ニュース

渡部優衣、ニュー・アルバム『vivid station』を11月にリリース

渡部優衣   2017/09/19 14:33掲載
はてなブックマークに追加
渡部優衣、ニュー・アルバム『vivid station』を11月にリリース
 声優、シンガーとして活躍する渡部優衣がニュー・アルバム『vivid station』を11月1日(水)にリリース。ミュージック・ビデオやボーナス映像(全曲解説&メイキング)を収録したBlu-ray付き初回生産限定盤(TKCA-74591 4,167円 + 税)と、通常盤(TKCA-74592 3,000円 + 税)の2形態で発売されます。

 本作は、2016年にリリースされた『FUN FAN VOX』に続く2ndアルバム。Elements Gardenの藤永龍太郎をはじめ、谷口尚久、渡部と親交のある桃井はるこ渡部チェルなど豪華作家陣が手掛けた、ヴァラエティ豊かな全11曲を収録しています。タイトルについて渡部は「ヴィヴィッドには“色鮮やか”という言葉の意味が有るのですが、それにステーションを付ける事によって、夫々の鮮やかさが出た曲達をレールで繋ぎ、私が列車になってみんなを色鮮やかな駅へ乗せて行く、連れて行く、というイメージで“vivid station”というタイトルを考えさせて頂きました」とコメントしています。

ヴィヴィッドには“色鮮やか”という言葉の意味が有るのですが、それにステーションを付ける事によって、夫々の鮮やかさが出た曲達をレールで繋ぎ、私が列車になってみんなを色鮮やかな駅へ乗せて行く、連れて行く、というイメージで“vivid station”というタイトルを考えさせて頂きました。色んなシーンで聴いて頂いても楽しいアルバムになったと思います。その時の状況だったり、気持ちだったり、場所だったりによって印象が変わってくると思うので、色んなシーンで聴いて頂けたらvivid stationの意味も伝わり、楽しんで頂けるのかなと思います。是非聴いてみて下さい。
――渡部優衣

■2017年11月1日(水)
渡部優衣
『vivid station』

初回生産限定盤 CD + Blu-ray TKCA-74591 4,167円 + 税
通常盤 CD TKCA-74592 3,000円 + 税

[CD]
01. アスナロ
02. 湾岸ヴィーナス
03. DAYBREAK
04. 夢のキセキ
05. sensing
06. 6th Breeze
07. ユメ☆アドベンチャー
08. joystick
09. スペアミント
10. ステップ
11. JUMPER

[初回生産限定盤Blu-ray]
01. アスナロ(Music Video)
02. スペアミント(Music Video)
03. 夢のキセキ(Music Video)
04. 全曲解説&メイキング(Bonus Movie)
オール・ジャンル 最新ニュース
 
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 屈強でしなやかな東京のヒップホップ――KANDYTOWNのビートメイカー、MIKIがファースト・ソロ・アルバム『137』を発表[インタビュー] より肉体的なものへ――神奈川・逗子を拠点とするHalf Mile Beach Clubが初の単独作を発表
[インタビュー] “続編”ではなく“新作”を作ろう きゃりーぱみゅぱみゅ「きみのみかた」[インタビュー] “俺の不幸で踊ってくれ!”――沖縄出身のラッパー、唾奇が最新作『道-TAO-』をリリース
[特集] [LIVE Report] まっすぐな気持ちを届けてくれる藤田麻衣子の歌[インタビュー] 自分というジャンルをちゃんと作りたい “シンガー・ソングライター”Nao Kawamura初のフル・アルバム『Kvarda』
[インタビュー] 「アワ・マン・イン・トーキョー〜バラッド・オブ・シン・ミヤタ」、宮田 信の仕事とは?[特集] ヘルベルト・フォン・カラヤン生誕110年記念! 数々の名盤が“理想の音”に迫る高音質で登場
[インタビュー] いい歌をたくさん歌って、レコーディングして残したい――フォルテ・ディ・クアトロのセカンド・アルバム『アヴェ・マリア〜CLASSICA』[インタビュー] 決め手は興奮が蘇ってくるかどうか――THOUSAND EYESが放つ“最高傑作”『DAY OF SALVATION』
[インタビュー] “ヤバさ”はこれだ――BES&ISSUGIの自信が浮かび上がる『VIRIDIAN SHOOT』[インタビュー] 小曽根 真 既存の概念を打ち壊すのではなく、共存するイメージで―― ニューヨーク・フィルハーモニックと共演した『ビヨンド・ボーダーズ』
新譜情報
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015