ニュース

ハーピストのグザヴィエ・ドゥ・メストレ、〈マリー・アントワネット展〉のスペシャル・ミニ・コンサートに出演

グザヴィエ・ドゥ・メストレ(Xavier De Maistre)   2016/12/27 13:54掲載
MyCDJ お気に入りリストに「」を追加/削除する はてなブックマークに追加
 2016年10月25日(火)〜2017年2月26日(日)にかけて東京・六本木 森アーツセンターギャラリーで開催中の〈ヴェルサイユ宮殿≪監修≫マリー・アントワネット展 美術品が語るフランス王妃の真実〉。2017年1月3日(火)の閉館後、世界を代表するハーピストのグザヴィエ・ドゥ・メストレ(Xavier de Maistre)が、同会場で行なわれるスペシャル・ミニ・コンサートに出演します。

 メストレは1996年、バイエルン放送交響楽団にソロ・ハーピストとして入団。98年、世界で最も権威のあるUSA国際ハープ・コンクールで優勝と同時に2つの演奏賞を受賞。その翌年に25歳という若さでウィーン・フィルハーモニー管弦楽団のソロ・ハーピストに就任し、2002年にはアンドレ・プレヴィン(André Previn)の指揮で、ハーピストとしてウィーン・フィル史上初めてハープ協奏曲を演奏しました。ソリストとしても活発に活動し、著名指揮者のタクトのもと、世界の一流オーケストラと共演を重ねています。

 2016年6月には、アントワネットゆかりの地ヴェルサイユ宮殿の王立歌劇場で、ウィリアム・クリスティ(William Christie)指揮レザール・フロリサンとアントワネットにまつわる音楽の録音を行なったメストレ。輸入盤で2016年11月に発売されたこの録音は、アルバム『LA HARPE REINE〜王妃のハープ〜マリー・アントワネットの宮廷の音楽』(KKC-5693 3,000円 + 税)として、2017年1月に国内盤の発売も予定されています。

マリー・アントワネット展 スペシャル・ミニ・コンサート
www.ntv.co.jp/marie/information/201612/post_14.html

2017年1月3日(火)17:35〜
東京 六本木 森アーツセンターギャラリー
六本木ヒルズ 森タワー52階
入場開始 17:30 / 開演 17:35 / 終演 18:25(予定)
※16:40より森アーツセンターギャラリー(52階)入口にて参加証配布。
※参加証は、当日入館券をお持ちのご本人様のみ1枚までとさせて頂きます。
※先着順。定員に達し次第、締め切らせて頂きます。
※入口で参加証と当日入館券を確認させて頂きます。
※会場内は立ち見となります。ご了承ください。
※参加証配布時間前に一度、退館される方はスタッフにお申し出ください。
※当日は取材が入ります。予めご了承ください。


[曲目]
ドゥシェク: ハープ・ソナタハ短調op.35-3
ジャン=バティスト・クルムフォルツ: ハープ協奏曲第5番変ロ長調より第2楽章
グルック / メストレ編: 『オルフェオとエウリディーチェ』より「精霊の踊り」


■2017年1月中旬発売
LA HARPE REINE〜王妃のハープ〜マリー・アントワネットの宮廷の音楽
KKC-5693 3,000円 + 税

[収録曲]
ジャン=バティスト・クルムフォルツ: ハープ協奏曲第5番変ロ長調op.7
ハイドン: 交響曲第85番「王妃」Hob.I:85
ヨハン・ダヴィド・ヘルマン: ハープとオーケストラのための協奏曲第1番op.9ヘ長調
グルック / メストレ編: 『オルフェオとエウリディーチェ』より「精霊の踊り」

[演奏]
グザヴィエ・ドゥ・メストレ(hp)ウィリアム・クリスティ指揮レザール・フロリサン

[録音]
2016年6月27日, 28日 ヴェルサイユ宮殿王立歌劇場
オール・ジャンル 最新ニュース
 
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] “好きだ!”という気持ちをぶつける対象があるだけで、人生はとても豊かになる――寺嶋由芙が目指す“ゆるドル”とは[インタビュー] 政府は飢えを武器にして人々を統制している――ケン・ローチ監督が語る「わたしは、ダニエル・ブレイク」
[特集] ジェイソン・モランに死角なし――「スガダイローとJASON MORANと東京と京都」[インタビュー] わたし自身が大好きな曲ばかり――寺下真理子『ロマンス』は様々な形の“愛”に因んだ作品
[インタビュー] クラシックの名曲を鼻歌のように――渋さ知らズが世界最古のアシッド・ミュージックに挑んだ『渋樹』[インタビュー] すでに“魂”は失われてしまった――チュス・グティエレス監督自身が語る「サクロモンテの丘〜ロマの洞窟フラメンコ」
[インタビュー] なんかいいのできた! どう? “Diggy-MO’ならでは”と“いい曲”の理想的なバランス『BEWITCHED』[インタビュー] “呼吸”こそ歌――双子ソプラノ・デュオ、山田姉妹が歌う昭和の名曲たち
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015