e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活 - [注目タイトル Pick Up] DSD11.2の空気の中で躍動する田中菜緒子 / 今が絶頂期のツィマーマンが弾くモーツァルト
掲載日:2017年08月22日
はてなブックマークに追加
注目タイトル Pick Up
DSD11.2の空気の中で躍動する田中菜緒子
文/國枝志郎
田中菜緒子
『I Fall In Love Too Easily』


(2017年)

 東京キネマ・ジャズトリオでハイレゾ・シーンを活性化させているドラマー、大坂昌彦プロデュースのその名も“ハイレゾ・ビューティー・ジャズ・シリーズ”の最新作が2016年7月リリースのグレース・マーヤによる『Love Songs For You』に続く第2作として登場である。前作はヴォーカル作品だったが、今回はピアノを中心としたトリオ編成のアルバムとなった。ピアノの田中菜匯劼鰐礁隋Χ擁学園を卒業し、コンクール入賞歴もあるクラシック・ピアニストだったが、卒業後ジャズの世界に身を投じ、2009年には瀬戸尚幸(b)、吉川弾(ds)とともにProteanというユニットを組んで活動、同年アルバムをリリース。その後2015年には安田幸司(b)、安藤正則(ds)とのトリオ“NAOKO TANAKA TRIO”で初のリーダー・アルバム『MEMORIES』を発表してきた。今回は初のソロ名義でのアルバムであり、初のスタンダード集であり、またメジャー・デビューとなる作品でもあるわけだが、それがこうしてハイレゾ・マスター、大坂昌彦のプロデュースで現在最高の音質を誇るPyramix Systemを使ったDSD11.2録音というハイスペックによる作品となったことは田中にとっても、われわれリスナーにとっても僥倖であったと言うしかない。もちろんそれはプロデューサー(でもあり、本作のドラマーでもある)大坂の目の付けどころのすごさなのであるが、DSD11.2というスペックでの録音の都合上、編集ができないという欠点を逆手にとり、徹頭徹尾緊張感にあふれた素晴しい作品となったのは大坂のプロデュース力の成果であり、もちろん田中のピアニストとしての力量のすごさを物語るものだ。PCM版(192kHz/24bit)もあるし、DSD版も11.2だけではなく5.6もあるのだが、それらの個性や素晴しさは認めつつ、ここはやはりどうしてもDSD11.2の圧倒的に透明な空気の中でめいっぱい躍動する3人の楽器の響きを堪能したいところだ。
//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
Satomimagae
『Kemri』


(2017年)

 畠山地平(Chihei Hatakeyama)が主宰するレーベル、White Paddy Mountainは、畠山自身のドローン/アンビエント・サウンドの宝庫で、当欄でも何度か取り上げているが、とにかくリリース量が半端なくて……じつはこのSatomimagae(アルファベット表記だとよくわからないかもしれませんが女性です。ヴォーカリストでありギタリストでもあります)のサード・アルバム(前作もWhite Paddy Mountainから)が6月に出たのに続いて7月には畠山とTamaruのコラボレーション・アルバム『Lunar Eclipse』(ハイレゾ96kHz/24bitでの配信)が出たために、どちらをとりあげようか迷っていたのである。『Lunar Eclipse』はじつに素晴らしいエクスペリメンタル・ドローン・アルバムで、レーベル・カラーとしてもこちらのほうがフィットするなとは思ったのだが、このギターと声だけのSatomimagaeの新作はいつのまにか僕の内面をじわじわと浸食していたらしい。『Lunar Eclipse』について書き始めようとしていたとき、僕の中でふいにアルバム冒頭の「Bulse」の脳内再生が始まったのだ。幼少期に数年をアメリカで過ごしたときに耳にしたデルタ・ブルース、10代で出会ったロック、電子音楽などさまざまな音楽に影響を受けたという彼女のサウンドは、ときにフォーク・ロックという分類をされていることがあるが、まあ間違ってはいないにしても、彼女の音楽はもっと幅広いというか、21世紀の今だからこそ鳴らされる音響工作のようなものでもある。リヴァーブがかけられた音像、ときおり思わぬところで乱入してくる自然音やわけのわからないノイズ、わかるようでわからないリリック……隙間があるように見えて、これは畠山の鳴らす止むことのないドローン音響ときわめて親和性の高い音楽でもあるし、96kHz/24bitのハイレゾ音響とのマッチングも最高。可能ならセカンド『Koko』もハイレゾ配信してほしいな。
//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
ローザ・ルクセンブルグ
『LIVE AUGUST』


(1987年)

