リサーチ

絵を描く女の子が微笑む、三井住友海上のCMソングは?

薬師丸ひろ子   2017/02/10掲載
MyCDJ お気に入りリストに「」を追加/削除する はてなブックマークに追加
絵を描く女の子が微笑む、三井住友海上のCMソングを教えてください。
 事故で突然入院することになった父親のもとに、三井住友海上のスタッフが訪れ、事故の対応やサポートについて丁寧に説明する三井住友海上の損害サポートのCM「心にまで向き合う / 花びらの笑顔」篇。

 ベッドの上で静かに絵を書き続ける女の子(娘)が描いていたのは、事故で怪我をしてしまい悲しそうに涙を流す車の絵でした。スタッフは、テーブルに落ちた花びらを拾うと、その花びらを車の絵の口元にそっと置きます。すると悲しそうな表情だった車の顔が笑顔に。

 CMソングは、俳優 / 歌手の薬師丸ひろ子が歌う、1913年(大正2年)に発表された唱歌「早春賦」。薬師丸がCMソングを歌うのは初めてのこと。今回のCMソング起用について「〈早春賦〉は唱歌として長く歌われてきた曲ですが、メロディーが大変美しく私も大好きな曲です。この曲を作られたのは、中田喜直さんのお父様である中田章さんですが、中田喜直さんには、以前曲を提供して頂いたこともありましたので、何かご縁を感じますし、大変嬉しく思いました。多くの方にとって一度は耳にしたことがある曲だと思いますので、その分難しさや緊張もありました。そんな中で、この曲の特徴であるメロディーの美しさ、優しさを大切にしながら、このコマーシャルをご覧になる方に歌でそっと寄り添えれば良いなぁと心を込めて歌いました。多くの方に想いが届けば嬉しいです」とコメントしています。

(写真は映画音楽のカヴァーを収録した、薬師丸ひろ子歌手デビュー35周年記念アルバム『Cinema Songs』 / 2016年11月発表)
※ 記事は掲載日時点での情報をもとに書かれています。掲載後に生じた動向、および判明した事柄等は反映しておりません。ご了承ください。
全メディア/タイプ 最新リサーチ
 
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 便利で何でも手に入る時代だからこそ必要なこと――須永辰緒が導くジャズ最前線[インタビュー] ふっと飛び込んでくるワンフレーズ “現場の音楽”HIT『Be!!』
[インタビュー] 深くて豊かな音楽を目指した“名盤” 石橋 凌『may Burn!』[インタビュー] 私は変わり続ける。それは“出会い”を意味しているから――コリーヌ・ベイリー・レイ
[インタビュー] 美しさと暴力性、Ramzaの“手”に触れる『pessim』[インタビュー] 自分の存在を“やり続けること”で知らせる――ISSUGI×MASS-HOLE
[インタビュー] 今のラフィンノーズは超おもしろい――“50代のラフィンロール”を体現した新作『50’s ROLL』[インタビュー] ヒップホップとしてかっこよくいられたら――C.O.S.A.『Girl Queen』
[インタビュー] 自分の中にある伝統と革新―― 島 裕介が新世代ミュージシャンを率いて『Silent Jazz Case 3』を発表[インタビュー] たまには母ちゃんにみたらし団子を買ってかったりしぃや!――SHINGO★西成が3年をかけて辿り着いた『ここから・・・いまから』
[インタビュー] “大人ってカッコいい”と思えるような歌 ISEKI×中田裕二『AOR FLAVA』[インタビュー] 研ぎ澄まされた4人のアンサンブル――ライヴ・ベスト・アルバム『echoes』をリリースしたbohemianvoodoo
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015