ニュース

八代亜紀、36年ぶりのロサンゼルス公演を開催 『夜のつづき』収録のジャズ・ナンバーも披露

八代亜紀   2017/10/23 12:34掲載
はてなブックマークに追加
八代亜紀、36年ぶりのロサンゼルス公演を開催 『夜のつづき』収録のジャズ・ナンバーも披露
 10月11日にリリースしたジャズ・アルバム第2弾『夜のつづき』(UCCJ-2146 3,000円 + 税)がiTunesジャズ・チャートにて1位を獲得し、ジャズ・シンガーとしても活躍する八代亜紀が、現地時間10月21日(土)に36年ぶりとなる米ロサンゼルス公演をブランドン・ビーチ・パフォーミング・アート・センターにて開催。

 今回の公演は、現地のオーロラ日本語奨学金基金(日本語教育に携わるアメリカ人教師や、大学院生の日本での研修を支援・育成し、日本語を学ぶ子供たちや学生により良い教育を広める事を目的とする非営利団体)が主催したベネフィット・コンサート。団体の活動に賛同した八代は、出演オファーを快諾。会場には、日系人を含む約1,200人が来場しました。

 ステージに登場した八代は「Hello, my name is Aki Yashiro. I'm Japanese singer。どうぞよろしく」と英語を交えて挨拶。また、36年ぶりのロサンゼルス公演に関して「温かく迎えていただき、とても感動しています。今日は八代ワールドをたっぷりとお届け致します」と語ると「舟唄」や「雨の慕情」などの代表曲に加え、新作『夜のつづき』収録曲「帰ってくれたら嬉しいわ」や「黒い花びら」といったジャズ・ナンバーを含む18曲を披露しました。

 代表曲「雨の慕情」のMCでは、「36年前に来たときも乾燥地帯のロスに雨を降らせたの。そしてなんと、今回の滞在中にも雨が降ったの!」とコメント。客席は日本が誇るシンガーの歌声とジャズのリズムに身体を揺らすなど、終始和やかな空気に包まれました。

 また、八代は公演前日に開催される同基金主催のチャリティ・オークション・イベント〈ベネフィット・アワード・ディナー,オークション&ガラ セレブレーション〉にも参加し、ステージ衣装等を提供。コンサートとオークションの収益金は、学生の奨学金等に使われます。

Live Photo by 平岡 純

■2017年10月11日(水)発売
八代亜紀
夜のつづき

UCCJ-2146 3,000円 + 税

[収録曲]
01. 帰ってくれたら嬉しいわ
02. フィーヴァー
03. 黒い花びら
04. 涙の太陽
05. 旅立てジャック
06. ワーク・ソング
07. カモナ・マイ・ハウス
08. にくい貴方
09. 恋の特効薬
10. 夜のつづき ※インストゥルメンタル
11. 赤と青のブルース
12. 男と女のお話
13. 夜が明けたら
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] とにかく一緒に制作するのが楽しい――“馴染んだ”PUSHIM×韻シスト『TO THE NEXT』[インタビュー] 一緒に挑戦していきたい――すべてを出すことができるアンサンブル“MIZUTANI×TAIRIKU”
[インタビュー] “雑食主義”のフィメール・ラッパー、HITが放つファースト・アルバム『THE HIT』![インタビュー] 一音一音の美しさを目指して――本田珠也がICTUS Trioを始動
[インタビュー] ジャズ・シンガーとして新たな一歩を踏み出したMoon『Kiss Me』[インタビュー] ソムリエのように、ピアノ音楽の楽しさを伝える――大井 健が初の映像作品『Piano Love The Movie』を発表
[インタビュー] 自分たちも知らない、さらなる可能性を求めて――DaizyStripper「4GET ME NOT」[インタビュー] スペシャルインタビュー 坂本慎太郎
[インタビュー] 飼い慣らされない女たち――キノコホテル創業10周年 マリアンヌ東雲が2017年を振り返る[インタビュー] 静的でありながら“不穏の予感”それでいて“快楽そのもの” ギリシャラブ・天川悠雅が目指す、理想の音楽
[インタビュー] 西恵利香、2018年へ “いつでもそこで歌ってる人でありたい”[インタビュー] サクソフォン奏者として、新たにバッハの音楽に息を吹き込む――上野耕平が挑むJ.S.バッハの無伴奏作品集
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015