リサーチ

映画『TAXi』のテーマソングは?

映画『TAXi』のオープニングテーマソングでカーチェイスのときに流れる曲名とアーティスト名を知りたい
『TAXi』シリーズ以外にも、CM/予告編/挿入歌・・・様々な場面で使われている印象的なフレーズ。以前にも“Research”コーナーでお答えしていたように、元々は映画『パルプフィクション』で流れたことから火がついた、サーフ・ギターの王様“ディック・デイル&ヒズ・デルトーンズ(Dick Dale & His Deltones)”による1962年の作品「ミザルー(Misirlou)」という曲です。5月17日から全国上映の始まった『TAXi3』公式HPでももちろん聴くことが可能となっています。どうぞご確認を。ぜひ作品を入手したい!というアナタには、彼の数多くあるベスト盤の中に『ベスト・オブ・ディク・デイル&デル・トーンズ』がオススメ。これはライノ編集盤ということで中身は保証付きですよ。ディック・デイルの公式HPでも観つつ、「ミザルー」聴きつつで。

 ちなみに『「TAXi3」オリジナル・サウンドトラック』(TOCP-66187)は明日、5月21日にリリースされるんですが(「ミザルー」は未収録)、フランスのヒップホップ新人グループを多数収録しているのも聴きどころながら、何といっても先日来日公演を行なった“ネプチューンズ”こと、売れっ子プロデューサー・ユニット“N.E.R.D(ナード)”の新曲「Find my way」が聴けるってーところがまた!美味しい一枚。「映画の後にはサントラ」の黄金パターンでオススメです。
※ 記事は掲載日時点での情報をもとに書かれています。掲載後に生じた動向、および判明した事柄等は反映しておりません。ご了承ください。
全メディア/タイプ 最新リサーチ
 
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 北沢タウンホールワンマン直前――沖ちづるが語る、〈下北〉のこと、〈歌う〉ということ[インタビュー] “古き佳き”ものこそが新しい――矢野沙織が挑み続ける“ビ・バップ”
[インタビュー] “王道”と“変化”、RHYMESTER初の両A面シングル「人間交差点 / Still Changing」[インタビュー] 自然体で音楽と向き合う――D-51のコラボ・アルバム『Sing a Song〜Present for...〜』が登場
[インタビュー] やりたいこと全部やりたい――フロリダ対談 テンテンコ x 滝沢朋恵[インタビュー] 【Citizens! シチズンズ!】 ヨーロッパ文化の塊を音楽で表現した、ポップでダンサブルな2ndアルバム
[特集] 『FILMAGE』DESCENDENTS / ALL鼎談 川崎英和 x 磯部正文 x 原 直央[インタビュー] 【清水靖晃&サキソフォネッツ】バッハは、音楽が形式として固まる以前の細胞を引き継いでいると思うんです――『ゴルトベルク変奏曲』全曲録音盤がついに完成
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015