リサーチ

若手芸人ヒロシのネタ中にかかる曲は?

2005/01/07掲載
MyCDJ お気に入りリストに「」を追加/削除する はてなブックマークに追加
テレビ朝日系のバラエティ番組「笑いの金メダル」に出演されている自虐ネタで定評のある“ヒロシ”さんのネタ中のBGMは、何という曲なのでしょう?
元ホストさんらしいムードのある曲が“とても気になるとです”。  
 あまりにも自虐的すぎて、クスっと笑ってしまう“ヒロシ”のネタですが、その自虐ネタを盛り上げているBGMはペピーノ・ガリアルディの「ガラスの部屋」という曲です。

 この曲は1969年に公開されたイタリア映画『ガラスの部屋』の主題歌で、歌っているペピーノ・ガリアルディはイタリア出身のカンツォーネ歌手。サン・レモ音楽祭などに多く参加し、「愛の引き湖」「センプレ・センプレ」「すみれのように」などのヒット曲があります。また、ニニ・ロッソクロード・チアリもこの曲をカヴァーしているそうなので、こちらのヴァージョンも聴いてみてはいかがでしょうか?
※ 記事は掲載日時点での情報をもとに書かれています。掲載後に生じた動向、および判明した事柄等は反映しておりません。ご了承ください。
全メディア/タイプ 最新リサーチ
 
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 政府は飢えを武器にして人々を統制している――ケン・ローチ監督が語る「わたしは、ダニエル・ブレイク」[特集] ジェイソン・モランに死角なし――「スガダイローとJASON MORANと東京と京都」
[インタビュー] わたし自身が大好きな曲ばかり――寺下真理子『ロマンス』は様々な形の“愛”に因んだ作品[インタビュー] クラシックの名曲を鼻歌のように――渋さ知らズが世界最古のアシッド・ミュージックに挑んだ『渋樹』
[インタビュー] すでに“魂”は失われてしまった――チュス・グティエレス監督自身が語る「サクロモンテの丘〜ロマの洞窟フラメンコ」[インタビュー] なんかいいのできた! どう? “Diggy-MO’ならでは”と“いい曲”の理想的なバランス『BEWITCHED』
[インタビュー] “呼吸”こそ歌――双子ソプラノ・デュオ、山田姉妹が歌う昭和の名曲たち[インタビュー] こいつガチだ――覚悟を決めたCANDY GO!GO!の自信作『IDOROCK』
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015