ニュース

イングヴェイ・バンドの新シンガーは、元J.プリーストのリッパー

イングヴェイ・マルムスティーン(Yngwie Malmsteen)   2008/02/27掲載(Last Update:08/03/31 17:57)
はてなブックマークに追加
 唯我独尊のギタリスト、イングヴェイ・マルムスティーンのバンドに新たなシンガーが加入。なんと、ジューダス・プリーストアイスド・アースに在籍したティム・“リッパー”・オーウェンズが迎えられました。この発表に先駆けて、前任シンガーのドゥギー・ホワイトがイングヴェイ・バンドからの離脱を表明、この時点でリッパーの加入が噂されていました。そしてこの度、イングヴェイ自身が『Guitar World』誌の独占取材を受けるため、ニューヨークにある同誌のオフィスを訪問。その際、正式にリッパーの加入が認められています。

 イングヴェイとリッパーは、『アンリーシュ・ザ・フューリー』(写真・2005年)に続くアルバムの制作をすでに開始しており、その新作は7月のリリースを目指しているとのこと。これまでは正統派のヘヴィ・メタル・バンドでその歌声を披露していたリッパーが、クラシックの影響が色濃いイングヴェイの音楽性にどのようにマッチするのか、注目されます。ちなみに、イングヴェイとリッパーは2006年にリリースされたオジー・オズボーンのトリビュート・アルバム『Flying High Again: Tribute To ozzy Osbourne』において、「Mr. Crowley」で共演した経験があり。気になる方はチェックしてみては?
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ノリとヴァイブスだけで作った音楽を“ヒップホップ”としてパッケージ化する GRADIS NICE & YOUNG MAS(Febb)[インタビュー] 密接な関係性ありきの音楽 MIKUMARI×OWL BEATS『FINEMALT NO.7』
[インタビュー] (想像以上に)挙動不審!? 廣瀬真理子が総勢22人の“ドリアンな奴ら”を率いてアルバムをリリース[インタビュー] 「知らない土地で出会う風景や人から音楽が生まれる」 ――ピアニスト、ジェイコブ・コーラーが描くシネマティックな世界
[インタビュー] 上原ひろみが驚異のハープ奏者エドマール・カスタネーダとのデュオ・プロジェクトを始動[インタビュー] “いいっすよ”から17年――サイプレス上野とロベルト吉野、ミニ・アルバム『大海賊』でメジャー・デビュー
[インタビュー] “今この時”を、考える――中村雅俊が「どこへ時が流れても / まだ僕にできることがあるだろう」に込めた同世代へのメッセージ[インタビュー] “何があっても”楽しく生きるんだという覚悟 真心ブラザーズ『FLOW ON THE CLOUD』
[インタビュー] サクソフォン四重奏を知らないかたにも素晴らしさを伝えたい――The Rev Saxophone Quartetが追求する伝統とオリジナリティ[インタビュー] ヒグチアイが目指す歌は、おしゃれじゃないけど“大切にしてきたもの”
[インタビュー] 若いリスナーにも良い音楽を届けたい――MASATOとMinnesotahが語る『KANDYTOWN LIFE presents “Land of 1000 Classics”』[インタビュー] Less Than TV25周年 大石規湖監督が記録した“ある家族”の日常、ドキュメンタリー映画「MOTHER FUCKER」
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015