ニュース

「ギターよ、ありがとね」ウィルコ・ジョンソンのインタビュー動画などが「RandoM」で公開

ウィルコ・ジョンソン(Wilko Johnson)   2013/02/08 16:43掲載
はてなブックマークに追加
「ギターよ、ありがとね」ウィルコ・ジョンソンのインタビュー動画などが「RandoM」で公開
 末期のすい臓がんであることを公表したギタリスト、ウィルコ・ジョンソン(Wilko Johnson)のインタビュー、そして自身のギター奏法解説を収録した動画が、リットーミュージックによるWebサイト「RandoM」(http://port.rittor-music.co.jp/guitar/magazine/28025.php)にて公開。「ギターを通して多くの人と出会い、そのアクシデントすべてが僕の人生を変えていってくれた。(中略)ギターよ、ありがとね」と語るウィルコ、計13分の動画は映像作家のMINORxU氏(http://www.minoratheart.com/)によるものです。

 英国を代表するロック・バンド、ドクター・フィールグッドのギタリストとして世界中の人々に甚大な影響を与えたギター・ヒーロー、ウィルコ・ジョンソン。その彼から発表されたのは、末期のすい臓癌という事実。化学療法による治療を拒否した彼の命は半年から長くて1年。「身体が元気なうちに楽しい時間を過ごした日本の友人たちに会っておきたい」と急遽来日を果たした彼は、東京と京都でライヴを敢行。集まった超満員のロック・ファンを熱狂させました。

 そしてこの度、音楽雑誌『ギター・マガジン』では、ウィルコへ、これまでのキャリアを振り返ったロング・インタビューを行なうとともに,彼の“言葉”だけでなく唯一無二の“ギター・プレイ”も後世に伝えるべきと考え,本人に直伝のカッティング・セミナーをオファーしたところ快諾。実現の運びに。火を噴くようなマシンガン・カッティングの真髄を付属CDに収録するとともに、実演の模様を撮影。2月13日(水)に発売される本誌(2013年3月号)と共にチェックしておきましょう。(写真:三島タカユキ)

※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] とにかく一緒に制作するのが楽しい――“馴染んだ”PUSHIM×韻シスト『TO THE NEXT』[インタビュー] 一緒に挑戦していきたい――すべてを出すことができるアンサンブル“MIZUTANI×TAIRIKU”
[インタビュー] “雑食主義”のフィメール・ラッパー、HITが放つファースト・アルバム『THE HIT』![インタビュー] 一音一音の美しさを目指して――本田珠也がICTUS Trioを始動
[インタビュー] ジャズ・シンガーとして新たな一歩を踏み出したMoon『Kiss Me』[インタビュー] ソムリエのように、ピアノ音楽の楽しさを伝える――大井 健が初の映像作品『Piano Love The Movie』を発表
[インタビュー] 自分たちも知らない、さらなる可能性を求めて――DaizyStripper「4GET ME NOT」[インタビュー] スペシャルインタビュー 坂本慎太郎
[インタビュー] 飼い慣らされない女たち――キノコホテル創業10周年 マリアンヌ東雲が2017年を振り返る[インタビュー] 静的でありながら“不穏の予感”それでいて“快楽そのもの” ギリシャラブ・天川悠雅が目指す、理想の音楽
[インタビュー] 西恵利香、2018年へ “いつでもそこで歌ってる人でありたい”[インタビュー] サクソフォン奏者として、新たにバッハの音楽に息を吹き込む――上野耕平が挑むJ.S.バッハの無伴奏作品集
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015