音楽出版社 データ提供サービス
リサーチ

安室奈美恵が出演する「Vidal Sassoon」のCM曲は?

安室奈美恵   2008/01/23掲載
MyCDJ お気に入りリストに「」を追加/削除する はてなブックマークに追加
安室奈美恵が出演する「Vidal Sassoon」の最新CMで流れている曲を教えてください。
 映画『プラダを着た悪魔』の全スタイリングを担当したパトリシア・フィールド(ファッション)、さまざまなショーをはじめ、マドンナグウィネス・パルトロウのヘアメイクを担当するオーランド・ピタ(ヘアスタイル)という世界的アーティストと、安室奈美恵のコラボによる、Vidal Sassoonの最新CM。現在放送中のCMは2ヴァージョン存在し、その両CMでそれぞれ聴くことが出来る楽曲は、CMに出演する安室奈美恵が歌っています。それでは、楽曲をそれぞれご紹介。

 まず、60年代をテーマにした、往年のミュージカル映画を思わせる振り付けやセット、カラフルな色合いとガーリーな世界観で、いかにも60年代のポップ感を漂わせているCM。こちらで流れている曲は、シュープリームスの代表曲「Baby Love」をリメイクした「NEW LOOK」という楽曲になります。

 もう1本のCMは、70年代をテーマにしたもので、青の衣装に身を包み、ストリートやステージ上で踊りながら歌う、ダンスシーンを全面に押し出したディスコティックなCM。こちらで流れている楽曲は「ROCK STEADY」になり、アレサ・フランクリンの同名曲をサンプリングしたダンス・トラックになります。

 この2曲は、3月12日に安室奈美恵のニュー・シングル(DVD付とCDのみの2タイプあり)として発売が予定されています。

 また、こちらのCMはVidal SassoonのWEBサイトで視聴が可能になっており、なんとWEBではフルコーラスのコラボレーション・ビデオも公開中。ファッションと音楽だけでなく、CMとミュージック・ビデオを融合させるというCM界の新たな試み。近々、80年代をテーマにしたCM(ビデオ)も公開が予定されているようなので、ファンならずとも要チェックですよ。

■Vidal Sassoon
http://www.vidal.jp/top.html
※ 記事は掲載日時点での情報をもとに書かれています。掲載後に生じた動向、および判明した事柄等は反映しておりません。ご了承ください。
全メディア/タイプ 最新リサーチ
 
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] “好きだ!”という気持ちをぶつける対象があるだけで、人生はとても豊かになる――寺嶋由芙が目指す“ゆるドル”とは[インタビュー] 政府は飢えを武器にして人々を統制している――ケン・ローチ監督が語る「わたしは、ダニエル・ブレイク」
[特集] ジェイソン・モランに死角なし――「スガダイローとJASON MORANと東京と京都」[インタビュー] わたし自身が大好きな曲ばかり――寺下真理子『ロマンス』は様々な形の“愛”に因んだ作品
[インタビュー] クラシックの名曲を鼻歌のように――渋さ知らズが世界最古のアシッド・ミュージックに挑んだ『渋樹』[インタビュー] すでに“魂”は失われてしまった――チュス・グティエレス監督自身が語る「サクロモンテの丘〜ロマの洞窟フラメンコ」
[インタビュー] なんかいいのできた! どう? “Diggy-MO’ならでは”と“いい曲”の理想的なバランス『BEWITCHED』[インタビュー] “呼吸”こそ歌――双子ソプラノ・デュオ、山田姉妹が歌う昭和の名曲たち
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015