ニュース

『凶悪』の白石和彌監督最新作、映画「サニー / 32」OST発売

牛尾憲輔   2017/12/19 15:22掲載
はてなブックマークに追加
 2018年2月9日(金)より新潟・長岡で先行公開されたのち、2月17日(土)より全国で公開される、白石和彌監督最新作「サニー / 32」のサウンドトラック『映画「サニー / 32」オリジナル・サウンドトラック』(PCCR-00668 2,500円 + 税)が、2月14日(水)に発売されます。

 本作は、北原里英演じる中学校教師の藤井赤理が“犯罪史上、最もかわいい殺人犯”と呼ばれる11歳の少女サニーの狂信的信者に拉致されてしまうというサスペンス作。誘拐犯役を演じるのは、2013年公開の白石監督作『凶悪』での演技が高く評価されたリリー・フランキーピエール瀧

 劇伴を担当するのはソロユニット“agraph”としても活躍する牛尾憲輔。サウンドトラックには牛尾による楽曲に加え、田渕ひさ子が歌う主題歌「pray」や映画『南極料理人』『モヒカン故郷に帰る』の沖田修一監督が歌う劇中歌「もっともかわいいマーダーはサニー」などが収録されています。牛尾は主題歌「pray」に関して「白石監督から主題歌を頼まれ、歌って頂く方を考えました。作中での赤理の向井に向けた母性的な眼差しや、白石監督から頂いた“祈り”というキーワードの純粋さを表せる歌声を、と思い、田渕さんにお願いしました」とコメントしています。

■2018年2月14日(水)発売
牛尾憲輔
映画「サニー / 32」オリジナル・サウンドトラック

PCCR-00668 2,500円 + 税

[収録曲]
01. pray
02. 予兆
03. 夜警
04. 夜道
05. バースデーケーキ
06. 山荘
07. 脱出
08. 階上階下
09. 監視者
10. 漂流
11. 物音
12. チャンピオン
13. 薄暮
14. 私刑
15. 闖入者
16. 覚醒
17. Ktkr!!!
18. 集合写真
19. もっともカワいいマーダーはサニー
20. 降臨
21. 日常
22. サニー
23. 日差
24. 2月28日
25. ふたり
26. 混乱
27. サニーからサニーへ
28. 激闘
29. 心から
30. 聖なるもの


「サニー / 32」
2018年2月8日(金)新潟・長岡先行公開 / 2月17日(土)全国公開
movie-32.jp

スーパーバイザー: 秋元 康
脚本: 盒 泉
音楽: 牛尾憲輔
監督: 白石和彌
出演: 北原里英 / ピエール瀧 / 門脇 麦 / リリー・フランキー / 駿河太郎 / 音尾琢真(特別出演) / 山崎銀之丞 / カトウ シンスケ / 奥村佳恵 / 大津尋葵 / 加部亜門 / 松永拓野 / 蔵下穂波 / 蒼波 純


配給: 日活
©2018『サニー / 32』製作委員会
オール・ジャンル 最新ニュース
 
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 屈強でしなやかな東京のヒップホップ――KANDYTOWNのビートメイカー、MIKIがファースト・ソロ・アルバム『137』を発表[インタビュー] より肉体的なものへ――神奈川・逗子を拠点とするHalf Mile Beach Clubが初の単独作を発表
[インタビュー] “続編”ではなく“新作”を作ろう きゃりーぱみゅぱみゅ「きみのみかた」[インタビュー] “俺の不幸で踊ってくれ!”――沖縄出身のラッパー、唾奇が最新作『道-TAO-』をリリース
[特集] [LIVE Report] まっすぐな気持ちを届けてくれる藤田麻衣子の歌[インタビュー] 自分というジャンルをちゃんと作りたい “シンガー・ソングライター”Nao Kawamura初のフル・アルバム『Kvarda』
[インタビュー] 「アワ・マン・イン・トーキョー〜バラッド・オブ・シン・ミヤタ」、宮田 信の仕事とは?[特集] ヘルベルト・フォン・カラヤン生誕110年記念! 数々の名盤が“理想の音”に迫る高音質で登場
[インタビュー] いい歌をたくさん歌って、レコーディングして残したい――フォルテ・ディ・クアトロのセカンド・アルバム『アヴェ・マリア〜CLASSICA』[インタビュー] 決め手は興奮が蘇ってくるかどうか――THOUSAND EYESが放つ“最高傑作”『DAY OF SALVATION』
[インタビュー] “ヤバさ”はこれだ――BES&ISSUGIの自信が浮かび上がる『VIRIDIAN SHOOT』[インタビュー] 小曽根 真 既存の概念を打ち壊すのではなく、共存するイメージで―― ニューヨーク・フィルハーモニックと共演した『ビヨンド・ボーダーズ』
新譜情報
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015