ニュース

【公演ご招待】ロンドンの新鋭クラブジャズ・ユニット、ユセフ・カマールの初来日公演が決定

ユセフ・カマール(YUSSEF KAMAAL)   2017/04/11掲載(Last Update:17/04/14 18:14)
はてなブックマークに追加
【公演ご招待】ロンドンの新鋭クラブジャズ・ユニット、ユセフ・カマールの初来日公演が決定
 ジャイルス・ピーターソンも惚れ込むロンドンのクラブ・ジャズ・ユニット、ユセフ・カマール(YUSSEF KAMAAL)の初来日公演が決定。4月26日(月)東京・赤坂 Billboard Live TOKYO、4月28日(水)大阪・梅田 Billboard Live OSAKAの2都市で開催されます。

 ユセフ・カマールは、巨星ディーゴを追う才能と目され、マックス・グレーフ&グレン・アストロロメアーら新世代ハウス・アクトともリンクするプロデューサー兼マルチ・プレイヤーである鬼才ヘンリー・ウーことカマール・ウィリアムスとその盟友、ドラマーのユセフ・デイズから成るユニット。一夜限りのライヴ・セッションをきっかけにプロジェクトとして本格化し、昨年11月にはデビュー・アルバム『Black Focus』をリリース。ジャイルズ・ピーターソンが絶賛したこともあり、これからのUKジャズ・クラブ・シーンを牽引する存在と称され、ロバート・グラスパーカマシ・ワシントンらの活躍で話題となっているアメリカの新たなジャズ・ムーヴメントに対するイギリスからのリアクションとして注目を浴びています。


[プレゼント]
4月24日(月)東京・六本木 Billboard Live TOKYOの2ndステージ(開場 20:45 / 開演 21:30)と4月26日(水)大阪・梅田 Billboard Live OSAKAの2ndステージ(開場 20:30 / 開演 21:30)にCDジャーナル読者4組8名様を抽選でご招待(各会場2組4名様)。プレゼント・コーナーより奮ってご応募ください。
応募締切: 2017年4月18日(火)

※ユセフ・カマール公演で出演を予定していましたメンバーのヘンリー・ウーが、アーティストの都合により出演キャンセルとなりました。

ユセフ・カマール
来日公演


2017年4月24日(月)
東京 六本木 Billboard Live TOKYO
1st 開場 17:30 / 開演 19:00
2nd 開場 20:45 / 開演 21:30
サービスエリア 7,500円(税込 / 別途ご飲食代) 
カジュアルエリア 6,000円(税込 / 1ドリンク付)

※ご予約・お問い合わせ: Billboard Live TOKYO 03-3405-1133

2017年4月26日(水)
大阪 梅田 Billboard Live OSAKA
1st 開場 17:30 / 開演 18:30
2nd 開場 20:30 / 開演 21:30
サービスエリア 7,500円(税込 / 別途ご飲食代) 
カジュアルエリア 6,500円(税込 / 1ドリンク付)

※ご予約・お問い合わせ: Billboard Live OSAKA 06-6342-7722
オール・ジャンル 最新ニュース
 
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 屈強でしなやかな東京のヒップホップ――KANDYTOWNのビートメイカー、MIKIがファースト・ソロ・アルバム『137』を発表[インタビュー] より肉体的なものへ――神奈川・逗子を拠点とするHalf Mile Beach Clubが初の単独作を発表
[インタビュー] “続編”ではなく“新作”を作ろう きゃりーぱみゅぱみゅ「きみのみかた」[インタビュー] “俺の不幸で踊ってくれ!”――沖縄出身のラッパー、唾奇が最新作『道-TAO-』をリリース
[特集] [LIVE Report] まっすぐな気持ちを届けてくれる藤田麻衣子の歌[インタビュー] 自分というジャンルをちゃんと作りたい “シンガー・ソングライター”Nao Kawamura初のフル・アルバム『Kvarda』
[インタビュー] 「アワ・マン・イン・トーキョー〜バラッド・オブ・シン・ミヤタ」、宮田 信の仕事とは?[特集] ヘルベルト・フォン・カラヤン生誕110年記念! 数々の名盤が“理想の音”に迫る高音質で登場
[インタビュー] いい歌をたくさん歌って、レコーディングして残したい――フォルテ・ディ・クアトロのセカンド・アルバム『アヴェ・マリア〜CLASSICA』[インタビュー] 決め手は興奮が蘇ってくるかどうか――THOUSAND EYESが放つ“最高傑作”『DAY OF SALVATION』
[インタビュー] “ヤバさ”はこれだ――BES&ISSUGIの自信が浮かび上がる『VIRIDIAN SHOOT』[インタビュー] 小曽根 真 既存の概念を打ち壊すのではなく、共存するイメージで―― ニューヨーク・フィルハーモニックと共演した『ビヨンド・ボーダーズ』
新譜情報
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015