e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活 - [こちらハイレゾ商會] 第20回 涙がこぼれるハイレゾの歌謡曲
掲載日:2015年05月12日
MyCDJ お気に入りリストに「」を追加/削除する はてなブックマークに追加
こちらハイレゾ商會

第20回 涙がこぼれるハイレゾの歌謡曲
絵と文 / 牧野良幸
 いつのまにか還暦まであと3年となってしまった。これまで若いつもりでいたが、さすがに昨年あたりから“昔を懐かしむ自分”がいてビックリする。最近、昔の日本映画や歌謡曲がマイブームなのである。
 僕が生まれ育った時期は高度成長期が始まった頃であるが、昔の映画に当時の風景が映るとホッとしてしまう。歌謡曲も小学生や中学生の頃にはやった歌を聴くとホッとしてしまう。
 ということで今回は九ちゃんこと、坂本 九の『ハイレゾ x ベスト 坂本九』である。
 このアルバムには「上を向いて歩こう」「幸せなら手をたたこう」「涙くんさよなら」といった、当時の空気を吸っていた日本人なら誰もが知っている歌が収録されている。どれも当時の日本人には、たんにヒット曲ではとどまらず、DNAのように身体に埋め込まれた曲だ。親しみやすいキャラクターの九ちゃんが、これだけの“グレート・ソング”を歌っていたことに今さらながらビックリしてしまう。
 それにしても、今この歳で「上を向いて歩こう」を聴くと目が潤んでしまう。
 僕はフリーランスだから定年というものがないが、同世代の人間は、もうじき定年である。そんな僕らの世代にとって、少年の頃に聴いたこの歌が、ついに“癒し曲”になってきたのかもしれない。“小さい頃に戻ってノンビリしてもいいんだよ”と、九ちゃんが肩をたたいてくれそうな気がするのだ。
 言い換えれば、それは確実に近づいてきた死への諦観であるかもしれない。この歳になったら、母親のように温かい旋律にくるまれて過ごしたいではないか(僕だけか?)。
 とまあ、今回はハイレゾをおっぽりだしていろいろ書いてしまった。でも『ハイレゾ×ベスト 坂本九』のように、ハイレゾ配信には、聴いてホッとする歌謡曲がけっこうあるのだ。
 タイガース『ハイレゾ x ベスト ザ・タイガース』もそう。「シーサイド・バウンド」や「花の首飾り」を聴くと、周りが小学生時代の空気に変貌して、“今抱えている仕事なんてどうでもいいや”と張りつめていた気持ちが緩むのである(ちょっと大げさだけど)。
 2曲収録の“ハイレゾ x 名曲”シリーズも、懐かしい歌謡曲が目白押しだ。そのなかでは尾崎紀世彦『ハイレゾ x 名曲 また逢う日まで / さよならをもう一度』が好きだなあ。これぞ歌謡ポップスの代表曲。さすがに70年代に入ってからの曲なので、“癒し曲”とまではいかないが、琴線に触れる曲であることに変わりはない。ほかにもいろいろな世代の曲があるので、よかったら聴いてみてほしい。
 ということで今回のシメはふたたび九ちゃんで「明日があるさ」。この60年代初期の“超前向きソング”を聴くと、還暦前のオッサンもスキップして生きていけるのである。涙をこぼしたり、スキップしたりと忙しいが、坂本 九の歌う名曲にはそんな力があるのである。
//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
坂本 九
『ハイレゾ x ベスト 坂本九』

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
ザ・タイガース
『ハイレゾ x ベスト ザ・タイガース』

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
尾崎紀世彦
『ハイレゾ x 名曲 また逢う日まで/さよならをもう一度』

※ 弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015
Copyright © ONGAKU SHUPPANSHA Co.,Ltd. All Rights Reserved.