 1986年2月にデビュー、1987年8月にラスト・ライヴを行ない、わずか1年半で解散したローザ・ルクセンブルグ。ヴォーカリストであるどんとの個性と、玉城宏志(g)、永井利充(b)、三原重夫(ds)による鉄壁のアンサンブルで特異な世界を生み出したこの伝説的なグループの未発表録音集『お蔵だし vol.1』が2014年にハイレゾ(96kHz/24bit)でリリースされ、ファンに大きな驚きと喜びを持って迎えられたことは記憶に新しいかもしれないが、それにしてもあれから3年なのだ。そのアルバムが“vol.1”と題されていたこと、そしてそのブックレットにはギタリスト玉城のマネージャーが保管していたテープが大量に発見されたとのことで続編の可能性があることが示唆されていたのだが、しかし現時点ではまだその続報はない。そのかわりというわけではないだろうが……劇的なパフォーマンスとなったラスト・ライヴ(1987年8月6日)からきっかり30年目に、ファースト・アルバム『ぷりぷり』セカンド・アルバム『ROSA LUXEMBURG II』、ラスト・ライヴの模様を収録した『LIVE AUGUST』が、オリジナル・アナログ・テープからあらためてリマスタリングが施され、ハイレゾ(PCM96kHz/24bit、DSD5.6)での配信がスタートしたのはファンにとってはうれしい夏のプレゼントとなったことだろう。どのリマスターも素晴らしいんだけど、やはりここは衝撃的なラスト・ライヴ『LIVE AUGUST』を、DSD5.6の圧倒的なサウンドで聴いていただきたい。インストゥルメンタルの絡みがどれだけテクニカルで洗練されているのかを知りたかったら、なおかつ泥臭さすら漂わせる奇跡的な演奏に乗ってどんとのフリーキーなヴォーカルが自在に暴れ回るさまを1音1句あまさず感じたいならDSDしかないぜ!
//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
VA
『Sid & Nancy:Love Kills』OST


(1986年)

 これはちょっとびっくりなお目見え。音楽業界でもまれに見るぶっ壊れカップル、セックス・ピストルズのベーシスト、シド・ヴィシャスとナンシー・スパンゲンの悲劇的な愛と破滅の物語を描いたアレックス・コックス監督、ゲイリー・オールドマン主演による1986年の映画のサウンドトラックがまさかのハイレゾ配信。しかも96kHzに加え、192kHz/24bitというハイクオリティでの配信まで……うーむ……これは……と思ったら、どうも映画の初Blu-rayディスク化にあわせてのサウンドトラックのリマスターのようですな。リマスターCDはもちろんのこと、アナログ盤も出るとのこと。ここでしか聴けない元ザ・クラッシュのジョー・ストラマーのソロ(「Love Kills」「Dum Dum Club」)はやはりいちばんの聴きものだし、アイリッシュ・パンクのポーグス(ただし、ヴォーカルのシェイン・マガウアンは不参加。10曲目の「Junk」はインストで、2曲目の「Haunted」のヴォーカルはケイト・オーライアダン!)、元ピストルズのギタリストであるスティーヴ・ジョーンズ、元ヴェルヴェット・アンダーグラウンドのジョン・ケイルなどのトラックも悪くないし、主演のゲイリー・オールドマンが歌う2曲(イギー・ポップの「I Wanna Be Your Dog」と、シドの持ち歌だった「My Way」……当然だけど歌い回しはまんまシドだ)も素晴しい(という形容詞がいいのかは別として)。当時はジョン・ライドン(元セックス・ピストルズのジョニー・ロットン)らの批判は当然と思っていたふしも事実あるんだけど、こうしてあらためてサウンドトラックを聴くと、全然悪くない。パンクの夕暮れともいうべきこのサウンドトラックは、思ったよりハイレゾとの親和性が高いと思う。なので192kHzで聴きましょう。
//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
南壽あさ子
『forget me not』


(2017年)

