ニュース

劇中曲は全てTUBE、前田亘輝の友人劇団がデビュー30周年を応援

チューブ   2015/09/03 15:03掲載
はてなブックマークに追加
劇中曲は全てTUBE、前田亘輝の友人劇団がデビュー30周年を応援
 劇団マツモトカズミの第五回公演〈結婚の偏差値III 純愛 supported by マンション経営大学〉が9月9日(水)から東京・渋谷「CBGK!!シブゲキ」(cbgk.jp/)で上演されます。劇団を主宰する松本和巳は、TUBE前田亘輝と同い年で古くからの友人。30周年を迎えた今も第一線で精力的に活躍する前田を応援したいという強い気持ちから今回、劇中音楽の全てにTUBEのヒット曲を使用しデビュー30周年を祝うとのこと。

 本作は、〈ミュージカル・テニスの王子様2ndシーズン〉の水石亜飛夢が新境地のヤンキーに挑戦、楽天カードのCMでお馴染み桃瀬美咲はひたむきに想いを寄せる純粋女子を演じるほか、テニミュ出身の安川純平が超現実主義なエリートを、日本テレビ『ZIP!』レギュラーのにわみきほがネット見合いで結婚するサバサバ女子と個性的なキャラクターが揃った、笑いあり、涙ありの痛快ラブ・コメディとなっています。

 また、朝倉ゆり(バクステ外神田一丁目)が9月9日(水)、長州小力(西口プロレス)が9月11日(金)に出演するなどユニークな日替わりゲストを迎え、全公演の終演後には出演者によるトークショー、ハイタッチお見送り、過去作品の出演者による座談会など、来場者向けのイベントも行なわれます。

 今年1月に新国立劇場で上演された〈新・幕末純情伝〉はチケットが即完売となるなど話題の劇団マツモトカズミの新作にご注目ください。

劇団マツモトカズミ第五回公演
結婚の偏差値III 純愛 supported by マンション経営大学


[あらすじ]
海辺の小さな元ライヴハウスの食堂。おしどり夫婦の荘(村尾俊明)とちあき(真以美)が経営するこの食堂は、いつも近所の高校生達で賑わっている。ウブで純粋な女子高生のもも(桃瀬美咲)は、幼馴染でちょいヤンキーの悛(水石亜飛夢)を一途に想い続けていた。ももと悛、ももの親友でしっかり者のさくら(にわみきほ)と超合理主義者の大(安川純平)、ちあきと荘、それぞれが抱く理想の恋と結婚は、時を経て、まさかの思わぬ展開を見せていく……。

主宰・演出: 松本和巳
脚本: 藤平久子
プロデューサー: 西村信吾

[会場]
東京 渋谷 CBGKシブゲキ!!

[上演スケジュール]
9月9日(水)18:30(朝倉ゆり出演)
9月10日(木)18:30
9月11日(金)14:00(長州小力出演) / 18:30(長州小力出演)
9月12日(土)13:00 / 17:00
9月13日(日)12:00 / 16:00

[チケット]
S席 6,800円 / A席 5,800円
高校生割 5,000円(11日の昼公演のみ / A席に限り)

[チケット取り扱い]
J-Stage Navi j-stage-i.jp/matsumoto
ローソンチケット l-tike.com/(0570-084-003 / L37969)(0570-000-407 / 10:00〜20:00)
イープラス eplus.jp/

[お問合せ]
(有)ストレイドッグプロモーション 03-6672-3503
gekidan.biz
オール・ジャンル 最新ニュース
 
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 屈強でしなやかな東京のヒップホップ――KANDYTOWNのビートメイカー、MIKIがファースト・ソロ・アルバム『137』を発表[インタビュー] より肉体的なものへ――神奈川・逗子を拠点とするHalf Mile Beach Clubが初の単独作を発表
[インタビュー] “続編”ではなく“新作”を作ろう きゃりーぱみゅぱみゅ「きみのみかた」[インタビュー] “俺の不幸で踊ってくれ!”――沖縄出身のラッパー、唾奇が最新作『道-TAO-』をリリース
[特集] [LIVE Report] まっすぐな気持ちを届けてくれる藤田麻衣子の歌[インタビュー] 自分というジャンルをちゃんと作りたい “シンガー・ソングライター”Nao Kawamura初のフル・アルバム『Kvarda』
[インタビュー] 「アワ・マン・イン・トーキョー〜バラッド・オブ・シン・ミヤタ」、宮田 信の仕事とは?[特集] ヘルベルト・フォン・カラヤン生誕110年記念! 数々の名盤が“理想の音”に迫る高音質で登場
[インタビュー] いい歌をたくさん歌って、レコーディングして残したい――フォルテ・ディ・クアトロのセカンド・アルバム『アヴェ・マリア〜CLASSICA』[インタビュー] 決め手は興奮が蘇ってくるかどうか――THOUSAND EYESが放つ“最高傑作”『DAY OF SALVATION』
[インタビュー] “ヤバさ”はこれだ――BES&ISSUGIの自信が浮かび上がる『VIRIDIAN SHOOT』[インタビュー] 小曽根 真 既存の概念を打ち壊すのではなく、共存するイメージで―― ニューヨーク・フィルハーモニックと共演した『ビヨンド・ボーダーズ』
新譜情報
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015