e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活 - [こちらハイレゾ商會] 第8回 ハイレゾで歌謡曲再発見、ハイレゾよ、今夜もありがとう の巻
掲載日:2014年05月13日
MyCDJ お気に入りリストに「」を追加/削除する はてなブックマークに追加
こちらハイレゾ商會

第8回 ハイレゾで歌謡曲再発見、ハイレゾよ、今夜もありがとう の巻
絵と文 / 牧野良幸
 ハイレゾ配信で新しい発見があるとすれば、「ハイレゾで歌謡曲が好きになった」と僕は答えることにしている。
 それをあらためて思ったのが、最近配信された太田裕美の『tutumikko』である。作曲家、筒美京平の名曲を太田裕美がカヴァーしたアルバムだ。
 アルバム・タイトルが意味するのは、日本語で言うところの“筒美っ子”。

 太田裕美のヒット曲「木綿のハンカチーフ」も筒美京平の作曲であるが、このアルバムでは歌っていない。自分以外の歌手の筒美作品を歌っているところが、文字どおり筒美京平へのトリビュート・アルバムなのだ。
 アレンジはとても現代風であるが、筒美京平のメロディの素晴らしさは相変わらずである。あの時代、確実に飛び抜けていた筒美京平の才能を改めて感じさせる。
 だから『tutumikko』をハイレゾで聴くときの楽しさったらない。全10曲があっと言う間に終わってしまうのである。筒美京平の“メロディ”と太田裕美の“歌声”の出合いが、その楽しさの理由ではあるが、もうひとつ、ハイレゾが歌謡曲のサウンドを引き立てている、とも思うのだ。
 かつて歌謡曲の弱点だと思っていた“ユルい音空間”が、ハイレゾではじつに心地よく響くのである。ハイレゾの解像度や空気感と、歌謡曲は相性がいいのかもしれない。
 ちなみに『tutumikko』のスペックは44.1kHz / 24bitである。

 この数字はオーディオ・ファイルには物足りないはずなのに、聴いてみると不満を感じない。というか「ドンピシャ」とさえ思う。適度なメリハリとスピード感が心地よい。案外ポップスでは44.1kHzでも、いい聴こえ方がするのかもしれない。
 スペックの話はともかく、みなさんにも、ハイレゾで歌謡曲を聴く楽しさを試してもらえたらと思う。e-onkyoではほかにも、『〈COLEZO!〉岩崎宏美【K2HD】』や『〈COLEZO!〉麻丘めぐみ』などが配信されている。
 最近では石原裕次郎のハイレゾ『Yujiro Ishihara 17th memorial THE SUPERIOR Vol.1 & Vol.2《歌伝説》オリジナル・ベスト100』でさえグッとくるから不思議だ。ハイレゾで聴く「夜霧よ今夜も有難う」は、カラオケで歌っている時とは別次元、聴いているだけで心安らいでしまう。
 まさか裕次郎まで好きになるとは……。自分が歳をとったのか? それとも、これもハイレゾのなせる仕業なのか? そんなことはどうでもいい。歌謡曲のハイレゾで楽しい夜が過ごせるのだから。「ハイレゾよ、今夜も有難う」である。
//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
太田裕美
『tutumikko』


(2014年)

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
石原裕次郎
『Yujiro Ishihara 17th memorial THE SUPERIOR Vol.1
《歌伝説》オリジナル・ベスト100』


(2013年)

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
石原裕次郎
『Yujiro Ishihara 17th memorial THE SUPERIOR Vol.2
《歌伝説》オリジナル・ベスト100』


(2013年)

※ 弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015
Copyright © ONGAKU SHUPPANSHA Co.,Ltd. All Rights Reserved.