リサーチ

“リブート”と“リメイク”の違いは?

2016/07/20掲載
はてなブックマークに追加
映画でよく聞く“リブート”と“リメイク”の違いについて教えてください。
 2016年7月14日(金)に全国公開された『ゴーストバスターズ』。2017年に日本公開予定の『ベン・ハー』。この2作はどちらも過去に映像化された作品ですが、『ゴーストバスターズ』は“リブート”、『ベン・ハー』は“リメイク”として新たに制作されました。

 
 “リブート”は元の作品で重要になる核の部分は残しつつも、整合性や時系列は廃して、新たな作品を創り出すことを指します。例えば『ピンク・パンサー』シリーズのオリジナル版ではピーター・セラーズがクルーゾ警部を演じていますが、2006年公開の“リブート”版『ピンクパンサー』では、セラーズが亡くなったためスティーヴ・マーティンをクルーゾ警部役に配して、新たなストーリーを作り出しています。またSF大作『猿の惑星』シリーズをオリジナル・ストーリーで制作した“リブート”作品『猿の惑星: 創世記』が2011年に公開されています。

 一方“リメイク”は基本的に元の作品の設定やストーリーの大筋は活かしたまま、役者やスタッフを一新させて制作された作品を指します。代表的な作品に、1960年に公開された『オーシャンと11人の仲間』を“リメイク”した2001年公開の『オーシャンズ11』が挙げられます。また他国の映画を“リメイク”する場合もあり、2003年に公開された韓国映画『オールド・ボーイ』は、スパイク・リーが2013年にハリウッド版『オールド・ボーイ』として“リメイク”しています。
※ 記事は掲載日時点での情報をもとに書かれています。掲載後に生じた動向、および判明した事柄等は反映しておりません。ご了承ください。
全メディア/タイプ 最新リサーチ
 
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 上原ひろみが驚異のハープ奏者エドマール・カスタネーダとのデュオ・プロジェクトを始動[インタビュー] “いいっすよ”から17年――サイプレス上野とロベルト吉野、ミニ・アルバム『大海賊』でメジャー・デビュー
[インタビュー] “今この時”を、考える――中村雅俊が「どこへ時が流れても / まだ僕にできることがあるだろう」に込めた同世代へのメッセージ[インタビュー] “何があっても”楽しく生きるんだという覚悟 真心ブラザーズ『FLOW ON THE CLOUD』
[インタビュー] サクソフォン四重奏を知らないかたにも素晴らしさを伝えたい――The Rev Saxophone Quartetが追求する伝統とオリジナリティ[インタビュー] ヒグチアイが目指す歌は、おしゃれじゃないけど“大切にしてきたもの”
[インタビュー] 若いリスナーにも良い音楽を届けたい――MASATOとMinnesotahが語る『KANDYTOWN LIFE presents “Land of 1000 Classics”』[インタビュー] Less Than TV25周年 大石規湖監督が記録した“ある家族”の日常、ドキュメンタリー映画「MOTHER FUCKER」
[インタビュー] ISEKIが追求する“自分らしさ”とは J-POPカヴァー集第2弾『AOR FLAVA -sweet blue-』[インタビュー] アイドルやめた――“渋谷系ガールズロックユニット”に転身したCANDY GO!GO!のリアル
[インタビュー] KANDYTOWNの新たな方向性も感じさせるソロ・アルバム、MUD『Make U Dirty』[インタビュー] 音楽にとどまらない、発想としての面白さ――ジェフ・パーカーがゆっくり語る『The New Breed』
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015