ニュース

アンダーワールド、久々の新作はダウンロード販売のみ!

アンダーワールド(Underworld)   2005/11/10掲載(Last Update:08/03/31 17:57)
MyCDJ お気に入りリストに「」を追加/削除する はてなブックマークに追加
 2003年にベスト・アルバム『アンダーワールド 1992-2002』(写真)を発表し、その活動にひと区切りをみせた、アンダーワールド。その彼らの新作は従来のパッケージ作品ではなく、自身のサイトを経由したダウンロード販売のみとなるそうです。

 昨日9日より新たにオープンした特設サイト“www.underworldlive.com”にて販売開始された新作『lovely broken thing』は、新曲7曲のMP3ファイルに加え、カヴァー・アートワークのPDFファイル、従来のブックレット的役割をするHTMLファイルをセットにしたもの。価格は£5.00(日本円で約\1,025(税込))で、日本でもクレジットカード経由で購入が可能となる模様です。今回の試みについてメンバーは“新たなアルバムの発表を何年も待たずに、今その瞬間の出来事に即座に応答できる”とのコメントを発表。今後を含めてパッケージ化はされないそうなので、熱心なファンは購入してみてはいかがでしょうか?

●『lovely broken thing』
≪セット内容≫
・28' 36" audio (mp3)
(01) jal to tokyo
(02) billy goat
(03) peggy sussed
(04) dub shepherd
(05) lenny penne
(06) monkey wink
(07) witness

・177 photos in gallery (html)
・front cover artwork (pdf)
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ふっと飛び込んでくるワンフレーズ “現場の音楽”HIT『Be!!』[インタビュー] 深くて豊かな音楽を目指した“名盤” 石橋 凌『may Burn!』
[インタビュー] 私は変わり続ける。それは“出会い”を意味しているから――コリーヌ・ベイリー・レイ[インタビュー] 美しさと暴力性、Ramzaの“手”に触れる『pessim』
[インタビュー] 自分の存在を“やり続けること”で知らせる――ISSUGI×MASS-HOLE[インタビュー] ヒップホップとしてかっこよくいられたら――C.O.S.A.『Girl Queen』
[インタビュー] 今のラフィンノーズは超おもしろい――“50代のラフィンロール”を体現した新作『50’s ROLL』[インタビュー] 自分の中にある伝統と革新―― 島 裕介が新世代ミュージシャンを率いて『Silent Jazz Case 3』を発表
[インタビュー] たまには母ちゃんにみたらし団子を買ってかったりしぃや!――SHINGO★西成が3年をかけて辿り着いた『ここから・・・いまから』[インタビュー] “大人ってカッコいい”と思えるような歌 ISEKI×中田裕二『AOR FLAVA』
[インタビュー] 研ぎ澄まされた4人のアンサンブル――ライヴ・ベスト・アルバム『echoes』をリリースしたbohemianvoodoo[インタビュー] 児玉桃、マンフレート・アイヒャーとの出会いとドビュッシー&細川俊夫の音楽を語る
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015