 なんとなく自分の中でハイレゾ・ヴォーカリスト的存在として位置づけられているのが彼女。最初に彼女の存在を意識したのが、築地本願寺でDSDレコーディングに挑んだミニ・アルバム『南壽と築地と子守唄〜南壽あさ子 at 築地本願寺〜』(2014年)だったせいもある。しかし、彼女の音楽は2012年のデビュー・シングル「フランネル」からずっと透明でなおかつ力強さも持ち合わせていたし、そういう意味でも16bitの器の中ではもったいないと感じさせるアーティストだったのだ。インディーズからトイズファクトリー時代、そして鈴木惣一朗(ワールド・スタンダード)との季刊限定ユニット“ESTACION(エスタシオン)”の結成を経て2016年にヤマハミュージックコミュニケーションズに移籍してからは、シングルをすべてハイレゾでリリース(トイズ時代の楽曲「かたむすび」もじつは88.2kHz/24bitで配信されていたが、アルバムは残念ながら16bitだった)。前述したように僕にとっての初南壽あさ子体験が築地本願寺でのDSD録音だったから、どうしてもその聴取体験を基本にしてしまう。ヤマハからのシングルの音の良さは認めつつも、やはり早くまとまったかたちで聴きたいと念じ続けて1年。ようやく届いたこの『forget me not』……その出来はしかし圧倒的と言ってもいいほどだった。圧倒的ということばは、彼女の優しい音楽には合わないかもしれないが、今作にかける南壽の意気込みは、ロサンゼルス録音敢行、エンジニアにグラミー受賞歴12回というラファ・サーディナを起用、鈴木茂をはじめとする錚々たるミュージシャンの起用、そしてなにより彼女自身のプロデュースということからも推測できるだろう。そんな彼女の思いは、96kHz/24bitのハイレゾという入れ物からはみ出してしまいそうだ。
//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
今が絶頂期のツィマーマンが弾くモーツァルト
文/長谷川教通
フランク・ペーター・ツィンマーマン(vn)ラドスラフ・スルク指揮バイエルン放送室内管弦楽団
『モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲第1、3、4番』


(2014年録音)

フランク・ペーター・ツィンマーマン(vn)アントワーヌ・タムスティ(va)ラドスラフ・スルク指揮バイエルン放送室内管弦楽団
『モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲第2番、第5番「トルコ風」、協奏交響曲』


(2015年録音)

 かつてはドイツ正当派の若手とか、期待の本格派ヴァイオリニストなどと評されたフランク・ペーター・ツィンマーマンだが、すでに50歳の大台を超え、いまや絶頂期ではないかと思える充実ぶり。彼のレパートリーは古典から現代作品まで幅広い。それを支えるのが、叙情的で清涼な音色と知性的で鋭敏な感性だ。2014、2015年にミュンヘンのヘルクレスザールで録音したモーツァルト。これは絶品だ。オーケストラはバイエルン放送室内管で、バイエルン放響のコンマス、ラドスラフ・スルクが指揮をしている。オケの弦合奏がとてもいい。厚みがあって、しかも温かい。録音の良さもあって、ヴィオラやチェロの自発的な動きがとてもよく聴こえる。それにしてもツィンマーマンのヴァイオリンが冴えている。楽器はクライスラーが使用していたという1711年製ストラディヴァリウス“レディ・インチクイン”。2001年にドイツの州立銀行から貸与され、彼の身体の一部となっていた楽器だが、銀行の実質破綻により継続貸与がかなわなくなり2015年2月に返却されたと伝えられたが、2015年6月の協奏曲2、5番と協奏交響曲の録音では“レディ・インチクイン”を弾いている。何らかの合意がなされたのだろう。凛とした佇まい、抜けるように澄み切った空のような高音域の美しさ。協奏交響曲でタムスティが弾くヴィオラもストラディヴァリウス“マーラー”だが、こちらもヴィオラが雄弁にヴァイオリンと絡み合いすばらしい演奏を聴かせる。最上級のモーツァルト!
//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
今井信子(va)川崎雅夫(va)店村眞積(va)深井碩章(va)フリードリッヒ・ヴィルヘルム・シュヌアー(p)
『ヴィオラの饗宴 Vol.1』


(1994年録音)

今井信子(va)川崎雅夫(va)店村眞積(va)深井碩章(va)フリードリッヒ・ヴィルヘルム・シュヌアー(p)
『ヴィオラの饗宴 Vol.2』


(1994年録音)

 ソロやオーケストラ、室内楽の第一線で活躍するヴィオラ奏者が揃った『ヴィオラの饗宴 Vol.1』と『ヴィオラの饗宴 Vol.2』。録音は1994年で、奏者たちが意欲的な活動を展開していた時期だけに、これは聴きものだ。音楽ファンなら4人の名前を知らない人はいないだろう。オリジナル・フォーマットは44.1kHz/16bitだが、いまは閉鎖されてしまった東京・お茶の水のカザルスホールで収録されていて懐かしい、さすが“マイスター”レーベルらしく明確な音像感とアンビエントのバランスが良く、192kHzにリマスターされたことで響きの鮮度が一段とアップしているのが嬉しい。ブラームスのソナタ1番は川崎雅夫が渋い音色で滋味豊かな表現を聴かせ、2番は今井信子が深々とした旋律を奏でる。艶やかな音色とアグレッシヴな店村眞積のショスタコーヴィチもいい。深井碩章が弾く理知的で格調高いヒンデミットもすばらしい。さらにバルトークの二重奏や西村朗の四重奏による「波のカノン」も収録されており、ヴィオラの魅力を堪能できる。今井信子は“ヴィオラの美しさをより広く、より深く知っていただきたい”とライナーに書いた。そんな想いの詰まったアルバムだ。
//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
ダヴィッド・オイストラフ(vn)レフ・オボーリン(p)
『ベートーヴェン:ヴァイオリン・ソナタ全集』


