ニュース

イングヴェイ・バンドの新シンガーは、元J.プリーストのリッパー

イングヴェイ・マルムスティーン(Yngwie Malmsteen)   2008/02/27掲載(Last Update:08/03/31 17:57)
MyCDJ お気に入りリストに「」を追加/削除する はてなブックマークに追加
 唯我独尊のギタリスト、イングヴェイ・マルムスティーンのバンドに新たなシンガーが加入。なんと、ジューダス・プリーストアイスド・アースに在籍したティム・“リッパー”・オーウェンズが迎えられました。この発表に先駆けて、前任シンガーのドゥギー・ホワイトがイングヴェイ・バンドからの離脱を表明、この時点でリッパーの加入が噂されていました。そしてこの度、イングヴェイ自身が『Guitar World』誌の独占取材を受けるため、ニューヨークにある同誌のオフィスを訪問。その際、正式にリッパーの加入が認められています。

 イングヴェイとリッパーは、『アンリーシュ・ザ・フューリー』(写真・2005年)に続くアルバムの制作をすでに開始しており、その新作は7月のリリースを目指しているとのこと。これまでは正統派のヘヴィ・メタル・バンドでその歌声を披露していたリッパーが、クラシックの影響が色濃いイングヴェイの音楽性にどのようにマッチするのか、注目されます。ちなみに、イングヴェイとリッパーは2006年にリリースされたオジー・オズボーンのトリビュート・アルバム『Flying High Again: Tribute To ozzy Osbourne』において、「Mr. Crowley」で共演した経験があり。気になる方はチェックしてみては?
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 便利で何でも手に入る時代だからこそ必要なこと――須永辰緒が導くジャズ最前線[インタビュー] ふっと飛び込んでくるワンフレーズ “現場の音楽”HIT『Be!!』
[インタビュー] 深くて豊かな音楽を目指した“名盤” 石橋 凌『may Burn!』[インタビュー] 私は変わり続ける。それは“出会い”を意味しているから――コリーヌ・ベイリー・レイ
[インタビュー] 美しさと暴力性、Ramzaの“手”に触れる『pessim』[インタビュー] 自分の存在を“やり続けること”で知らせる――ISSUGI×MASS-HOLE
[インタビュー] 今のラフィンノーズは超おもしろい――“50代のラフィンロール”を体現した新作『50’s ROLL』[インタビュー] ヒップホップとしてかっこよくいられたら――C.O.S.A.『Girl Queen』
[インタビュー] 自分の中にある伝統と革新―― 島 裕介が新世代ミュージシャンを率いて『Silent Jazz Case 3』を発表[インタビュー] たまには母ちゃんにみたらし団子を買ってかったりしぃや!――SHINGO★西成が3年をかけて辿り着いた『ここから・・・いまから』
[インタビュー] “大人ってカッコいい”と思えるような歌 ISEKI×中田裕二『AOR FLAVA』[インタビュー] 研ぎ澄まされた4人のアンサンブル――ライヴ・ベスト・アルバム『echoes』をリリースしたbohemianvoodoo
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015