e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活 - [こちらハイレゾ商會] 第21回 芸術家ジョニ・ミッチェルの名画(名アルバム)をハイレゾで
掲載日:2015年06月09日
MyCDJ お気に入りリストに「」を追加/削除する はてなブックマークに追加
こちらハイレゾ商會

第21回 芸術家ジョニ・ミッチェルの名画(名アルバム)をハイレゾで
絵と文 / 牧野良幸
 ジョニ・ミッチェルのアルバムもかなりハイレゾで揃ってきた。とくに1970年代の名作が、ひととおりハイレゾで揃った意義は大きい。
 ジョニ・ミッチェルというと「青春の光と影」や「ウッドストック」などで、フォーク系、またはシンガー・ソングライターの人というイメージがあるかもしれない。じつは僕もそうで、最初はCSN&Yやジェームス・テイラーらと一緒にしてとらえていた。
 しかしそれはジョニ・ミッチェルの一つの姿にすぎない、とのちに知ったのだった。とくに70年代のジャズへの接近は素晴らしい業績だと思う。
 あの頃“ロックにジャズ”ならまだ理解できたけど、“フォークにジャズ”は“どうなっちゃうの?”と思ったものだ。それもジャコ・パストリアスという、当時もっともトンがっていた革命児の起用である。ジョニの音楽が空中分解しないかと危惧したこともある。しかし結果は、どんなに素晴らしい音楽に実ったかは、アルバムを聴いていただければわかると思う。
 べつに“ジャズを取り入れたから素晴らしい”というのではない。フォークやフォーク・ロックで完成されていた自分の音楽に、あえてジャズの血を注入するという、その冒険精神に心打たれたわけである。
 ちょうどビートルズやフランク・ザッパに通じる実験精神を感じて、僕など尊敬してしまうのである。ジョニ・ミッチェルの場合は“芸術家”という言い方のほうがいいかもしれない。自分でジャケットの絵も描いているし。
 もともとジョニ・ミッチェルの作品は音がいい印象だった。ハイレゾなら心ゆくまで名画(名アルバム)を観賞できるだろう。初めて聴くなら『ブルー』とか『コート・アンド・スパーク』がよいかもしれない。前者はアコースティック・ギターやピアノの倍音が、後者はバランスのとれたバンドサウンドが魅力的に聴けるかと思う。
//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
ジョニ・ミッチェル
『レディズ・オブ・ザ・キャニオン』
Ladies Of The Canyon


(1970年)

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
ジョニ・ミッチェル
『ブルー』
Blue


(1971年)

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
ジョニ・ミッチェル
『バラにおくる』
For The Roses


(1972年)

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
ジョニ・ミッチェル
『コート・アンド・スパーク』
Court And Spark


(1974年)

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
ジョニ・ミッチェル
『マイルズ・オブ・アイルズ』
Miles Of Aisles


(1974年)

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
ジョニ・ミッチェル
『夏草の誘い』
The Hissing Of Summer Lawns


(1975年)

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
ジョニ・ミッチェル
『逃避行』
Hejira


(1976年)

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
ジョニ・ミッチェル
『ドンファンのじゃじゃ馬娘』
Don Juan's Reckless Daughter


(1977年)

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
ジョニ・ミッチェル
『ミンガス』
Mingus


(1979年)

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
ジョニ・ミッチェル
『シャドウズ・アンド・ライト』
Shadows And Light


(1980年)

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
ジョニ・ミッチェル
『ある愛の考察〜青春の光と影』
Both Sides Now


(2000年)

※ 弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015
Copyright © ONGAKU SHUPPANSHA Co.,Ltd. All Rights Reserved.