(1962年録音)

 1962年パリでの録音。半世紀以上経過した現在も、ダヴィッド・オイストラフとレフ・オボーリンによるベートーヴェンのヴァイオリン・ソナタ全集は、LPからCD……と、メディアが変遷しても、不朽の名演という評価が揺らぐことはなかった。この間、多くのヴァイオリニストがベートーヴェンを弾き、その演奏スタイルも変化した。おそらくピリオド奏法に影響を受けた演奏スタイルに慣れ親しんだリスナーには、オイストラフのヴァイオリンはどこか生ぬるく聴こえるかもしれない。しかし人間とは不思議な生き物で、日常生活が便利になればなるほど、スピードが上がれば上がるほど、技術が進化すればするほど、その一方でゆったりした時間の流れや素朴でアナログ的な風合いに惹かれたり、ノスタルジーを感じたり……。この演奏、たしかに古めかしさもあるけれど、穏やかで温かみがあって風格さえ漂わせるヴァイオリンとピアノの掛け合いがやっぱりすばらしい。ぜひ、全曲をじっくりと聴いてほしい。「春」の美しさ。「クロイツェル」での余裕のあるフレージング。第10番の味わい深い息づかいに、きっと「いいなあ」と感じてもらえるはず。
//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
熊本マリ
『マリ・プレイズ・ギロック』



 なぜか、いまギロックがブームで楽譜の売れ行きも好調だとか。ピアノを習っている人にはおなじみで、発表会になれば必ずプログラムにはギロックの作品が入っている。ウィリアム・ギロックは1917年アメリカ生まれの音楽教育家&作曲家。ライトクラシックなどとジャンル分けされることもあるけれど、それはどうかな? こんなにきれいで愉しくって、優しくって、聴いていると物語が浮かんでくるような作品、一度耳にしただけで印象に残ってしまう作品など、そう簡単に書けるものじゃない。軽く見ちゃいけません。モンポウの作品を日本の音楽ファンに紹介し、広めることに貢献した熊本マリが“ギロックの音楽を広めたい”と意気込んで録音したアルバム。どの曲も1分とか、長くても2〜3分という短さ。全55曲の中には、誰もが聴いたことのある「秋のスケッチ」や「ウィンナーワルツ」「歩道のカフェテラス(連弾)」のほか、かわいらしい曲、リズミカルな曲。ディキシーっぽい曲など多彩なプログラム。熊本マリは妙なデコレーションをすることなくギロックの魅力を表情豊かなタッチで描き出している。コンサートでも、もっと演奏される機会が増えるといいな。
//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
アレクセイ・オグリンチュク(ob)アンドリス・ネルソンス指揮ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団
『R.シュトラウス:オーボエ協奏曲、セレナード、ソナティナ第2番』


(2014、2016年録音)

 R.シュトラウスといえば、「ツァラトゥストラ……」「ドン・キホーテ」「ティル……」「アルプス交響曲」など、壮麗な管弦楽曲が思い浮かぶが、第二次大戦後に書かれたオーボエ協奏曲は彼の最高傑作だと、個人的に思う。ナチスとは一定の距離を保ったとはいえ、ドイツ人としてがれきと化した故国と多くの犠牲者を前に、心がかきむしられるような想いだったろう。そうした苦難を経て到達した老作曲家の世界。それは澄み切った究極の美しい心象風景だった。冒頭チェロによる前奏2小節に続く57小節にもおよぶオーボエのソロ。まるでひと続きの旋律であるかのように自由に飛翔するオーボエの音色の美しさ。この印象的な約2分間ですっかり曲の魅力に取り憑かれてしまう。これまではハインツ・ホリガーの評価が高かったが、ここで登場する強力な対抗馬。ロイヤル・コンセルトヘボウ管のトップ、アレクセイ・オグリンチュクだ。ホリガーよりも音色に厚みがあって艶やか。彼の吹く旋律はよりロマンティックでほれぼれする美音。アンドリス・ネルソンス指揮するコンセルトヘボウ管のアンサンブルも濃密で、これがR.シュトラウスの音だ! と思わせる。仲間と息を合わせて奏でる「セレナード」と「ソナティナ第2番」も名演だ。
//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015
Copyright © ONGAKU SHUPPANSHA Co.,Ltd. All Rights Reserved.