ニュース

植野隆司、昭和の名曲をギター1本でカヴァーする作品2タイトルを同時リリース

植野隆司   2017/04/21 17:22掲載
はてなブックマークに追加
植野隆司、昭和の名曲をギター1本でカヴァーする作品2タイトルを同時リリース
 アルバム『Music Exists』シリーズが好評となっているテニスコーツの一員としてのみならずソロとしても精力的に活動し、昨年リリースの大ヴォリューム4CD作品『Ueno Action』も話題の植野隆司が、昭和の名曲カヴァーをコンパイルした2タイトル『Mystic Mood Guitar 1』(CD VTN-1006 2,000円 + 税)、『Mystic Mood Guitar 2』(CD VTN-1007 2,000円 + 税)を5月1日(月)に同時リリース。4月24日(月)に東京・神保町 試聴室で開催するライヴ〈MYSTIC MOOD GUITAR 植野隆司 エレクトリックギターソロ Vol.9〉での先行販売も予定されています。

 両作は、植野が2015年からほぼ3ヶ月に1度、神保町・試聴室にて開催しているギター1本でのソロ・ライヴから生まれた作品。昭和のポピュラー・ミュージックを象徴するメロディの数々をギターのみでカヴァーし、自ら録音。両作合わせ全31曲が収められています。マスタリングは『Ueno Action』も手がけた大城 真(夏の大△)。レトロな仕上がりのデザインは、サリー久保田が担当しています。

MYSTIC MOOD GUITAR
植野隆司 エレクトリックギターソロ Vol.9

2017年4月24日(月)
東京 神保町 試聴室
開場 19:30 / 開演 20:00
無料(別途2ドリンク1,000円)
shicho.org/2017/04/1event170424

■2017年5月1日(月)
植野隆司
『Mystic Mood Guitar 1』

CD VTN-1006 2,000円 + 税

[収録曲]
01. 伊勢佐木町ブルース / 青江三奈
02. 知床旅情 / 森繁久彌
03. 銀座ブルース / 松尾和子とマヒナスターズ
04. 矢切の渡し / ちあきなおみ
05. 時の流れに身をまかせ / テレサ・テン
06. およげ!たいやきくん / 子門真人
07. ラヴ・イズ・オーヴァー / 欧陽菲菲
08. よこはま・たそがれ / 五木ひろし
09. ウナ・セラ・ディ東京 / 和田弘とマヒナスターズ
10. 与作 / 北島三郎
11. アカシアの雨がやむとき / 西田佐知子
12. 長崎は今日も雨だった / 内山田洋とクールファイブ
13. 北酒場 / 細川たかし
14. すきま風 / 杉 良太郎

■2014年5月1日(月)
植野隆司
『Mystic Mood Guitar 2』

CD VTN-1007 2,000円 + 税

[収録曲]
01. 夜明けのスキャット / 由紀さおり
02. 国境の町 / 東海林太郎
03. 恍惚のブルース / 青江三奈
04. 昭和枯れすすき / さくらと一郎
05. 大利根月夜 / 田端義夫
06. 愛人 / テレサ・テン
07. 北の宿から / 都はるみ
08. 恋の季節 / ピンキーとキラーズ
09. リンゴ追分 / 美空ひばり
10. 黒の舟唄 / 野坂昭如
11. 逢いたくて逢いたくて / 園まり
12. 北国の春 / 千 昌夫
13. 津軽海峡・冬景色 / 石川さゆり
14. 昔の名前で出ています / 小林 旭
15. 赤坂の夜は更けて / 西田佐知子
16. 熱き心に / 小林 旭
17. 爪 / ペギー葉山
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 上原ひろみが驚異のハープ奏者エドマール・カスタネーダとのデュオ・プロジェクトを始動[インタビュー] “いいっすよ”から17年――サイプレス上野とロベルト吉野、ミニ・アルバム『大海賊』でメジャー・デビュー
[インタビュー] “今この時”を、考える――中村雅俊が「どこへ時が流れても / まだ僕にできることがあるだろう」に込めた同世代へのメッセージ[インタビュー] “何があっても”楽しく生きるんだという覚悟 真心ブラザーズ『FLOW ON THE CLOUD』
[インタビュー] サクソフォン四重奏を知らないかたにも素晴らしさを伝えたい――The Rev Saxophone Quartetが追求する伝統とオリジナリティ[インタビュー] ヒグチアイが目指す歌は、おしゃれじゃないけど“大切にしてきたもの”
[インタビュー] 若いリスナーにも良い音楽を届けたい――MASATOとMinnesotahが語る『KANDYTOWN LIFE presents “Land of 1000 Classics”』[インタビュー] Less Than TV25周年 大石規湖監督が記録した“ある家族”の日常、ドキュメンタリー映画「MOTHER FUCKER」
[インタビュー] ISEKIが追求する“自分らしさ”とは J-POPカヴァー集第2弾『AOR FLAVA -sweet blue-』[インタビュー] アイドルやめた――“渋谷系ガールズロックユニット”に転身したCANDY GO!GO!のリアル
[インタビュー] KANDYTOWNの新たな方向性も感じさせるソロ・アルバム、MUD『Make U Dirty』[インタビュー] 音楽にとどまらない、発想としての面白さ――ジェフ・パーカーがゆっくり語る『The New Breed』
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015