リサーチ

生茶CMを歌っているのは?

2003/06/13掲載
MyCDJ お気に入りリストに「」を追加/削除する はてなブックマークに追加
「フレッシュ・フレッシュ・フレ〜ッシュ!」って歌っている人って誰ですか?
松嶋菜々子の「うばっちゃった♪」から一転、咲き乱れる藤の映像にエキゾチックな楽曲、生茶のCMは相変わらず話題です。やはり今回はなんといってもこの歌声ですね。曲は松田聖子の「夏の扉」ですが、このCM用のニューアレンジをカヴァーしているのはKOKIAです。KOKIAは99年に香港・台湾でブレイク、日本に先駆けてアジア各国での人気を確立し、その表情豊かな歌声には熱狂的なファンも多いとか。現在“愛と絆の泥沼”路線が復活して大人気の昼ドラマ「愛しき者へ」主題歌「かわらないこと〜since1976〜」が大ヒット中と言えばその声に思い当たる方もいるはず。でも、こちらのCMは今までのKOKIAとはまた違った印象で、新たなファン層を獲得することに一役買ったのではないでしょうか。そんな事をのんびり書いていたところ、CMは「藤篇」から「滝篇」に変わり、楽曲もまた少しアレンジが違うものになったようです。こちらでCMをご覧になれますのでぜひ聴き比べてみてください。今のところ、この曲がCD化されるという情報はないのですが、ぜひフルヴァージョンで聴きたいですね。
※ 記事は掲載日時点での情報をもとに書かれています。掲載後に生じた動向、および判明した事柄等は反映しておりません。ご了承ください。
全メディア/タイプ 最新リサーチ
 
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] フックアップしながら自分も“新鮮さ”をもらってる、その関係性こそがヒップホップ ISSUGI「7INC TREE」[インタビュー] “大人になった”LIFriendsが伝えるメッセージ「俺たちのララバイ」
[インタビュー] どんどん面倒臭い人間になって――グッドガールに別れを告げたテンテンコの目覚め[インタビュー] 虹のコンキスタドールがメジャー・デビュー! 赤組メンバーを徹底紹介
[インタビュー] やりたいのは“フェチじゃない”こと――ENDON『THROUGH THE MIRROR』に映るもの[インタビュー] 音楽に対してハングリーであるということ FEBB AS YOUNG MASON
[インタビュー] トロピカル・ミュージックの世界をあらゆる深度で探求する――ウィル・ホランド(クァンティック)がオンダトロピカ『Baile Bucanero』で目指したもの[インタビュー] どこかで“つながっている”3人 ゆるふわギャングが描く、未来の自分たち
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015