ニュース

「ギターよ、ありがとね」ウィルコ・ジョンソンのインタビュー動画などが「RandoM」で公開

ウィルコ・ジョンソン(Wilko Johnson)   2013/02/08 16:43掲載
MyCDJ お気に入りリストに「」を追加/削除する はてなブックマークに追加
「ギターよ、ありがとね」ウィルコ・ジョンソンのインタビュー動画などが「RandoM」で公開
 末期のすい臓がんであることを公表したギタリスト、ウィルコ・ジョンソン(Wilko Johnson)のインタビュー、そして自身のギター奏法解説を収録した動画が、リットーミュージックによるWebサイト「RandoM」(http://port.rittor-music.co.jp/guitar/magazine/28025.php)にて公開。「ギターを通して多くの人と出会い、そのアクシデントすべてが僕の人生を変えていってくれた。(中略)ギターよ、ありがとね」と語るウィルコ、計13分の動画は映像作家のMINORxU氏(http://www.minoratheart.com/)によるものです。

 英国を代表するロック・バンド、ドクター・フィールグッドのギタリストとして世界中の人々に甚大な影響を与えたギター・ヒーロー、ウィルコ・ジョンソン。その彼から発表されたのは、末期のすい臓癌という事実。化学療法による治療を拒否した彼の命は半年から長くて1年。「身体が元気なうちに楽しい時間を過ごした日本の友人たちに会っておきたい」と急遽来日を果たした彼は、東京と京都でライヴを敢行。集まった超満員のロック・ファンを熱狂させました。

 そしてこの度、音楽雑誌『ギター・マガジン』では、ウィルコへ、これまでのキャリアを振り返ったロング・インタビューを行なうとともに,彼の“言葉”だけでなく唯一無二の“ギター・プレイ”も後世に伝えるべきと考え,本人に直伝のカッティング・セミナーをオファーしたところ快諾。実現の運びに。火を噴くようなマシンガン・カッティングの真髄を付属CDに収録するとともに、実演の模様を撮影。2月13日(水)に発売される本誌(2013年3月号)と共にチェックしておきましょう。(写真:三島タカユキ)

※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ふっと飛び込んでくるワンフレーズ “現場の音楽”HIT『Be!!』[インタビュー] 深くて豊かな音楽を目指した“名盤” 石橋 凌『may Burn!』
[インタビュー] 私は変わり続ける。それは“出会い”を意味しているから――コリーヌ・ベイリー・レイ[インタビュー] 美しさと暴力性、Ramzaの“手”に触れる『pessim』
[インタビュー] 自分の存在を“やり続けること”で知らせる――ISSUGI×MASS-HOLE[インタビュー] ヒップホップとしてかっこよくいられたら――C.O.S.A.『Girl Queen』
[インタビュー] 今のラフィンノーズは超おもしろい――“50代のラフィンロール”を体現した新作『50’s ROLL』[インタビュー] 自分の中にある伝統と革新―― 島 裕介が新世代ミュージシャンを率いて『Silent Jazz Case 3』を発表
[インタビュー] たまには母ちゃんにみたらし団子を買ってかったりしぃや!――SHINGO★西成が3年をかけて辿り着いた『ここから・・・いまから』[インタビュー] “大人ってカッコいい”と思えるような歌 ISEKI×中田裕二『AOR FLAVA』
[インタビュー] 研ぎ澄まされた4人のアンサンブル――ライヴ・ベスト・アルバム『echoes』をリリースしたbohemianvoodoo[インタビュー] 児玉桃、マンフレート・アイヒャーとの出会いとドビュッシー&細川俊夫の音楽を語る
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015