ニュース

ハーピストのグザヴィエ・ドゥ・メストレ、〈マリー・アントワネット展〉のスペシャル・ミニ・コンサートに出演

グザヴィエ・ドゥ・メストレ(Xavier De Maistre)   2016/12/27 13:54掲載
はてなブックマークに追加
 2016年10月25日(火)〜2017年2月26日(日)にかけて東京・六本木 森アーツセンターギャラリーで開催中の〈ヴェルサイユ宮殿≪監修≫マリー・アントワネット展 美術品が語るフランス王妃の真実〉。2017年1月3日(火)の閉館後、世界を代表するハーピストのグザヴィエ・ドゥ・メストレ(Xavier de Maistre)が、同会場で行なわれるスペシャル・ミニ・コンサートに出演します。

 メストレは1996年、バイエルン放送交響楽団にソロ・ハーピストとして入団。98年、世界で最も権威のあるUSA国際ハープ・コンクールで優勝と同時に2つの演奏賞を受賞。その翌年に25歳という若さでウィーン・フィルハーモニー管弦楽団のソロ・ハーピストに就任し、2002年にはアンドレ・プレヴィン(André Previn)の指揮で、ハーピストとしてウィーン・フィル史上初めてハープ協奏曲を演奏しました。ソリストとしても活発に活動し、著名指揮者のタクトのもと、世界の一流オーケストラと共演を重ねています。

 2016年6月には、アントワネットゆかりの地ヴェルサイユ宮殿の王立歌劇場で、ウィリアム・クリスティ(William Christie)指揮レザール・フロリサンとアントワネットにまつわる音楽の録音を行なったメストレ。輸入盤で2016年11月に発売されたこの録音は、アルバム『LA HARPE REINE〜王妃のハープ〜マリー・アントワネットの宮廷の音楽』(KKC-5693 3,000円 + 税)として、2017年1月に国内盤の発売も予定されています。

マリー・アントワネット展 スペシャル・ミニ・コンサート
www.ntv.co.jp/marie/information/201612/post_14.html

2017年1月3日(火)17:35〜
東京 六本木 森アーツセンターギャラリー
六本木ヒルズ 森タワー52階
入場開始 17:30 / 開演 17:35 / 終演 18:25(予定)
※16:40より森アーツセンターギャラリー(52階)入口にて参加証配布。
※参加証は、当日入館券をお持ちのご本人様のみ1枚までとさせて頂きます。
※先着順。定員に達し次第、締め切らせて頂きます。
※入口で参加証と当日入館券を確認させて頂きます。
※会場内は立ち見となります。ご了承ください。
※参加証配布時間前に一度、退館される方はスタッフにお申し出ください。
※当日は取材が入ります。予めご了承ください。


[曲目]
ドゥシェク: ハープ・ソナタハ短調op.35-3
ジャン=バティスト・クルムフォルツ: ハープ協奏曲第5番変ロ長調より第2楽章
グルック / メストレ編: 『オルフェオとエウリディーチェ』より「精霊の踊り」


■2017年1月中旬発売
LA HARPE REINE〜王妃のハープ〜マリー・アントワネットの宮廷の音楽
KKC-5693 3,000円 + 税

[収録曲]
ジャン=バティスト・クルムフォルツ: ハープ協奏曲第5番変ロ長調op.7
ハイドン: 交響曲第85番「王妃」Hob.I:85
ヨハン・ダヴィド・ヘルマン: ハープとオーケストラのための協奏曲第1番op.9ヘ長調
グルック / メストレ編: 『オルフェオとエウリディーチェ』より「精霊の踊り」

[演奏]
グザヴィエ・ドゥ・メストレ(hp)ウィリアム・クリスティ指揮レザール・フロリサン

[録音]
2016年6月27日, 28日 ヴェルサイユ宮殿王立歌劇場
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 角銅真実&西田修大が語る石若 駿『Songbook2』[特集] [LIVE Report] 愛され続けるシンガー・ソングライター藤田麻衣子のオール『緋色の欠片』曲によるスペシャル・ライヴ!
[インタビュー] 秋本帆華が語るチームしゃちほこの“これまで”と“これから”[インタビュー] 原点回帰を経て再確認した“本気”の在り所 加藤和樹『SPICY BOX』
[インタビュー] “世界の先端で戦うということ” BIGYUKI『リーチング・フォー・ケイローン』[インタビュー] 音楽の“過去と未来”とを想像力でつないでみせる歌 高田 漣『ナイトライダーズ・ブルース』
[インタビュー] 永遠に愛される曲を目指して――サラ・オレインが真価を発揮した『Cinema Music』[インタビュー] ノリとヴァイブスだけで作った音楽を“ヒップホップ”としてパッケージ化する GRADIS NICE & YOUNG MAS(Febb)
[インタビュー] 密接な関係性ありきの音楽 MIKUMARI×OWL BEATS『FINEMALT NO.7』[インタビュー] (想像以上に)挙動不審!? 廣瀬真理子が総勢22人の“ドリアンな奴ら”を率いてアルバムをリリース
[インタビュー] 「知らない土地で出会う風景や人から音楽が生まれる」 ――ピアニスト、ジェイコブ・コーラーが描くシネマティックな世界[インタビュー] 上原ひろみが驚異のハープ奏者エドマール・カスタネーダとのデュオ・プロジェクトを始動
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015