リサーチ

“リブート”と“リメイク”の違いは?

2016/07/20掲載
はてなブックマークに追加
映画でよく聞く“リブート”と“リメイク”の違いについて教えてください。
 2016年7月14日(金)に全国公開された『ゴーストバスターズ』。2017年に日本公開予定の『ベン・ハー』。この2作はどちらも過去に映像化された作品ですが、『ゴーストバスターズ』は“リブート”、『ベン・ハー』は“リメイク”として新たに制作されました。

 
 “リブート”は元の作品で重要になる核の部分は残しつつも、整合性や時系列は廃して、新たな作品を創り出すことを指します。例えば『ピンク・パンサー』シリーズのオリジナル版ではピーター・セラーズがクルーゾ警部を演じていますが、2006年公開の“リブート”版『ピンクパンサー』では、セラーズが亡くなったためスティーヴ・マーティンをクルーゾ警部役に配して、新たなストーリーを作り出しています。またSF大作『猿の惑星』シリーズをオリジナル・ストーリーで制作した“リブート”作品『猿の惑星: 創世記』が2011年に公開されています。

 一方“リメイク”は基本的に元の作品の設定やストーリーの大筋は活かしたまま、役者やスタッフを一新させて制作された作品を指します。代表的な作品に、1960年に公開された『オーシャンと11人の仲間』を“リメイク”した2001年公開の『オーシャンズ11』が挙げられます。また他国の映画を“リメイク”する場合もあり、2003年に公開された韓国映画『オールド・ボーイ』は、スパイク・リーが2013年にハリウッド版『オールド・ボーイ』として“リメイク”しています。
※ 記事は掲載日時点での情報をもとに書かれています。掲載後に生じた動向、および判明した事柄等は反映しておりません。ご了承ください。
全メディア/タイプ 最新リサーチ
 
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 角銅真実&西田修大が語る石若 駿『Songbook2』[特集] [LIVE Report] 愛され続けるシンガー・ソングライター藤田麻衣子のオール『緋色の欠片』曲によるスペシャル・ライヴ!
[インタビュー] 秋本帆華が語るチームしゃちほこの“これまで”と“これから”[インタビュー] 原点回帰を経て再確認した“本気”の在り所 加藤和樹『SPICY BOX』
[インタビュー] “世界の先端で戦うということ” BIGYUKI『リーチング・フォー・ケイローン』[インタビュー] 音楽の“過去と未来”とを想像力でつないでみせる歌 高田 漣『ナイトライダーズ・ブルース』
[インタビュー] 永遠に愛される曲を目指して――サラ・オレインが真価を発揮した『Cinema Music』[インタビュー] ノリとヴァイブスだけで作った音楽を“ヒップホップ”としてパッケージ化する GRADIS NICE & YOUNG MAS(Febb)
[インタビュー] 密接な関係性ありきの音楽 MIKUMARI×OWL BEATS『FINEMALT NO.7』[インタビュー] (想像以上に)挙動不審!? 廣瀬真理子が総勢22人の“ドリアンな奴ら”を率いてアルバムをリリース
[インタビュー] 「知らない土地で出会う風景や人から音楽が生まれる」 ――ピアニスト、ジェイコブ・コーラーが描くシネマティックな世界[インタビュー] 上原ひろみが驚異のハープ奏者エドマール・カスタネーダとのデュオ・プロジェクトを始動
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015