ニュース

アンノウン・モータル・オーケストラ、ニュー・アルバム『セックス&フード』を4月にリリース

アンノウン・モータル・オーケストラ(UNKNOWN MORTAL ORCHESTRA)   2018/02/13 12:37掲載
はてなブックマークに追加
アンノウン・モータル・オーケストラ、ニュー・アルバム『セックス&フード』を4月にリリース
 ニュージーランド出身、現在は米ポートランドを拠点に活動するルーバン・ニールソン率いるサイケデリック・ロック・バンド、アンノウン・モータル・オーケストラ(UNKNOWN MORTAL ORCHESTRA)が、4月6日(金)にニュー・アルバム『セックス&フード』をリリース。発売当日からマサチューセッツ州ノーサンプトン公演を皮切りにワールド・ツアーの開催も決定しています。

 ポートランドのホームスタジオに加え、ソウル、ハノイ、レイキャビク、メキシコシティ、オークランドなど世界中の様々な場所でレコーディングを行なった本作は、ニールソンの音楽的旅行譚。世界を旅して得た広範囲の人間的経験が楽曲へと昇華されています。

 発売に先駆けてミュージック・ビデオが公開されている収録曲「American Guilt」についてニールソンは、「この曲は、最近自分の心に浮かんではまとわりついていた気持ちを捉えようとしたものなんだよ。近年ロックは死んだと言われ続けて、見放されているような風潮がある。じゃあ、その生きながらに死んでいるジャンルの音が、UMOの世界ではこんなふうに鳴っているんだってことを、人々にわかってもらおうってひねくれた思いつきからこの曲が生まれたんだ」とコメント。レコーディングについて「この曲ははじめ、ハノイの伝統音楽のためにつくられたスタジオでモンスーンの季節につくった。そのレコーディングの続きをメキシコシティで行なったんだけど、去年起きた壊滅的な地震のせいで一時中断せざるを得なかったんだ。泊まっていたAirbnbに戻ることができなくて公園で寝泊まりしていたんだけど、そんな中で誰かが“Viva la Mexico!(メキシコ万歳)”って叫んだんだよ。彼に敬意を表して、それを曲に取り入れたのさ」というエピソードを語っています。



■2018年4月6日(金)発売
UNKNOWN MORTAL ORCHESTRA
『Sex & Food』

税込1,650円

[収録曲]
01. A God Called Hubris
02. Major League Chemicals
03. Ministry of Alienation
04. Hunnybee
05. Chronos Feasts on His Children
06. American Guilt
07. The Internet of Love(That Way)
08. Everyone Acts Crazy Nowadays
09. This Doomsday
10. How Many Zeros
11. Not in Love We're Just High
12. If You're Going to Break Yourself
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] とにかく一緒に制作するのが楽しい――“馴染んだ”PUSHIM×韻シスト『TO THE NEXT』[インタビュー] 一緒に挑戦していきたい――すべてを出すことができるアンサンブル“MIZUTANI×TAIRIKU”
[インタビュー] “雑食主義”のフィメール・ラッパー、HITが放つファースト・アルバム『THE HIT』![インタビュー] 一音一音の美しさを目指して――本田珠也がICTUS Trioを始動
[インタビュー] ジャズ・シンガーとして新たな一歩を踏み出したMoon『Kiss Me』[インタビュー] ソムリエのように、ピアノ音楽の楽しさを伝える――大井 健が初の映像作品『Piano Love The Movie』を発表
[インタビュー] 自分たちも知らない、さらなる可能性を求めて――DaizyStripper「4GET ME NOT」[インタビュー] スペシャルインタビュー 坂本慎太郎
[インタビュー] 飼い慣らされない女たち――キノコホテル創業10周年 マリアンヌ東雲が2017年を振り返る[インタビュー] 静的でありながら“不穏の予感”それでいて“快楽そのもの” ギリシャラブ・天川悠雅が目指す、理想の音楽
[インタビュー] 西恵利香、2018年へ “いつでもそこで歌ってる人でありたい”[インタビュー] サクソフォン奏者として、新たにバッハの音楽に息を吹き込む――上野耕平が挑むJ.S.バッハの無伴奏作品集
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015