけたコンセプトに沿い、アルバムの初めから終わりまで音が途切れずに続き、アルバムの終わりが初めに繋がる、エンドレスで円環するユニークな構造になっています。

日本のアイリッシュ・フルート奏者、豊田耕三による東洋からの素晴らしく新しいアイリッシュ伝統音楽のCD。我々の伝統音楽の移ろいゆく雰囲気を日本的な視点でつかんだ幅の広いCD。一聴の価値あり! おめでとう! 耕三!
――マット・モロイ / ザ・チーフタンズ

笛に吹きこまれた息は歌となり、歌は大気に溶けて人をダンスに誘い、二つの文化をむすぶ。アイルランドの生んだ音楽がこんなに懐かしいのは何故だろう
――谷川俊太郎

■2018年3月11日(日)発売
豊田耕三
Internal Circulation -呼吸の巴-

TOICS-0001 2,500円 + 税

[収録曲]
01. Aisling Gheal
02. Ross Memorial Hospital
03. Slow Jigs:Mist Covered Mountain / Castletown Conners / The Rooms of Dooagh
04. Slow Reels:Last House in the Village / Spike Island Lasses / Griffin from the Bridge
05. Jigs:Trip to Brittany / Across the Black River / Tatter Jack Walsh
06. Slides:The Gleanntan Frolics / The Toormore / Maidhc Dainnin O Se's Slide
07. Paddy's Rambling through the Park
08. First Snow #2 
09. Hornpipes:The Bird's Hornpipe / Flowing Down Her Back And The Colour Of Her Golden Hair Was Black
10. Slip Jigs:Heart Shaped Wood / Soggy's
11. Jigs:The Rakes Of Clonmel / Pat Mahon's
12. Reels:Palmer's Gate / Joe Cooley's Morning Dew / Skyedance
13. Reels:New Mown Meadow / The Old Dudeen / O'Mahoney's


豊田 耕三1stソロアルバム『Internal Circulation - 呼吸の巴 -』発売記念ライヴ

2018年4月8日(日)
東京 江東 ティアラこうとう
開場 18:30 / 開演 19:30
前売 2,500円(税込 / 全席指定)

出演: 豊田 耕三(fl) / 久保慧祐(g)
スペシャルゲスト:マイキー・オシェイ(vn) / 豊田まり(vo)


※お問い合わせ: www.kozo-toyota.com
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 「でもしょうがないんだよね」と言ってほしい。言ってあげたい――ヒグチアイの“らしさ”が詰まった『日々凛々』[インタビュー] ある意味ニセモノ──半田健人が構築した“メタ・フォーク”アルバム『生活』
[インタビュー] 人を思って、願う気持ちが愛情――YU-A、3年振りの新作『OFF』[インタビュー] やらせたらスゴい──不良のメンタリティとストイックな姿勢を併せ持つラッパー・デュオ、GAZZA CROOKS
[インタビュー] 音楽を作り、演奏する――“覇道を往く”陰陽座の決意表明[インタビュー] GFRIEND 巷で噂のK-POPグループ、日本本格上陸
[インタビュー] シャープだけど薄くない、ただただカッコイイことだけをやりたいグループ――Cracks Brothers[インタビュー] 歌声で彩りを――“ヴォーカル”グループとして新たな道を切り拓くCOLOR CREATION
[インタビュー] パーティは終わった――2018年、STRUGGLE FOR PRIDEが贈る憎しみの音楽[インタビュー] もう変わる必要はないし、これをずっとやっていけばいい “時代を逆走する”小林太郎の決意と信念
[インタビュー] 原動力は愛、すべてのものへの愛――般若『話半分』[インタビュー] 限りあるこの日々を追い続けよう――伝説のアイドル、セイントフォー再始動
新譜情報
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015